小保方氏は、問題を起こした人というより、問題を起こされた人ですからね。

小保方ホームぺージで発表されている図表は、理研内には存在しないと、理研窓口は答えています。今の理研は、STAPについて対応できる体制をとっていないし、対応する義務もないと思っているでしょう。

他の方のブログコメントですが、che*h*re_*s_catと言う方が、以下のようにコメントしています(青字)。
“理研のスタンスとして、公表したデータが全てであって、それ以外のことについてはコメントする立場にない、といった主旨の内容が記載されていたように記憶しています。”

以下は、学とみ子がこの他者様のブログに書き込んだコメントですが、さらに文章を追加してこのブログ用に書きました。

”それ以外のことについてはコメントする立場にない“は理研の言葉ですが、私(学とみ子)も理研の立場ではそういう回答であろうと思いです。いまさら、理研は小保方氏個人のブログにコメントする義務はないということでしょう。
この対応を悔しいと思うより、現実と考えて受けいれるしかないですね。むしろ、こうした理研の対応を利用する戦略にきり変えましょう。

小保方氏はもはや、理研にとって、それだけの存在でしかないわけで、こうした上から目線というのは、その時は社会を納得させても、長期的に人々の信頼は失いますね。しかし、理研のこの対応は、小保方氏には、自由度を与えます。理研は、かりそめな調査をしただけと言う意味で・・・。

理研があれだけ、世間の要望に応えて長時間の記者会見をし、調査委員会を立ち上げた理由は、理研の権力抗争が背景にあり、そのバトルにマスコミを利用したかったからではないでしょうか?そして、その目的は達成され神戸CDBは解体しました。

小保方氏のホームページの図表は、理研内にデータが無いといわれたら、その時の理研の窓口の人の名前、身分(STAP事件発生時に担当していたか?つまり、精通しているか?)、相談した研究者の名前など、聞いてみるのも一興でしょう。

現在の理研は、STAPに何ら責任を持たない状態です。そんな理研が採用した混入説は、当時考えられたひとつの推論に過ぎませんので、今後の混入説否定に期待したいです。

まず、別々の生きた細胞をきれいに混ぜることがいかに難しいのか?について、世の中をデータをもって説得していきましょう。細胞は一日一日と変化するものであり、その変化は毎回違うでしょう。そうした混入作業を、STAP細胞作成時に確実にミス無くやり続けなければなりません。STAP関連細胞は何十本とあるのです。

それより、細胞は冷凍検体にして、作業した方がずっと楽です。この状態での作業(すり換え、置き換え)にも疑いの目を向けていきましょう。

研究界の権力抗争に、若い女性研究者が利用されたことを、もっと多くの人に知ってもらいましょう。

寂聴氏との対談は、世間に好感をもって迎えられたのは幸いでしたが、芸能人のコメントで、こんなのがありました。

「問題を起こした人が最後に駆け込むのが、寂聴さんだね。寂聴さんは、どんな人でも受け入れるから・・・」

などを聞くと、ちょっと違うのではないかと思います。小保方氏は、問題を起こした人というより、問題を起こされた人ですからね。

理研の採用した混入説がいかに現実離れしているか、明らかにしていきましょう。かなりの人はついてくると思います。

権威あるものが真実を無視して権威をふりまわすことへの抵抗感は、日本人に限らず、世界共通の人間的感情ですからね。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック