もし、本当にすり替え犯がいたとするなら、理研にとって大変なスキャンダルになると言う方がいます。しかし、本当にそうでしょうか?

STAP事件において、図表のねつ造、改変、窮鼠と、ES混入は、全く別の次元の問題です。理研はあえてこの部分をあいまいにしました。西川氏などは、図表の改変の方が、問題だ!なんて言っていて、人々の考えとはずれています。

別問題であることを、小保方氏はもっと声をあげてよいポイントかと思います。そして、「私(小保方氏)は絶対に混入などしていない!」と叫び続けてほしいと思います。

「あの日」を読むと、小保方氏の断末魔の叫びが聞こえてきます。
こんな出来事、あんな出来事、として、STAP幹細胞と、ESの遺伝子の酷似が起きた理由を、「あの日」に書き込んでいます。しかし、まだまだ、人々の理解が十分ではないような気がします。

理研は、STAP幹細胞と、ESの遺伝子が酷似した調査結果に、絶対の自信を持っています。どんな学術的な機関に出しても、解析結果が疑問視されることは無いという自信が、理研のサイトから伺えます。

遺伝子塩基の並びがこれだけ一致していれば、違う細胞であると主張するのは難しいのでしょう。だからこそ、理研は“混入である”との確信なのだと思います。

混入説には多くの疑問があります。そもそも、違う細胞が混ざるのか?の疑問ですが、理研はそのような質問に向き合う気はありません。混ざっても、混ざらなくてもかまわない、これだけ遺伝子が一致しているのだから、ESを混入したのだ!との主張を、理研は崩さないでしょう。

しかし、保存検体の正当性がゆらいでいる現在、これ以上の遺伝子解析をしても意味がありません。

この理研による確固たる混入説をひっくり返すために、それなりの説が必要です。混入説への反論が和モガ説で、ESとラベルされた検体は、STAP幹細胞からつくられたとする説です。

和ガモ氏は、小保方氏の冷凍庫から発見された所有者不明のES検体(129GFP/ES)は、STAP幹細胞からつくられたと推定しています。

実験中の小保方氏が誰からマウスを渡されたのかは不明なのですが、ここは重要です。若山氏は、以前のマスコミインタビューで、最初は、若山氏自身で小保方氏にマウスを渡したが、途中から、別のスタッフが小保方氏にマウスを渡したと証言しています。しかし、小保方氏は、この微妙な問題を、「あの日」に書けませんでした。

この問題は、小保方氏か、若山氏しか、触れることのできないことです。小保方氏も証拠をもって、すり替え犯人を特定することはできません。しかし、現在は、小保方氏が混入犯として濃厚に疑われているのですから、弁明する立場です。
酷似した理由を推論して、世間に示さなければならないのです。

もし、本当にすり替え犯がいたとするなら、理研にとって大変なスキャンダルになると言う方がいます。しかし、本当にそうでしょうか?

小保方氏が混入したとなった時点で、十分にスキャンダルですし、この以上のスキャンダルなどないでしょう。

混入もすり替えも、共に個人プレーで行われたものだからです。スキャンダルは、個人が犯したものであり、理研は、個人プレーまで、ひとつひとつ、監視することなどできないのです。

動物のすり替えなどは、STAP実験中に企てなければなりません。保存検体のすり替えも、STAPが日本中を熱狂させた以前に行われたものかもしれません。

すなわち、(もしすり替え犯がいるとするなら、その人も)、すり替え行為が、日本はおろか、世界中に広がる大スキャンダルの元をつくってしまうとは予想できなかったと思うのです。

(もしすり替え犯がいるとするなら)、この人は、小保方氏以上に苦しい立場にいるのではないか?と予想できるほどです。

個人レベルですり替えが行われ、情報は複数の人たちが共有していたかもしれません。昔の宮廷で、策略や陥れが日常的にあった事実と通じるものです。
こうした人間の欲望を誰も抑えることができないのです。

そうした意味で、すり替え犯がいたとしても、理研の一大スキャンダルであるとの解釈は、必ずしも当たらない気がします。

若く輝く新人研究者が、ESを混ぜて論文をねつ造した!この事実以上にスキャンダルであるとは思えないのです。若く輝く新人研究者は、普通そんなことをしないでしょうから・・・。

むしろ、小保方氏にジェラシーを感じて、ちょっとしたいたずらのつもりだった犯人がいたとしても、それほど不思議でもなく、むしろ、こちらの方が、良くある出来事かもしれませんよ。

こうしたことを考えると、小保方氏が、自らの混入犯疑惑を晴らすために、STAP幹細胞と、ESの遺伝子の酷似の生じた理由についての推論を披露していくことは、彼女の名誉を守る戦いであると思います。

そうした小保方氏の今後に期待したいです。
スポンサーサイト



コメント

No title

学とみ子
> hidetarouさん
情報をありがとうございます。警察による調査結果が、小保方氏擁護策につながるといいですね。

No title

hidetarou
http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ5L5JDQJ5LPIHB02D.html
朗報です。不起訴になりました。
非公開コメント

トラックバック