STAPねつ造論を唱えた人たちは、皆、当時、捏造論を支持するための目的があったのである。

2015年の「文藝春秋」に以下の記事が載っているそうだ。作家の宮部みゆき氏と須田氏との対談とのことである。以下、一部を青字で示します。
http://open.mixi.jp/user/4541837/diary/1941015386

宮部氏はその書評で、こう書いている。
「自分はミステリー作家だが、推理小説での犯人探しの基本は、「その結果で利益を得る者は誰か」ということだ。その観点を念頭に推理小説を読むように本書を読了し、悲しみと共に愕然とするのは、STAP細胞事件には、この「利益を受ける誰か」が存在しなかったということだ。誰にもいいことがなかった。誰もが傷ついた。犯罪がペイしないように、捏造もまたペイしない。それは希望のみを優先し、地道に一歩ずつ現実を切り開く科学的なものの考え方に背く行為であり、結果として、大切だったはずの希望をも打ち砕いてしまうのだ」

小保方氏には、動機がない。そんな小保方氏が、苦労してねつ造をして、何も得られるものがない。
動機が無いだけでなく、彼女のキャリアからして、ES細胞の遺伝子を操作する技術と知識がない。
この事実だけからも、小保方氏ねつ造説は無理だろうと思う。

STAP事件解明に向けて、声をあげないけれど、ウオッチしている多くの人たちは、皆、そうした理解でいると思う。

小保方氏がよろよろになりながらも、ねつ造犯として時間が過ぎているのには耐えられないとして、身の潔白を訴えるために、「あの日」を書いた。そこに書かれた研究室内部の暴露や、その後の出来事がある限り、この事件は、これからも風化することは無いと思う。

事件から2年以上たち、若山研究室での不審な行動はいろいろ明らかになった。
そこには、小保方潰しをしたい動機を持つ人がいる。
宮部氏の言う“得をする人”が、若山研究室にはいるのだ。これだけで、若山研究室は、世論に向けて不利な状況に立つ。

若山研究室がこのまま沈黙していたら、この不利な状況は、ますます強まるだろう。
擁護派の人たちは、若山研究室がだまっていたら不利になるような状況に追い込もうとしている。

細胞の万能性とか、ES細胞というのは、私にはなじみがなかったが、日経サイエンスの記事を初めて読んだ時、書かれている内容が、飛躍に満ちている事、著者が勝手に決めつける書きぶりに驚いた記憶がある。
専門家ではないはずのサイエンスライターが書いた内容ではないと感じた。

「そうは決まらないだろう?
それだけで、そう言っていいわけ?
そんなことなぜ、して良いの?」
と、私にとって、疑問だらけの日経サイエンスの記事文章であった。

当時、須田氏の単行本も買ったが、そのタイトルと、表紙になった3人の写真を見てあきれた。今もこの本は読んでいない。
しかし、彼女たちはマスコミ人であり、目的があることを考えると、責めてもしかたないところがある。
そして、彼女たちは商売でやっていると考えると、あきらめがつく。

STAPねつ造論を唱えた人たちは、皆、当時、捏造論を支持するための目的があったのである。

捏造派は、若山研究室の学者たちを個人崇拝していた人もいたであろうし、既存の権威や業績を守りたいと考える人もいたであろう。
CDB以外でも日本中の理研の関係者たちは、自らの理研組織を守りたいと思ったであろう。
だから、そうした立場の人であれば、ねつ造派としての行動が理解できる。

一方、小保方氏側から見ると、彼女には目的が無い。若い研究者が、とんでもない名声を欲したりはしない。
彼女はすでに、十分、恵まれている。

小保方氏が嘘をつくこと、他人をだますことが楽しくて、自らの嘘を忘れて行動している人だと言う精神科医がいたが、その精神科は、本気か?と言うところである。
「あなた、本心でそう考えているの?」との質問を、精神科医にぶつけたい。

精神科医が一生のうちに遭遇する患者さんの中には、それに近い人がいるかもしれないが、一時的にそうした病的状態になる範疇の人であろう。

でも、精神科医の中には、虚言癖患者がしばしば現実にいて、周りの人を皆、巧妙にだませてしまう能力がある天才がいると言う。小保方氏は、まさにそうした虚言癖の人であるとマスコミに語るのである。
虚言癖の人では、継続的に知的な周りの人たちをだますことなど、できないのである。
精神科医の診ている虚言癖の人たちの日常生活を示せ!と、私は言いたい。

では、なぜ、小保方氏がそうした歴史的症例であると精神科医はしゃべるのであろうか?
それは、とりもなおさず、マスコミが“小保方虚言癖説”を唱える精神科医をとりあげてくれるからである。
そして、その精神科医の名前がマスコミに売れるからである。
精神科医が、虚言癖についての本を出していて、この本を売り込みたいのである。

“人の行動には目的がある”と宮部氏が語るように、STAP事件に限らず、この原則は心理学に限らずすべてに大事だ。
和モガ氏の推理ポリシーにも、しばしば出てくる。

人には立場がある。誰もが、収入を得ている先、所属している先(職場)に束縛された立ち位置をとる。
これは、社会人として自然なことである。

日経サイエンスの著者は、詫摩氏と古田氏であったが、彼女たちには、スクープ記事を書く、雑誌を売れるようしたいとの大きな目的があった。記者としても名誉と名声もかかっている。

マスコミ人として詫摩氏や、古田氏は、その目的でがんばったのである。だから、今も、STAPねつ造説を主張し続るしかないのである。

BPO判断で名誉棄損の裁定が出た時も、「BPO{委員は、学者たちにインタビューをしたのか?」と、詫摩氏は書くしか手段が無いのである。本気で記者仲間で、そうした話をしあったわけではないであろう。

実際にかわされた会話を勝手に想像したとすると、
「BPO、名誉棄損でたねえ・・。この先、ねつ造説がひっくり返ることがあったら困るなア・・・。学者たちは、もう何も言ってくれないしね。マスコミを2階へ上げておいて、学者たちは梯子はずしたのよね。マスコミが利用されたって事じゃない?」
とのぐちであろう。

勘の良いマスコミ人は、取材を続けながら、ねつ造論に疑問を感じ始めていたが、出版社に属する立場があり、記者の本心は書けないのだろう。

取材を続ければ、小保方氏による無罪主張の行動は、社会のコンセンサスを得ているなあー、と感じるだろう。

マスコミ人が、ねつ造説を支持している学者にコメントを求めても、けんもほろろに「今さら何なんだ!調査委員会の裁定は終わり、解決済だ!」と怒る学者がいるだろう。

今後の雲行きに応じて、マスコミが七変化してくれるのを期待したいと思う。

スポンサーサイト



コメント

No title

Ts.Marker
インタビゥーに積極的なLiさんについては、中国に帰ってからSTAP実験をやっていたかはっきりしてもらいものです。

No title

Ts.Marker
若山研の論文をさかのぼると分かりますが、ntESG1はさらにもう一回核移植をしてます。2年前の一研究者ブログ(cosmosさん)参照。2世代目がG2か同一体細胞別実験がそれかははっきりしませんでした。ましてや、FES1とFES2が同親かはさらに不明です。同一受精卵ではないことははっきりしてますね。

No title

学とみ子
太田博士が助けてくれません。FES1.2、ntESG1,ntESG2についての遺伝子背景など彼の知りえることを、生データではなく、一般人が理解できる内容で語ってほしいです。若山研究室の提出した検体は、信用できないと言う人たちに向き会ってほしいです。

李博士も、ピンチにある小保方氏を助けようとしません。逆に、彼は、小保方氏が彼の検体を盗んだと信じ込んでいます。彼は、若山研究室に対して怒る立場と思います。
彼の努力の結晶である検体ボックスを、若山研究室が不要なものとして捨てようとしたんですから・・・。

No title

学とみ子
桂氏自身は、小保方氏のような立場に追い込まれたことなどないでしょう。ご家族、特にお嬢様などが研究者でいらしたと仮定し、そのお嬢様が追及される立場になった経験も無いでしょう。

日本の科学界において、父親あるいは夫が、しかるべき立場の学者であった場合、小保方氏のような状況に追い込まれることは決して無いように思います。

検証実験は、本人がやりたいと言っていたとのことですが、ねつ造犯人同様に彼女が扱われたのもひどいものでした。

とにかく、ES細胞に熟知した若山研究室のメンバーとは、知識の壁がありすぎて、小保方氏に対抗できるスキルがありません。若山研究室が何を画策したのか、クローンマウスを利用したのか?大事な疑問を小保方氏が追及できる立場にありません。

小保方氏に限らず、日本の科学界において、女性研究者がピンチになった時、助けてくれる環境がありません。このSTAP事件もそうした状況であろうことが、いろいろに見えます。

No title

学とみ子
> kanso2様
私の記事を読んで、いろいろ貴重な感想をいただき、ありがたく思います。

kanso様は、私の想像では、桂報告書の実質的な作成にかかわられた方とお見受けしています。理研の権威と技術の粋を集めて、大変な努力で報告書を作成されたことと思います。
理研への非難が高まる中での作成には大変なご苦労があったと思います。

これらの評価や努力とは別に、第三者の私からすると、発表の時の委員会には、違和感を覚えました。違和感と言うより「ひどいなあ」という悲しい思いです。
kanso様から丁寧に説明していただいている私ですが、ここは平行性の部分です。

発表時、桂委員長は薄ら笑いをうかべて、小保方氏の未熟性をマスコミに印象付けようとしていると感じました。
いろいろな場面で、小保方氏への思いやりが無いと感じました。
図表は、わざわざ記者会見で発表するような問題ではなく、ねつ造問題と一緒の席で語る必要がないです。

No title

kanso2
学とみ子さま

記事を読んで思ったことです。動機に関する議論は、避けたほうが無難と思いました。互いの価値観を比べあうだけになるからです。客観的な裏どりのされた事実をもとに議論するようにしていかないと、広い理解を得ることはできないと思います。そのためには、桂調査委の報告書は特に貴重な資料です。私がこれを支持するのは、捏造説を支持しているからでなく、複数の関係者の証言や提出資料をもとに、最大限の努力がなされた「合意点」と見るからです。また、調査対象者の全員がこの内容に不服を申し立てていないからです。BPOもこの内容を尊重しています。ここを軽視するようになると、残念ながら、もはや、正当な理解を得ることはないと覚悟したほうが良いと思います。逆に、報告書を自分の武器として使うほうがよいのではないでしょうか。

私の目からは、報告書の軽視は、一種の合意の破棄です。人々が苦労の末に得た合意は貴重です。様々な条約や停戦協定もそうですが、完璧ではないが、当事者たちの最善が尽くされたものです。もちろん、内容に理解できない部分がある、誤解を招くところがある、そういった指摘は建設的なものと思います。

No title

kanso2
一方、ntESG1, ntESG2 にも「ホモクラスター」は一部存在しますが、そこに違いはありません。全体としてはFES1,FES2より類似度が大きくなっています。その理由として、いろいろ考えられると思いました。

・親の遺伝的背景に不均一性がある中でも、たまたまヘテロ領域を持たないB6親を用いた。
・同じ受精卵に由来する細胞である。

No title

kanso2
FES1, FES2間の大きな違いを生んだのは、報告書で言う、親の「遺伝的背景に不均一性」があったことが原因と解釈できます。FES1, FES2 が由来するB6親マウスのゲノムには、一部の領域の配列がヘテロでしか存在しないような、不均一性があったことが、。FES1, FES2のゲノム構造からわかります。実験に用いるマウスは遺伝的に均一度がもっと高い状態になっているべきでしたが、そうでなかったということです。バッククロスという作業が不完全だったからだろうと推測します。このために、精子と卵子の組み合わせによって、ゲノム配列に大きな違いをかたまって持つ部分が出たと考えられます。報告書で言う「129 由来のホモクラスター」部分の違いです。同時期に作られたES細胞であっても、その由来する受精卵が異なっていたなら、この現象を説明できます。

No title

kanso2
学とみ子さま
> FES1とFES2の遺伝子がかなり違いますよね。同じ日につくられているのにです。一方、ntESG1 ntESG2は、異なる日に作られているのに、ほぼ同じ細胞ですね。どうしてこうなるのでしょうか?

まず、調査報告書の表の下にある、注をよく読んでください。樹立日ではありません。以下のようにあります:
「ただし FES1 FES2 ntESG1 ntESG2 は凍結日」

つまり、表の日付は、それぞれの細胞が作られた日でなく、調査された細胞の凍結ストックの作られた日であるいうことです。FES1,FES2 も、ntESG1,ntESG2も、細胞の命名から推測すると、それぞれが同時期に作られたと予想できます。その仮定のもとで、なぜ、FES1,FES2の間の違いのほうが大きいかを推測します。

No title

kanso2
以前も書いたように、遠藤氏がミトコンドリアがB6由来である言ったことは、オーバースペキュレーションの可能性があると思っています。また、その理由がどうであるかは、さらに推測にすぎないでしょう。また、専門家同士の会話には、彼らにしかわからない省略があり、素人が判断するのは危険な面もあると思います。遠藤氏がここで言う「B6」が、「B6系統」のことなのか、それとも「B6型のSNP(塩基)を持つ未知の系統」のことなのかも本人に聞いてみないとわからないと思います。もし後者なら、また話は違ってきます。

いずれにせよ、専門家の断片的な発言をつまみ食いし、そこから何かを結論しようとするのは危険であると思います。それから、私は生命科学のある分野の専門家ではありますが、NGS解析については、特に専門というわけでなく、アマチュアであることを付記しておきます。

No title

kanso2
ご存知のように、129X1が系統の汚染を受けていることは、ジャクソン研究所の人が著者になった論文で示されています(※)。ただし、それが、B6によるということは示されていないはずです。また、ミトコンドリアゲノムの状態についても、ジャクソン研究所の人が把握していなくて当然だと思います。そもそも、私が前のコメントに引用したように、ミトコンドリアゲノムには系統を十分に区別できるようなSNPが存在せず、ミトコンドリアDNAがB6由来であると結論できるはずもないでしょうから。

※www.jax.org/news-and-insights/2001/february/129x1-svj-genetically-contaminated-what-does-that-really-mean

No title

kanso2
YKさん

何をお聞きになりたいのかよくわかりませんでした。私には特に異論はありません。以下思うことを書きます:

> ジャクソン研究所に問い合わせた所、その様な事実はないとの返事でしたが。

「問い合わせた」具体的な内容を書いてもらわないと聞く人間には正確に判断できません。もし以下の内容を問い合わせたのあれば、把握していないという回答があって当然と思います。
ap.hateblo.jp/entry/2016/09/14/103534
「ジャクソン研究所は129X1/SvJのミトコンドリアDNAがB6であるかどうかの情報を把握していない」

No title

学とみ子
> はちべえさん
コメントをありがとうございます。
赤い靴の話、示唆に富むすばらしい話ですよね。
この世のすべての出来事に当てはめることができます。
このブログで紹介した「がん4000年の歴史」でも出てきます。
桂委員会の問題点が多くの人の知るところなって欲しいです。

No title

学とみ子
FES1とFES2の遺伝子がかなり違いますよね。同じ日につくられているのにです。一方、ntESG1 ntESG2は、異なる日に作られているのに、ほぼ同じ細胞ですね。どうしてこうなるのでしょうか?
推論をおしえてください。
これらの結果につき、太田氏のコメントが一切ないのが、さみしいです。桂調査委員会は、なぜ、直接に太田氏から細胞を提出してもらって、検査しないのでしょうか?これからでも、理研が調べてほしいですね。

No title

YK
kanso2さん
ミトコンドリア の事について専門家でいらしゃるので教えて頂きたいのですが、
Endo,Takaho@caripso@kasukawa
出なかった理由はSLC129X1のミトコンドリア・イブがB6だからでしょうね。一塩基ですが129ならはっきり違いが分かります。おそらくJAXでのコンタミというのはB6のメスで、雑種強勢のおかげでコンタミを経たマウスがドミナントになったものと解釈しています。

ジャクソン研究所HPに20年以上前に発生した129x1マウスの汚染事故について、核内のDNAの所々に129以外の遺伝子が残っていると報告されていますが、遠藤さんはその上ミトコンドリアDNAも129ではなくB6に汚染されていて、B129と129B6は区別がつかないという意見ですが、ジャクソン研究所に問い合わせた所、その様な事実はないとの返事でしたが。

No title

はちべえ
要するに一旦、捏造という「赤い靴」を履いてしまったら、それで死ぬまで踊り続けないといけないということですね。

捏造否定派の人達は新しい証拠を見つけて先に進んでいますが、捏造派の人達は2014年12月の桂報告書時点で時間が止まっているようです。まあ、袋小路に入り込んで、その先には進めないので、パズルやって遊んでるしかないんでしょうが。
非公開コメント

トラックバック