自らの論文を書かずして論文ミス探しの研究者が権力を握る研究業界になったら、政治家ですらそっぽを向くだろうし、税金が回ることも無くなるだろう。

朝日新聞オンラインから 青字

東京大学は1日、分子細胞生物学研究所の渡辺嘉典教授らが執筆し、国際科学誌に掲載された論文5本に、画像の捏造(ねつぞう)など研究不正があったとする調査結果をまとめ、発表した。英科学誌ネイチャーなどに掲載された5本の論文で、グラフや画像の捏造が6カ所、改ざんが10カ所あったとし、論文の撤回や修正を勧告する。
 2010年に米科学誌サイエンスに掲載された論文では、実験をしていないのにグラフを作成したとし、規範委は捏造と認定。また、15年のサイエンスの論文でも、顕微鏡画像を異なる条件で処理して明らかな差があるように見せていたとし、捏造と認定した。
 東大は今後、渡辺教授の過去の論文もさかのぼって調べ、処分を検討する。東大によると、渡辺教授の研究室には国などから14億8千万円の研究費が投じられており、東大は文部科学省などと返還について協議するという。
 渡辺教授は朝日新聞の取材に対し「論文に不適切な画像操作を含む図表が掲載されたことについて調査結果を真摯(しんし)に受け止め、深く反省している。だが、(不正とされた図表は)実験から得られたもので、結論を覆そうとする意図で手を加えたわけではない。論文の結論に変わりはなく、国際的な基準では不正にはあたらない」と話した。

新聞の一面記事に載った上記の記事で、論文不正の内容までは新聞には書かれていないが、教授にとっては致命的な記事だ。論文不正のきっかけが匿名者の暴露のようだが、こうした暗い話は、これからも多く発生するのか?

一生のキャリアをかけて築いた長い間の努力が一瞬にして消え、重いマイナス評価がエリート研究者にのしかかる。
今回は、記事の最後に、渡辺嘉典教授のコメント(青字)が載っていることがせめて救いだ。
「これは、国際的な基準では不正ではない!」という主張である。渡辺氏は実験をしていないと暴露されたようだが、これは内部の人でなければわからない。内部の人は、一緒に実験をしたのだろうから、その仲間が担当した仕事がエア実験だったのかもしれない。実験の仲間が、研究不正をして、筆頭著者のせいにすることもある。

製薬メーカーのからむ捏造論文でも、会社がうそのデーター処理をして、ばれたら筆頭著者の罪にしたりもする。

仲間うちに裏切られたら、研究者はひとたまりもない。STAP事件も、若山氏の論文撤退で、小保方氏は世界の捏造者にされてしまったのだ。

研究不正は、告発する側と、告発される側の主張が同様に扱われて評価されることが公正な世の中だ。

学とみ子は、STAPねつ造問題で研究業界の陥れの怖さと被害を見せつけられた。
本人が「ESを使ってねつ造したことは決して無い!」と必死に叫んでも、認められない世の中の怖さである。

STAP事件では、マスコミがねつ造事件にしたい様子が見え見えであった。
理研の内部者がねつ造疑惑をマスコミにリークした結果、マスコミやカメラマンが理研CDBに踏み込み、小保方氏の冷凍庫など、あれこれと勝手に写真を撮ることができた。
小保方氏を陥れたい人が、小保方氏のごくそばにいた。

小保方氏は理研の研究員にふさわしくない!ネーチャー論文著者にふさわしくない!、小保方氏は機器の使い方も知らず、まともに実験できない!、などなど、彼女への個人攻撃は、すさまじかった。

アンチ小保方は、小保方氏のこうした悪口を分子生物学会やマスコミにばらまいたが、そうした手口の巧妙さは、須田氏の「ねつ造の科学者」で十分に読み取れる。

若山氏の変心ぶりも、須田氏の「ねつ造の科学者」によく書かれている。
ネーチャー誌の論文撤回の文章でも、小保方晴子が自ら書いたことになっている。

撤回理由として、写真の起き違い、取り違え、撮影ミスなど複数のミスがさまざまにあることを指摘している。
「私(小保方)は、論文をメチャメチャに書きました。」と言わんばかりの内容になっている。
小保方氏が自らの名前で、こうした内容が公表されるのは、どんなにつらかったであろうか?

「あの日」では、この撤回理由を書いたのは、若山氏であるようなのだが、若山氏は容赦なく、論文のミスを徹底指摘した。しかし、実験結果そのものを否定していないのである。せめて、若山氏自らで実験したFI細胞の正当性についてはサポートする立場を貫くべきだろう。FI細胞の実験を守ることは、STAP細胞ができた証拠に他ならない。

若山氏は、実験はしっかりやったが、取り違えがさまざまにあったと著者(小保方氏)のせいにしている印象だ。

実際に実験した若山氏が、小保方氏に情報を伝えず論文作成に協力せず、小保方氏のミスを誘ったと思えてしまう。
小保方氏は、「あの日」で、「実験した本人(若山氏)が気付かないようなミスを、私(小保方氏)が見つけられるはずもない!」と、絶望の思いをつづっている。

研究所には、自らは実験をせず、論文を書かず、他人のあらさがしばかりしている人たちがいるという。
こうした人たちは、一番、他人を陥れることができる立場だろう。
こうしたスタンスの研究所員の人たちへのペナルティは無いのか?

ねつ造を告発されたら、研究者は自業自得であるとは思うが、研究不正の解明には難しいところがある。
そして、派閥争い人為的ないやがらせも絡むと思う。
お互い競争しあう研究者同志には、人の常として足のすくい合いが起きる。
だから、できるだけ悪意ある策略が幅を利かせないように好意的な解釈とするしかない。
世界がそうなのだから、日本だけ悪意的な解釈がまかり通ったら、喜ぶのは悪意ある連中だけだ。
実験者の心は、実験者しかわからない・・・。、

ねつ造告発者が、研究内容を理解せず間違いの告発をして、それが認められてしまえば、被害の研究者にとってこんな災難はない。

STAP事件の場合は、STAPはESから作られたというのは間違った解釈であるし、細胞の遺伝子の同一性をどんなに証拠立てても、ESで結論とするには証拠が足らない。

しかし、裁定する人が、正当と判断してしまえば、STAPはESだになってしまう。
所詮、人の間の決め事に過ぎない。STAP事件では、ESだと信じた理研の内部研究者の意見が採用されてしまったのだ。つまり、科学的結論ではなく、人為的結論である。

将来、STAPはES由来ではないと証明された時、この間違った裁定をした研究者たちに罰金や降格などのペナルテーィは無いのか?

研究不正と結論された研究者はすべてのキャリアを失ってしまうのだから、研究不正の裁定に間違いがあれば、それを犯した人の罪も重いはずだ。
間違った裁定を下した者もすべてのキャリアを失ってしかるべきである。

科学的トラブルを一般的な裁判に持ち込んでも、素人である裁判官に判定は難しい。

マスコミとは所詮、興味本誌の業界であるのだから、マスコミを利用する学者は卑怯であると思う。
研究不正の疑いがあった場合、関係者がマスコミにリークするのを禁じたり、公正を期した発表にかぎってマスコミに流したりとか、研究者を守るための研究業界のしくみをつくらなければいけないと思う。

マスコミはねつ造事件や研究不正を興味本位に取り上げる。おもしろおかしくなるように、読者がつくような方向へと結論を持っていこうとする。
STAP事件でも、須田氏の思い込みは甚だしく間違っている。

研究不正があったからと言って、その学者が獲得した過去の全研究費まで返還させるという必要もない。
そうした研究者を守るしくみが無いと、研究者にとって、研究そのものが大変つらいものになる。
優秀な人が研究者にはならなくなる。

研究界に残るのは、研究論文を書かないような人たちばかりになってしまう。
自らの論文を書かずして論文ミス探しの研究者が権力を握る研究業界になったら、政治家ですらそっぽを向くだろうし、税金が回ることも無くなるだろう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック