もし、GRAS解析の情報が著者に戻されていないことが事実であったなら、大変な事であると思う。

GRASの解析データは公共データベースに公開されていますけど。
GRASは遺伝子配列の結果を出しただけで、その解析、例えばGFPがそこにあるかなどという解析は行っていません。

とのコメント(青字)をいただいた。

妄想だと言われたが、これについて考えてみたい。

GRASの専門員が遺伝子検査をした後、単に塩基の配列だけ示して、後は知らないということはないだろう。
勝手に公開されたら大変なことになるわけだから、どのデータをアップするのか論文著者らと話し合うはずだ。

小保方氏らは、実際に公開されたデータについて、どの位の情報提供を得ていたのか?
小保方氏ら著者らは、この遺伝子データの内容を知っていたのか?
論文を否定するようなデータが公開されてしまったと言えるからである。

関連した細胞の遺伝子情報を載せるのは、ネーチャー誌の意図であるようだが、公開した結果、遠藤氏に解析され、STAPの悲劇が始まってしまうのである。

小保方氏らは、凍結保存された細胞をGRASに持ち込んだが、もし、小保方氏らが遺伝子の異変を知っていたら、この細胞をGRASに持ち込んだり、解析データを公開にゴーサインを出すだろうか?

論文と合わないことを知らないからこそ、GRASに持ち込んでしまい、論文と合わないままの遺伝子データがそのまま公開されてしまったのではないのか?

もし、小保方氏がねつ造犯で、遺伝子が合わないことを知っていたら、ばれるような行動をしないと思う。
若山氏も遺伝子解析には反対だったはずである。
それがマウスの種類まで判明してしまうような解析作業をなぜ実施したのであろうか?
若山氏の反対を押し切っての行為だったのか?
公開についての笹井・小保方氏ら著者の了解はどうなっていたかは、今後の大事な争点であると思う。

公共ベース(NCBI)に登録されているFI細胞は、FI幹細胞B6マウス由来が9割、CD1マウス由来のTS細胞1割であるとの遠藤解析の結果である。

GRASでの解析をしっかりしてれば、この時に遺伝子異変に気づいたはずで、大変、後悔していると小保方氏は「あの日」に書いている。
しかし、現実は、GRASでしっかりと解析されており、アクロシン入りの結果まで保存されていたのだ。その結果が小保方氏に報告されていないようなのだ。不思議なことが起きていたと言うのが正直な感想である。

公には、桂委員会が残存検体を解析したことになっている。しかし、その結果は、遠藤氏の解析と同じであるようなので、桂委員会報告書は、遠藤氏の解析を追従したということかもしれない(推論)。

GRASの結果で、STAP細胞の親マウスが想定とは違うという事は、論文発表前からわかっていたはずの情報だ。

何度もいうようだが、解析された結果は、著者らに戻されるべきものではないのだろうか?
(著者もある程度に解析作業はするのであろうが)最終的には専門家が解析して、その結果を著者に戻すものではないのか?論文発表前にそうした作業はやらないのであろうか?

公開する前の確認作業がいつなされたのか?ここは「あの日」には書いていない部分だ。
小保方氏は、この部分について聞きたくても書けない事情があったのかもしれないなどと考える・・・・。

こうしたことを考えるのは妄想ではない。
もし、GRAS解析の情報が著者に戻されていないことが事実であったなら、大変な事であると思う。
このあたりは専門の方の解説がぜひ、欲しいところだ。
スポンサーサイト



コメント

No title

学とみ子
> kanso2様、いつもコメントありがとうございます。今回も有用な情報をありがとうございます。又(つづき)の文章もいただきましたが、何故かアップできません。こちらの問題とは思いますが、原因はわかりません。申し訳ないです。読書の方へkanso2様からの情報を提供したいのですが、承認ボタンが効きません。不思議です。本当にすみません。

No title

学とみ子
> kanso2様、コメントありがとうございます。いつも、有用な情報をありがとうございます。
GRASの方々のご苦労もあったと思います。
どこの社会も似たようなものとは思いますが、研究所は特に、働く人の身分に差があり、がまんして働かざるを得ない哀愁?の職場なのでしょうね。
GRASもデータの取り扱いに困ったかもしれませんね。なにしろ、困った結果なのですから・・・。
私は小保方氏に聞けるような立場ではありませんが、このブログを読んだ方で小保方氏に近い人がいればというところですね。、
小保方氏は自らの実験手技には自信を持っていたので、論文発表に踏み切ったと思います。彼女のような新人の立場では、上司に主張できることには限界があったとは思いますし、研究所のドロドロに気付かなかったのかも・・・。

No title

imh*****
>もし、小保方氏がねつ造犯で、遺伝子が合わないことを知っていたら、ばれるような行動をしないと思う。

修論、博論でも捏造をしていたことは明らかになってますが。
早稲田、女子医大、ハーバードではばれなかった、しかし、理研ではばれた。
そういうことでは?

No title

kanso2
(つづき)
また、このような人達は、論文著者として加わることで支援の結果が自身の業績(筆頭著者に比べるとずっと扱いは小さいですが)にもなります。STAP論文には2人の名前が入っています。研究を邪魔したり、不利になるようなことをする理由はありません。また、だからといって、このような末端の補助を行う人が主導して捏造をすることなど出来ないでしょう。

GRASの問題についてこれ以上のことについては、支援を依頼・研究を主導した小保方さんに聞けばよいのではないでしょうか。

No title

kanso2
GRAS(ゲノム資源解析ユニット)は、CDBの一研究室(ユニット)であると同時に、研究支援施設でもあり、次世代シーケンサーの技術によって、他の研究者を支援することを行っているようです(CDBホームページより)。このような、研究支援型のユニットというのが研究所にはあります。研究所の仕事として、また、共同研究の一種として研究を助けてくれる人達です。汎用性があり、また、同時に専門性の高い技術の場合にこういった部門が存在します。STAP研究の場合には、少なくとも、マウスの飼育施設、電子顕微鏡による解析、NGS解析などが、この種の支援を受けていると思います。一般に、このような支援者は、研究の全体像が見えるわけではないので、主導する研究者の依頼どおりに支援を行うことになると思います。

No title

yap*ari*w*katt*na*
(文字数制限のため、続きです)

>論文を否定するようなデータが公開されてしまったと言えるからである。

論文を否定するようなデータの元となる細胞サンプルを提出したのは小保方氏です。 どう考えても、責任は小保方氏にあります。

データを公開したことや解析した人間を批判するのは大間違いです。


>もし、小保方氏がねつ造犯で、遺伝子が合わないことを知っていたら、ばれるような行動をしないと思う。

擁護派の方がよく持ち出すロジックですが、このロジックが正しいのであれば、電気泳動画像の改ざんも、テラトーマ画像の改ざんも、細胞増殖グラフの捏造も、メチル化データの捏造も、その他多数の画像の間違いや不適切な修正も、すべて「後で調べればばれる」ものであり、そんなことはしなかったはず、ということになりますが、、

実際にはこれらの不正が行われていたのですから、最初のロジックが正しくない、ということになります。

No title

yap*ari*w*katt*na*
無知識に基づく不適切な記載が多々ありますが、いくつかを指摘しておきます。

>GRASの専門員が遺伝子検査をした後、単に塩基の配列だけ示して、後は知らないということはないだろう。

間違った妄想です。 GRASは依頼されたシーケンスを小保方氏に返しただけでしょう。

> 勝手に公開されたら大変なことになるわけだから、どのデータをアップするのか論文著者らと話し合うはずだ。

公開するのは小保方氏らの仕事であり、GRASには無関係です。
また、公共データベースへの登録はこの世界の常識であり、大変なことになどなりません。


>小保方氏らは、実際に公開されたデータについて、どの位の情報提供を得ていたのか?

公開したのは小保方氏です。
この遺伝子データを解析して、Letter論文のFig.2Iを作成したのは小保方氏らですので、その程度の情報は得ていたと言えます。
非公開コメント

トラックバック