理研内の誰もが、混入説にストップをかけなかったということが問題の大きさを語るものではないだろうか?


東京大学の黒木登志夫・名誉教授が、上記の記事を東洋経済オンラインに書いているが。これは正論であると思う。こうした正論が、STAP騒動の渦中でなぜ、アップされなかったのか?その理由は、マスコミが正論を採用しなかったからだと思う。

STAP論文はねつ造!との裁定は、マスコミが下し、理研のお墨付きを得て世論を作った。マスコミはこうしたことができてしまうのであるが、理研も、又、マスコミを利用した。

黒木氏は、以下のように述べている(青字部分)。

企業の場合は縦社会だから組織ぐるみになってしまう。大学や研究者は縛りが緩やかだから、むしろ一人ひとりが勝手にやっているところがある。
STAP細胞事件の理化学研究所の場合には組織ぐるみでないかという見方もあったが、組織ぐるみにならない性格の研究だった。STAP細胞の場合は社会的に関心を引きすぎた。STAP細胞よりノバルティス ファーマのほうが罪は大きい。

研究所では、書き替えもすり替えも個人プレーでねつ造はできる。そうした誘惑にかられる人間は少なくないだろう。多くの人は、その後で反省するが、不正問題が大きくなってしまい社会現象になってしまうと、表に出るに出れなくなる。

小保方氏が、寂聴氏と対談で、“今を生き延びる力をふりしぼる精神状態”と表現していた。そうした思いでいるSTAP関係者は小保方氏だけではないだろう。

さて、STAP事件が特異なのは、個人プレーを超えて、理研総意として混入があったと判断した点ではないかと思う。

理研内の誰もが、混入説にストップをかけなかったということが問題の大きさを語るものではないだろうか?
権威ある上層部の人たちが複数いるにもかかわらず、混入説が理研総意として確定してしまったのである。
私は、この部分が一番、問題があると思っている。今後、繰り返してほしくないと感じる。

混入説を採用するためには、犯人を特定しなければならないが、理研はそれをしなかった。
しかし、限りなく小保方氏を疑いがあると言っており、疑惑人は一人であると公表したのである。
理研は、犯人を特定できていなければ、誰かが混入したかも・・・と発表してはいけないのである。

理研が、あくまで、混入を確定させたいのなら、他の複数の可能性についても、同時に公表しなければいけない。
つまり、遺伝子酷似の推定理由について、STAP実験中にあったかもしれない犯罪的行動の可能性を公表しなければいけない。一般人には、こうした推定作業ができないからである。

しかし、理研が別の複数の可能性を公表することにより、理研内の実験室での管理状態が問われたり、理研で出世した研究者の恥をさらすことになってしまう。

最高の高等教育を受けた人たちが、理研内に複数でいながら、誰も小保方犯行説を問題視せず、調査委員会は、難解な用語を多用して、一般人やマスコミが気付かないようにして、小保方氏の責任のみを追及した。

東京大学の黒木登志夫教授が言っているが、研究ねつ造の温床として、お金の力がおおきい。最高教育を受けたエリートばかりが集まる環境で、競争を制してポストを得るには、短期間で研究成果をあげなければならない。

さらに、個人に限らず、研究組織間の競争も激しく、予算をめぐって各研究所は争い、ライバルの足元をすくうような画策もいろいろあるのだろう。こうした状態は、成果を競い合い研究界につきまとう闇とも言えるだろう。

同様な問題点は、当然、外国でも起きていて来た。 しかし、欧米では、研究成果の一番乗りをめぐる訴訟は過去にも多々起きているがため、いろいろ公正をめざす試みと努力が積み重ねられている。

そして、マスコミ報道では、正確さを期するために、当事者や個人のコメントが重要視されているのである。STAP事件を報道した外国記者は、関係者個人からコメントをとっている。

しかし、日本のマスコミは、STAP事件において、関係者からコメントがとれたのは、最初の頃だけで、途中からは、非常に偏ったものになってしまった。

マスコミが関係者と敵対してしまったのである。小保方氏は、マスコミから殺されるかもしれないと言っている。

その結果、一部の研究者にマスコミはだまされたまま、修正がきかず、つばっしてしまった。小保方いじめは、こうした背景により生まれたものだろう。

マスコミが間違ったまま、先陣争いをしてしまったのは、情報をくれた研究界の人たちを信じすぎてしまったからだ。研究者は、聖人でもなければ、深窓の人でもない。生々しい人間たちなのである。自らの感情に素直な人であるとも言える。

この人間らしい生々しさは、研究所の特徴でもあるだろう。

理研職員の中には、上層部の裁定を受け入れないエネルギーを持つ人がいる。その最たる例が、例の小保方ホームページで発表された図表ではないかと思うのだ。
この図表は、理研の誰かが作って小保方氏に渡した?かもしれない。しかし、この問題は今後も謎のまま、終わる可能性が高いと想像する。

研究所というのは、所詮、個人の集まりであり、個人のエネルギーが爆発する場所でもある。研究所が、そうでないなら、研究成果などはあがらないのだと思う。

スポンサーサイト



コメント

No title

学とみ子
> Sさん
情報をありがとうございます。
黒木登志夫名誉教授は、そんな本を書いていたのですか?知りませんでした。
なぜ、論文そのものがねつ造と判断できるのですかね?
教授を退職すると、丸くなる人が多いと思うのですが、さらに攻撃性の増す方もいますね。権力の座を維持したいがために、そうなるのですかね?。退職後も他人を攻撃して正当と思える人生は、周りの人も認めているわけで、家族からも反対されず、恵まれた人生を生きてきたと思います。

No title

S
黒木登志夫著
研究不正

上記の著書の中ではP103より虚構の細胞、stap細胞
にて、小保方さんの単独犯とほぼ断定して書かれています。
ご一読を。
非公開コメント

トラックバック