元々、論文の内容そのものが小保方氏の無罪を証明する証拠になっていると言って良いのです。論文が、STAP細胞の発見を証明しているからです。

Ts-Marker氏や和もが氏のSTAP(幹)細胞の遺伝子解析の努力が続いているようです。

小保方氏がアップしたこのSTAP(幹)細胞の公開データは、小保方氏の正当性を証明するものになりました。しかし、今後、このデータがどのように一般人の広く知るところになっていくのかの経過を読むのは難しいです。

Ts-Marker氏や和もが氏らのブログへのコメントでは、理研に結果を送付せよ!などというのもありますが、どうなっていくのでしょうか?
今後の成り行きには、大変、興味があるものの、まずは経過を見ていくしかありません。

元々、論文の内容そのものが小保方氏の無罪を証明する証拠になっていると言って良いのです。論文そのものが、STAP細胞の発見を証明しているからです。論文には、新しい細胞が出現した証拠の実験結果がいろいろな角度から書かれています。この実験結果は、ES細胞では得られません。

以前に中部大学の武田教授も同様なことを言っていましたが、生物学を知っている学者であれば、STAP細胞がES由来とは考えないと思います。ESであると、STAP論文のストリーは書けないのです。この事実は、学とみ子のブログでもさんざん言ってきたのですが、多くの人に、ここを理解して欲しいと思います。

ES捏造暴露の手柄を離したくないマスコミは、“ESではありえない!”とのストリーを理解しようとせず、ES非現実論の意見を紹介しようとしません。結果、桂報告書のとおり、公的にはESによる捏造で一見落着となっています。

小保方氏がひとりで悪行をしたとされ、他の人は監督責任しか問われていないのです。誰か(小保方氏だが)を名指ししておけば、他のすべての人を疑惑から開放させられます。研究者として実績のある学者に対しては、その研究歴を守ってあげることができます。理研の名誉も守れます。事情をよく知らない外国の学者に対しても、個人によるES捏造論を納得させたかったのでしょう。
この裁定への憤りは、擁護派といわれる人が抱えてきたものです。

一般人でも、事の成り行きのおかしさから判断して、ES説や小保方犯行論では説明ができないと判断していることがわかります。「あの日」へ多くの論評があることや、婦人公論で小保方氏の主張が定期的に発信されている現状があります。社会的にも小保方氏の冤罪は一般人から支持されています。

今回、Ts-Marker氏や和もが氏による公開データの解析で、STAP細胞やFI細胞の遺伝子機能解析結果は、小保方氏の無罪をさらに確固にするものとなりました。
Ts-Marker氏や和もが氏らは、冤罪の状況を嘆いていないで、新たな戦略に出たと思うので、すばらしい才能の人たちだと思います。

ES非現実論が証明されたら、桂調査委員会への反発は相当に強いものになると思います。知識ある者が、知識無い者を公的にだましたとの構図になるからです。そこに税金も投入されています。
コロンボ刑事のストリーづくりでもあるように、権力、金力あるものが、無い者を騙すストリーは、人々の反発が強いものです。

ES混入で、実施可能な行為は、キメラマウスの作成のみでしょう。キメラマウスの作成時であれば、ESをまぜておけば、胎内でESが生き残り、STAPは死んでES由来のキメラマウスができると思います。しかし、他の実験は、STAP(幹)細胞を培養して得ている実験結果なのです。
ですから、STAP(幹)細胞が無ければ、実験そのものを行えません。
STAP(幹)細胞がESから作られたとすると、論文に用いられた図表はすべて想像の産物であったということになります。遺伝子解析結果ひとつとっても、TS細胞やES細胞を解析のたびに解析サンプルに出したり入れたりしなければなりません。こうした行為は1回でも難しいのに、それを何度も繰り返さなくてはなりません。

これらの事実は、STAP論文を読める人であれば、容易にわかることです。中部大学の武田教授に言わせれば、ES論を肯定する人は本物の学者で無い!との言い方になるでしょう。

しかし、本物の学者たちは、若山氏や分子生物学会への遠慮などがあるためか、その声がなかなか聞こえてきません。あるいは、本物の学者たちは、小保方氏自身でしっかり戦うべき筋のものと思っているのかもしれません。(実際には、小保方氏をサポートしてくれている学者たちもいるようですが・・・。)

SNSの時代に確かに言えるのは、多くの人が持ちえる知識が無限的に大きいということだと思います。そして専門家と言えども、一部の人の抱える知識は有限でしかありません。

少なくとも、STAP事件については、理研の遺伝子研究者より、無数の人の中から手を挙げたTs-Marker氏や和もが氏の方が真実だということです。理研の遺伝子研究者たちは、小保方氏憎しのバイアスがかかっている、あるいは理研を守りたいとのご都合主義があるなどで、フェアなものの見方ができなかったのかもしれません。

将来、“やっぱりSTAP細胞はあったんだね”ということが一般常識となる日が早く着て欲しいと思います。

其の時には、STAP事件とは、大手マスコミが本物の知識人の言うことを聞かず、世論を操縦しようとして失敗した事件だったとなるでしょう。今後のマスコミは、同じ失敗をくりかえさないようにがんばるかもしれません。

しかし、記者の知識は有限であるが、一般人の知識は無限に広がる質のものであることは、今後も変わることはありません。
スポンサーサイト



コメント

No title

inf*mo*ta
> mさん

アンチも必死ですね。
偽mさん(笑

No title

学とみ子
> mさん
コメントありがとうございます。本コメントは、私のブログ内容とあまり関連していませんので、私の方からも本コメントに関連のない返信を書きます。
SNSの世界では、知識が無限に集積されるメリットがありますが、それと同時に、正しくない知識も拡散します。STAP細胞のような新規科学は未解明なことが多い中で、専門家と称する人が正しくない解説をアップします。その解説内容が一般受けしやすいと、まるでその解説が真実であるかのように通用していきます。STAPはESだと結論つけている科学者ブログがそうしたリスクを象徴するものと思います。

No title

m
「STAP細胞を守る会」設立主旨

STAP細胞研究をめぐる現状に対して、

1.人類の福祉・医療に寄与する可能性をもつSTAP細胞を守る
2.日本の若い研究者の芽を守る
3.小保方晴子氏とそのご家族を支援する

ことを目的として、小保方氏の知人及び支援者有志が情報を発信する場として設立されました。

2014年7月24日

STAP細胞を守る会 発起人

松田隆子
浦聖治
宇田川伸之
松田範昭
杉山慶太朗

・・・・・設立から3年でサイトがついに消滅しました(笑)
やっぱり、STAPなんて大ウソだったんですね。
非公開コメント

トラックバック