寂聴氏のこの動きで、小保方氏が主張したかった部分は、かなり達成されたのではないかと思います。

小保方氏と寂聴氏の対談記事の影響が大きいようです。

「あの日」の出版を決めた講談社は、手記の執筆を小保方氏に勧めた時点で、小保方氏のマスメディアへの復活をもくろんでいたでしょう。寂聴氏というビッグネームの登場は、小保方氏復活劇のシンボルでした。

こうしたマスコミの戦略に気づかず、「あの日」の出版後でも、小保方氏に批判的な記事をかいていた榎本氏(近畿大学)や、某サイエンスライターは、バツが悪いというか、マスコミのもくろみを読めなかった!というところでしょうか?

ねつ造派は、検体のすり替え可能性を指摘されても、論破する手段がありません。今までのねつ造派は、小保方氏以外の犯人像を、誰も考えないように、解析結果を権威づけして、理論武装は完璧にしてきました。

しかし、正当でない検体を解析した可能性を一般人が気づいてしまうと、理研調査結果はボロボロと理論破たんをしていまいます。

検体をすりかえて置いたというのは犯罪的行為です。
こうした犯罪的行為をふまえた調査作業は、理研の調査委員会の役割ではなく、警察の仕事であると理研は言うのでしょう。
理研は、小保方氏の混入も確定したとは言っていないので、追及を逃げられるように最初から準備しています。
理研の逃げ道は用意されています。

そうした賢い理研ですが、現在、理研では、この事件について正式の窓口になっている人は、だれなのでしょうか?

理研のスタッフの中に、しかるべき経過や、外部からの質問が理解できる科学的知識のある窓口の人はいるのでしょうか?
理研に、窓口として配置された広報担当者はいると思いますが、異動してきた事務方が押し付けられてしまったかもしれません。外部からいろいろな質問を浴びせられても答えられず、事務方の窓口係はつらい毎日なのかも・・・・。

現在、小保方氏のホームページにアップされているSTAP細胞の画像の出どころがわからず、ネットで話題になっています。
この疑問を理研に問い合わせても、はっきりしない答えのようです。

現時点で調べた限りではない!とかの答えです。なんとも、あいまいですが、専門的な問い合わせは、事務レベルは答えようがないでしょう。

かといって、理研の窓口は、誰か助けてくれる学者に聞ける状態でもなく、答えを持っている人が誰だかわからないとか、知っている人がいても隠しているのなどしている状態だろうと思います。

STAP騒動の時は、自ら情報を発信したねつ造派の学者たちがいましたが、今は理研の学者は誰もSTAP問題や問い合わせにかかわろうとしないと想像します。

寂聴氏は、「あの日」の出版される前までは、理研の発表を信じていて、小保方氏が世の中に出てこれないのは、混入を犯した張本人だから・・と思っていたとのことでした。

本当に理研の発表は重いものであり、世論を決定づけたことがわかります。

山本議員の国会質問でも明らかなように、「あの日」に書かれた手記の意味がわからない人も多い状況だったのです。

しかし、寂聴氏ともなると、「あの日」ですべてを理解したようでした。
今回の記事の寂聴氏は、犯人は他にいるはずと気づいてくれて、小保方氏は無実の人との方向性を決めてくれました。

寂聴氏のこの動きで、小保方氏が主張したかった部分は、かなり達成されたのではないかと思います。つまり、彼女は混入などしていない!犯人は他にいるはず!との主張です。この小保方主張は、すでに市民権を得たと言えるでしょう。

この小保方無実説が広まれば、それは裁判で勝ったようなものです。

もし、小保方氏が男性だったら、そして、研究界で生きてきたベテラン研究者であったら、今度のような事件で、身に覚えのないねつ造疑惑をつきつけられたら、即、研究者は、訴訟に出るのではないか?と思います。

若山氏の沈黙の原因について、好意的解釈があります。
若山氏は沈黙していることが何よりつらいものの、周りの人を守らなければならない立場にいるがために、しゃべれない状況になっているだろうとの解釈です。

裁判になれば、若山氏はしゃべらなくてはならない立場に追い込まれます。
そうなれば、裁判という外力がかかって、若山氏が真実を話せる状況になるのかもしれません。

若山氏は、自身が無傷で逃げてしまおうとしたというより、小保方氏の告訴が無いために、研究室内の状況を話せない立場でいるのでは?と想像します。

小保方氏が裁判などを起こせば、状況によっては、又、関係者に犠牲者が出ることを、彼女は恐れていると思います。

STAP事件は、科学界が、どんなに権威づけをしても、世の中をだますことはできないというネット社会の教訓の出来事でした。

科学者の中には、ねつ造説を真実と信じていた人もいたと思います。告訴した石川氏もそうした人だったかもしれません。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック