世の中に、なぜねつ造論を信じられる人がいるのであろうか?むしろ、そこに疑問を感じる。

BPOが人権侵害を認めた時、NHKは反発した。
STAP番組は、科学的根拠に基づいて慎重に作成されたものであるとNHKは主張した。
学者や犯人に踊らされて番組を作ってしまったことに対する、NHKの後悔と怒りだ。
それでも、NHKの視聴率はあがったのだから、NHkはペイしている。

しかし、BPOがリベラルすぎるとの批判が出たり、擁護派の人々は問題ある社会人との非難もある。

その大きな理由は、小保方捏造説には公的なお墨付きがあるからだろう。
捏造説は、正しい判断と証拠に基づくと信じ切っている人たちがいるのだ。
だから、権威ある人たち(調査委員会)が決めた秩序?を守らないのは、社会人として、擁護派は問題ありとの判断だろう。

しかし、世の中には、なぜねつ造論を信じられる人がいるのであろうか?むしろ、そこに疑問を感じる。

小保方氏が何を目的にES細胞を混ぜるのか?ねつ造犯にされた小保方氏は、なぜ、身をすりきられるような苦しさに悩むのか?

少し話を変えるが、一般論として、女性の悩みは、その苦しさに本人自らはまりこんでしまうパターンがある。
何か、苦しいことをかかえている結果、さらに新たな別の苦しさを自らかかえ込む女性がいるのである。

他の考えをめぐらせれば、新たな展望が生まれ、思い込みに気づき、苦しさから抜け出せるのに、それができない(女性本人がやろうとしない場合もある・・・)。

例えば、子宮がんワクチンによる副作用から抜け出せないでいる若い女性たち
化学物質過敏症があると主張して生活を制限し、さらに苦しんでいる中年女性たち
(こうした症例の背景には、診断を支持する医者たちがいて、女性たちは医師に利用されているのだろう。)

こうした女性たちの苦しさと比べると、小保方氏の苦しさの質は全く異なる。
身にのしかかる覚え無き責めを、周りからおしつけられたのである。
今後の小保方氏は、人生を通じて、この責めにおしつけられ続ける。
人体に有害な恐ろしいゴミを押し付けられたようなものである。

こうした小保方氏の立場は、災害とも言えるものだ。
日本大震災で、多くの家族を失った人たちは多数いたが、小保方氏もそうしたひどい災害を受けたと言える。

事件後2年が経ったが、人々がこの問題を忘れないでいることは、小保方氏にとっては励みになるだろう。
そうして、2年間でわかってきたことのうち、一番、大事なのは、若山研究室では、どんな研究細工をすることも可能だったとの事実だ。

そうした状況であるから、上司であった若山氏の責任が大きいのである。

本来、論文疑義の責任は、新人の小保方氏が単独で負うようなことではなかった。
ミスの原因は不明であっても、責任者である若山氏は、世界にむけて実験のミスを認め、論文を撤回して、自らの責任を謝罪すべきだったのではないだろうか?

しかし現実は、2本の論文のファーストオーサーが小保方氏になっていることで、問題が複雑になってしまった。
その結果、すべての責めが、小保方氏にかかってきてしまったと思う。

レター論文や幹細胞の研究は、小保方氏による仕事ではなかった。
しかし、2本論文の小保方氏のファーストオーサーにはもともと無理があった。
なぜ、そうしたオーサーシップの経緯になったのかは不明だ。

これは、小保方氏が希望したことではなかったであろうし、小保方氏の気持ちは、「あの日」に語られている。
結局、笹井氏がその責任をとったということなのか?・・・。

ネーチャー誌の編集人も、論文のオーサーシップは、若山氏であるとの認識でいたと思う。
両者の話し合いで、撤回が決まっていったのだろう。
だからこそ、若山氏の責任者としての謝罪はあってしかるべき出来事だったのではないだろうか?

論文関係者の中で、バカンティ氏だけが継続的に小保方氏をサポートしていた。
バカンティ氏は医師でもあり、小保方氏が普通の人(ねつ造などしない)と信じていたであろうし、世間に対してもそうした擁護の発言を続けてくれた。
医師は、弱い人の立場がわかるからだ。

日本の相澤氏、丹羽氏も、小保方氏の無実を信じていたと思うが、今は彼女をサポートする発言はしてくれていない。

小保方氏に近い人が、彼女にどのような態度をとったのかをウオッチしていれば、小保方氏の人柄はわかるだろう。
自らの嘘を忘れる虚言癖の人などという発想など、決して出ないはずだ。

小保方氏が本当にそうした特殊な人であると考えるのは、非現実的である。
確率的にも、極めて低いのである。
スポンサーサイト



コメント

No title

rinrin
> 学とみ子さん
>今回のテラトーマの推理もすばらしいですね。世の中皆、ESからSTAPへと考えていたのが、STAPからESとのアイデアを出されました。
>テラトーマ作成のために、STAP細胞を注入した部分にさらに上乗せで別の細胞を注入するという発想も斬新です。恐れく、科学者なら、毎日の実験からいろいろなアイデアを思いつくだろうけど、和モガ氏はそうした人ではなさそうなので、やはり発想の天才です、

学さんが「すばらしい」「発想の天才」と称賛している和モガさんの推理は、「理研、または若山研のメンバーが小保方さんを陥れるために捏造した」ということです。
あなたのコメントは医師である前に人としても最低です。

No title

学とみ子
> はちべえ様、コメントありがとうございます。
今回のテラトーマの推理もすばらしいですね。世の中皆、ESからSTAPへと考えていたのが、STAPからESとのアイデアを出されました。この真偽は置いても、マウスと同じ遺伝子を持つ細胞を、若山研究室は準備できるということがわかったのです。つまり、STAP細胞と同じ遺伝子型をもつES細胞があってもねつ造の証拠にはならず、若山研究室が、必要に応じて準備しただろうとの想像を可能にしました。テラトーマ作成のために、STAP細胞を注入した部分にさらに上乗せで別の細胞を注入するという発想も斬新です。恐れく、科学者なら、毎日の実験からいろいろなアイデアを思いつくだろうけど、和モガ氏はそうした人ではなさそうなので、やはり発想の天才です、

No title

はちべえ
科学的に破綻してるのは、そちら側じゃないですかね。解析作業でOct4見つけたんだって、素晴らしい。和モガ説は正しかった。

No title

学とみ子
> yap*ari*w*katt*na*様、コメントをありがとうございます。
世界の若山研究室がテラトーマなど、とんでもないということであれば、そのままそう書いていただいた方が、読者にわかると思います。私のミスも読者が判断するでしょう。学者でない方も、STAPには関心を持たれています。私の文章はコンマでつなげた(and,orどちらでも)ですが、それでも間違い!とおっしゃるなら、私はミスしたことを認め謝ります。これからも、yap*ari*w*katt*na*様にとっては間違いと思えることを、いろいろ書くと思います。そして、私がそれにコメントできないこともあると思います

No title

yap*ari*w*katt*na*
連投すみません。
2つ前のコメントの誤字を修正します。 (期限 ⇒ 起源)


そもそもSTAP研究は、バカンティ研での多能性細胞の単離研究が「起源」であり、

No title

yap*ari*w*katt*na*
文字数制限のため、続きです。



>和モガ氏の仮説では。。。

和モガ氏の仮説は科学的に破たんしていますので、どうでもいいのですが、、、

それとは関係なく、「STAP細胞由来」とされた保存資料(STAP幹細胞、テラトーマ、キメラマウスのDNA)のほぼ全てが「ES細胞由来」であったのですから、検証作業は、理研にとって大変な労力だったでしょうね。
パラフィン包埋されたテラトーマから、果たしてまともなDNAが抽出できるのか、ということすら不安視された中での素晴らしい解析作業であったと思います。
また、検証作業という点では、キメラ作成の再現実験を900回も行ったという研究者のご努力には頭が下がりますね。

No title

学とみ子
> yap*ari*w*katt*na*様、コメントありがとうございます。
ご質問の件ですが、テラトーマは小保方氏しか作成はしていないでしょう。私の書き方が良くなくてすみません。
調査委員会は、小保方氏の言い分を採用していますから。
世界の若山研究室では核移植細胞の技術があるのですから、万能化の証明としてわざわざテラトーマを作る必要はありませんね。
キメラは移植細胞が動物成体の部分になるのですから、すごい細胞の再生力です。万能化のなによりの証明になります。若山研究室では、テラトーマは「過去の実験」だったでしょう。
和モガ氏の仮説では、小保方氏がSTAP細胞をマウスに接種した後、さらにその上から偽装のために新たな細胞(ESあるいはそれに準ずる細胞)を接種した可能性を指摘しています。こうした不正操作があったら、後で解析する方はたまらないでしょう。検証作業は、理研にとって大変な労力と怒りだったと思います。

No title

yap*ari*w*katt*na*
> 学とみ子さん
しつこくて申し訳ないですが、、

私が指摘した、貴方の2017/4/7(金) 午後 6:11のコメントにはこうあります。

>テラトーマは複数で作られたらしいです。しかし、報告書14頁には小保方氏しか作っていないと書かれている。若山研究室のスタッフたちも一緒にSTAP研究をしていたと思われますので、他の研究者もキメラ、テラトーマの関連実験していた可能性が高いです。


ここで書かれているのは、文脈からして、「小保方氏以外にも複数の人間がテラトーマを作っていたらしい。」という意味ですよね?

そこで私は、不正調査報告書には、小保方氏や若山氏ら関係者に聞き取り調査もした上で、「テラトーマの作製はすべて小保方氏が行った。」としているのに、どのような根拠で「テラトーマは複数で作られたらしいです。」と書かれたのかを質問したのです。

テラトーマが複数個作成されたことは当然です。論文にも記載してあります。
問題は、テラトーマの作成者が小保方氏以外にもいるらしいとした、学とみ子さんのコメントの根拠ですよ。

No title

学とみ子
もっとも、論文では、テラトーマの腸管など成熟しすぎていたのに、共著者が誰も気づかずそのままに論文に載ってしまいました。ここも謎ですよね。例えば、若山氏が気付いていたとしても、あえて指摘しなかったか?・・とか考えます。若山氏はすでにこの論文を放棄した可能性ですので・・・。

テラトーマの問題は、「あの日」206頁、”STAP細胞からのテラトーマの実験も複数回行われていたが、それらのサンプルも無くなっていた。”と書かれています。
「あの日」は、熟読するに足らないとお考えとは思いますが・・・、とりあえず書いてあります。

No title

学とみ子
テラトーマは複数あるのが当然です。新規の実験だからです。小保方氏は、それこそ何度も、細胞にさまざまなストレスを与えて、細胞の初期化実験を繰り返していました。テラトーマはヌードマウスがあれば設備は無くても可能です。テラトーマで初期化を確かめて次がキメラですから、普通、テラトーマは、キメラより前に行う実験で、テラトーマ実験はくりかえすでしょう。キメラは万能化のなによりもの証拠ですから、そうした意味では、テラトーマは論文体裁を整えるためのお飾り程度かも・・・。実際、テラトーマのでき方にはよしあしでばらつくと思いますので、実験系とするとラフなものです。

No title

学とみ子
> yap*ari*w*katt*na*様。

証拠とか、根拠とか、用語の使い方について、やりあいたくありません。
日本語が通じませんか??とか、おっしゃるけれど、他人をけなすと、もう人は寄ってこなくなります。意見をしたくても、相手はいない!(涙)

日常の会話でも、相手が知らないな!と思えば、それ以上は聞きません。相手がいい加減だなと思えば、その相手とは、それ以上は話しませんよ。
「知らないなら知らないと言え!」とかにもなりませんしね。

このブログは、私の情報、経験、想像の三本立てです。個人ブログの皆さん、そうでしょう。

事件が起きた時、関係者が真実を言っているのかは不明です。事件とはそうしたものです。このSTAP事件も同様で、若山研究室の言い分、「あの日」の記載、どれも正しいとの証拠はありませよ。そこを判断するのは読者個人ですが、判断できなければスルーします。

No title

yap*ari*w*katt*na*
それから、これも勝手に相手の立場を決めつけるような、まともな医者とは思えない姿勢を示されていますが、、

私のコメントは、別に捏造派とか捏造偽装派とかの主義主張をしているものではありません。
単純に、貴方の記事における不適切な論法を批判しているだけです。

もう一度、自分の目で不正調査報告書の14頁全体を読んでみませんか?

、[STAP細胞作製] 、[STAP幹細胞、FI幹細胞、キメラの作製] 、[テラトーマの作製]、と項目ごとに誰が実施したのかが記載されていますので、通常の読解力があれば貴方のいうような誤解は起こらないと思いますよ。

No title

yap*ari*w*katt*na*
あのーー
人の言葉は正確に引用してくださいね。

「証拠」ではなく、「根拠」を示すべきと言っているのですが。

報告書は、小保方氏や若山氏ら関係者に聞き取り調査もした上で、「テラトーマの作製はすべて小保方氏が行った。」としているのです。
それに対して、学とみ子さんが「テラトーマは複数で作られたらしいです。」と否定しているので、その根拠を示してほしい、と言っているのですが、、 日本語が通じませんか??

No title

学とみ子
続き
証拠を示せとのご指摘ですが、私に限らず、本ブログにアクセスしてくださる方、誰も、私が入手した証拠に基づいて本ブログを書いているとは考えていないでしょう。すべて推論、想像です。だから、証拠に関する議論は意味がありません。自由主義の世の中、証拠が無ければ言ってはいけない責任範囲は限られています。

現行の個人ブログサービスは、管理人に取捨選択の権利があり、コメンテイター側には不利なシステムです。

No title

学とみ子
“やっぱりわかってない”様 コメントありがとうございます。
私は、ねつ造偽装を支持する立場です。報告書の解析結果は正当ですが、若山研究室を擁護しています。ですから、“やっぱりわかってない”様の持論とは、平行線でしょう。今まで本ブログに書いてきたことは、“やっぱりわかってない”様にとって、今回、ご指摘いただいた点に限らず、あちこちに不愉快な記載があると思います。反論されても、今のところこのままです。

そうは言っても、捏造派、ねつ造偽装派、それぞれの持論を戦わせることは、問題意識が高まります。但し、悪口ばかりが行きかう内容では、第三者読者が得られる情報が無いです。“やっぱりわかってない”様も、自らの持論を他人に説得するために活動されていると思います。“やっぱりわかってない”様の持論に賛同する読者を増やすためには、このブログはあまりお役にたてないと思います。

No title

yap*ari*w*katt*na*
> 学とみ子さん
ついでに、2017/4/7(金) 午後 6:11のコメントですが、

>テラトーマは複数で作られたらしいです。しかし、報告書14頁には小保方氏しか作っていないと書かれている。若山研究室のスタッフたちも一緒にSTAP研究をしていたと思われますので、他の研究者もキメラ、テラトーマの関連実験していた可能性が高いです。

報告書は、小保方氏や若山氏ら関係者に聞き取り調査もした上で、「テラトーマの作製はすべて小保方氏が行った。」としているのです。
報告書の記載を否定するのなら、明確な根拠を示すべきです?
何を根拠に「らしいです。」なんてことを言えるのでしょうか?

ちなみに、テラトーマは所謂「バカンティ足場」といわれるバカンティ研独自の技術を使っているとされていて、小保方氏以外の人が簡単にできるものではない可能性があります。
またキメラ作成は、それこそ特殊な技術が必要で、バカンティ研では実施できないので若山氏に共同研究を依頼にいったという経緯だったはずです。
仮にも医師なら、マテメソがあれば実験なんて誰でもできるというようなド素人の妄想はやめるべきです。

No title

yap*ari*w*katt*na*
> 学とみ子さん

報告書に敬意を払っているという割には、報告書をまともに読んでいないように思えます。

>・・まで到達できたとの前の文章を一旦止めてSTAP細胞は、すべて小保方氏が作ったものである。と別文章で書いてくれた方が誤解は少ないと思います。

報告書に記載されているように、「例外として、一度だけ、若山氏がSTAP細胞を作製」されているので、貴方のいうように文章を切ると、「STAP細胞は、すべて小保方氏が作ったもの」と、話が不正確になる恐れがあります。


もう一度言いますが、報告書では、[STAP細胞作製] 、[STAP幹細胞、FI幹細胞、キメラの作製] 、[テラトーマの作製]、と項目ごとに誰が実施したのかが記載されていますので、通常の読解力があれば貴方のいうような誤解は起こらないと思います。

全体を見れば誤解するはずのない記載を、部分だけ切り取って、「非常に誤解を招く表現ですよね」と捻じ曲げた解釈をするのは不適切で卑怯ですよね。
筋の通った批判ならば「反論」でもいいですが、筋の通らない批判は「イチャモン」と見られても仕方ないでしょう。

No title

学とみ子
> yap*ari*w*katt*na*様、初コメント歓迎します。
いちゃもんという言い方は良くないとは思いますが、今、私がブログに書き込んでいるのは、報告書への反論ですから、いちゃもんと呼ばれてもしかたないかなと・・・。ただ、私は報告書へは敬意を払っていますし、作成までには大変ご苦労があったことが読み取れます。
・・まで到達できたとの前の文章を一旦止めてSTAP細胞は、すべて小保方氏が作ったものである。と別文章で書いてくれた方が誤解は少ないと思います。小保方氏は、調査委員会に対して、「キメラも幹細胞も自分で作った」とは言わなかったと思うので・・・。小保方氏のこの件での認識は終始一貫していると思います。

No title

yap*ari*w*katt*na*
> 学とみ子さん

初めてコメントします。

不正調査報告書の14頁9行目の記載が問題だと言われてますが、、、
その部分だけを切り取れば、誤解する余地はあるかもしれませんが、
元々の不正調査報告書には、冒頭に説明対象が【】でくくってあります。
即ち、

[STAP細胞作製] STAP幹細胞、FI幹細胞、キメラ、またはテラトーマの作製にまで到達できたSTAP細胞は、すべて小保方氏が作ったものである。(以下略)
[STAP幹細胞、FI幹細胞、キメラの作製] 小保方氏がディッシュの蓋などに載せて持って来たSTAP細胞塊を若山氏が切り刻んでマウス胚に注入し、キメラを作製した。(以下略)

従って、不正調査報告書そのものを読めば、通常の日本語能力があれば、貴方の言われるような誤解をすることはないと思いますよ。

まさか、意図的に [STAP細胞作製] という部分を無視して、報告書にイチャモンをつけようとしてるのではないと思いますが、、、。

No title

kanso2
つまり、2012年8月には、遺伝子の型が違っているということは判明していません。もちろん、そのデータをマウスの系統やトランスジーンという点に着目し解析していたなら、その時点で分かったかもしれません。しかし、そのような解析が当時なされたという情報はありません。このデータは、論文では、遺伝子発現パターンの比較のために用いられました。

異常が最初に分かったのは、私が知る限り、2012年8月に得られたRNA-seqデータが論文の発表と共に公共データベースに登録され(2014年1月)、そのデータに興味を持ったバイオインフォマティクスの専門家の遠藤博士が独自に解析を行った時点です(2014年3月以降)。遠藤氏が、論文での解析とは別の観点からデータを解析した結果です。その結果は、報告書にあるように、不正調査の段階で理研のチームによっても独立に確認されました。
非公開コメント

トラックバック