FI細胞は、本当に不思議な動きをする細胞ですよね。これができたことで、若山氏の喜びはわかりますよね。

”嘘をかかないで”様から、以下のようなコメントをいただきました。

これを読むと、まるで、理研の内部調査員だった科学者の方であるかのような書きぶりです。
(どなたか情報がありましたら、よろしくお願いいたします。)
良くも悪くも、書かれた内容は本物ではないと思いますが、せっかく、いただいたコメントですので、本日は、この方からのコメント(青字)に対して、学とみ子の考えを書きます。

>はい、STAP幹細胞やFI幹細胞を樹立した後は、学さんがいうように、確認の実験が必要です。
 若山氏は、増殖しないSTAP細胞を培地を変えながら増殖するようにしました。あとはこの細胞を使ってキメラマウス実験をしています。ES細胞と同じように増殖するか、どの遺伝子が発現しているか、ES細胞の培地で増殖するかなどの実験は、筆頭著者が行いました。
ちなみに、若山氏の行った実験は、実験ノートが調査委員会に提出され確認されています。筆頭著者が行った実験に関しては、実現ノートに記載されておらず、実験が行われたかどうかさえ解らないものがあると調査報告書に書かれています。
>若山氏は、キメラマウスの作成と、STAP幹細胞、FI幹細胞を樹立しただけで、これらのものを解析したのは筆頭著者、図表を作成したのも筆頭著者、論文に掲載する図表を決めたのも筆頭著者です。そして、細胞増殖グラフと遺伝子メチル化の図表は捏造でした。この2つの捏造は筆頭著者自身が認めています。

細胞増殖グラフと遺伝子メチル化図表の捏造問題と、FI細胞の図表問題はねつ造の質が全く違うことは確認しましょう。学とみ子は、細胞増殖グラフと遺伝子メチ化の図表問題などは末梢的な事だと思います。

一方、FI細胞が登場する図表が、存在しない細胞を使ったねつ造図表であったら、とんでもない悪質なねつ造だと思います。

STAP細胞をTS用培地で培養するとTS様の遺伝子発現をする、さらに実験の種類を変えてタンパク合成をみたらTS蛋白などもつくる等々、TSになったりESになったりの実験をくりかえした結果、若山氏は自身で新細胞ができた事を確認できたんですよ。

そうでなければ、新しいタイプの細胞だ!なんで言えないですから。
ここをしっかり理解してくださいね。
細胞をつくってから、その働きを調べるわけではないのです。
細胞の変幻自在の機能を確認したからこそ、新細胞樹立のストリーと思いますけど・・・。

そうした順序ではなく、STAP細胞をたまたまTS用培地で培養したら、どんどん増えたのでそれをFI細胞と名付け、その機能を調べる実験は小保方氏がやったなどとの説明があったのなら、その説明をした人は嘘をついています。小保方氏にFI細胞の実験をさせて、その結果を論文に書いたのではないですよ。

FI細胞は、LIF培地ではTS分化能を失うとした細胞です。こんな細胞は、人造細胞を知り尽くした若山氏しか作れないし、誰も見たことがない特殊な細胞です。
若山氏は実験を繰り返して、そうした性質を持つことをみつけたのです。
先に実験ありきです。実験を繰り返さずして、新しい細胞を樹立しただなんで言えないでしょう。


万一、若山氏と小保方氏が協力してFI細胞の性質を調べたなら、実験中に得られた遺伝子解析結果を、小保方氏は公開ベースの載せることができたでしょう。
実験が終わってから、おやしげなFI細胞をGRASに運んで、墓穴を掘る事はしないで済んだと思います。
こうした罠にはまってしまったのは、小保方氏に情報が無かったからです。

桂報告書を作製した時には、「あの日」の情報はないです。「あの日」は、小保方氏の告発書です。
「あの日」には、幹細胞化が秘密裏に若山氏自身で進められたと書かれています。

「あの日」の記載が無くても、先に実験ありきですよ。
TSとES様の遺伝子発現をみたり、キメラの胎盤も確認して、若山氏は新細胞(FI細胞)ができたことを確認したと思います。

若山氏は、桂委員会にもFI細胞の作製は彼自身で行ったと言っているのですから、FI細胞の実験だって、若山研究室員の総出でやったものだと思います。
部外者である小保方氏はかかわらせてもらえなかったと思います。
つまり、「あの日」に書いてあることが正しいと思います。

FI細胞がどんな親マウス由来であるのかさえ、若山氏は明らかにしていないのですよ。
それで、若山氏はすべて調査に協力したなどと言えるのですか?

FI細胞実験の責任は誰なのか?については、小保方氏も知っているでしょうから、今後明らかになる可能性があります。

誰かが、実験はすべて小保方氏がやって作図もしたなどと言っても、図表の内容からして信じがたいですね。
これが論文の持つ力です。

FI細胞は、本当に不思議な動きをする細胞ですよね。これができたことで、若山氏の喜びはわかりますよね。
無限とも言える体の細胞の一部から、いろいろな他の臓器の細胞へと導くことが可能になるのですから。

でも、その後、実験の再現性が得られない事から、若山氏は自信を失ったのだと思います。

スポンサーサイト



コメント

No title

学とみ子
rn様、コメントありがとうござい ます。STAP細胞の何十種類以上の中 には、TS様遺伝子も発現する細胞が あってもよいでしょう?酸浴で細胞 がどのように変化するか誰も知らな いでしょうからね。小保方氏の勝ちかも…。ねつ造派はESにさらに混ぜたとの推論ですか?

No title

rn
若山先生の手が入らないSTAP細胞のデータからこんなものが見つかったということは
「論文の内容と合わないデータが出てきた(小保方の捏造)」
「データと合わない論文の記述がある(小保方の捏造)」
のどちらかしかないわけです
若山先生も和ガモさんに感謝でしょうね

No title

学とみ子
> ブータン様、コメントありがとう ございます。他人の手が入らない状 態のSTAP細胞のRNAーseqも、今ま ではESとされてしまったので、今回 の調査に期待できますね。ねつ造派からの反論も待ちたいです。

No title

ブータン
学先生

和モガさんがブログで新しいデータを引用されてるようですが、なにか影響はありませんか?

No title

学とみ子
> 嘘をかかないで様、せっかくコメ ントいただいたのに、なりすまし呼 ばわりをしていたら本当にごめんな さい。理研の内部委員が、ねつ造を 少しでも許したくないなら、FI細胞 の大ねつ造を桂調査報告にしっかり 記載すべきでした。それをしなかっ た事は、理研の内部委員がそこに気 づかなかず、若山研究室に逃げら れてしまったといわれても仕方ない と思います。

No title

嘘をかかないで
あなたには、捏造はしてはいけないという倫理観がないことがよく解る記事です。医師としても疑います。これ以上お話する意味がないようです。1万円でも100万円でも窃盗は窃盗で、許されないでしょ。それをどっちが悪質と言っても意味はないし、事実と「たら、れば」を比較しても全く理屈にもなっていませんよね。(呆れ
非公開コメント

トラックバック