一過性の現象を一過性に終わったから嘘だとか、ねつ造だとか言わず、希望ある成果として、実験者の努力は社会全体でサポートされるべきと思う。

したらば掲示板に、うふふさんが書き込みました。青字

研究者たち自身に気づけない自然の不可思議が原因で、互いに誤解が生じているのだと。
だから学さんの気持ちはよくわかるよ。
男だって感情が先に立つよ。
誰だって性善説から考えるので、悪事というのはあるけれども、多くは無いと誰でも知ってる。
 悪事の多い社会って成り立たないからね。
殺人は少ないから処罰できるんで、全員が殺人犯の社会って生存できないよね。
野獣だって満腹の時に相手を殺すことはない。

なるほど、じょうずな文章だと感心しました。

STAP事件は、自然現象の気まぐれを前に、研究者間での思惑がずれて、お互いに大きな不信感が生まれ、話し合いがつかなくなってしまったのでしょう。

若山氏、小保方氏が、お互いにだまったままで、それぞれ相手の気持ちが読めない状態が続いてしまいました。沈黙が不信を呼ぶにもかかわらず、STAP論文が世にでてしまったということなのか?

最初は、バカンティ研で、特殊な細胞反応に気づいた人たちがいて、その現象を解明しようと他の人々があつまってきたはずでした。楽しい気分で、実験していたと思います。

細胞のこの新現象に興味を持った研究者たちは、昼夜を惜しんで、それぞれのスキルを駆使して研究し、新知見を出しました。
しかし、この新知見にもかかわらず、結末は、関係者は皆、不幸になってしまったのです。

当初の小保方氏は、使用可能な細胞でさまざまな刺激をくりかえし、細胞がこうなると、さらにさらにこうなるとの知見をつみかさねたでしょう。その時、使用細胞の種類には無頓着でした。

若山氏は、研究室で入手しやすいアクロシン入りマウス由来の細胞の柔軟性に注目していたがために、STAP実験用に、その細胞を小保方氏に提供したでしょう。

小保方氏が酸浴で変化を起こさせたアクロシン入り細胞を用いて、若山氏は、自由度の高い実験を楽しんでいたのかもしれないです。
酸浴後に核や細胞質がそれぞれどのような変化をしていくのかを観察するため、核を抜いて未授精卵に入れ、胚盤胞から核移植ESを得るなど、自由に実験して、酸浴後の核や細胞質の変化を観察していたのでしょう。

当初、若山氏は、好奇心、遊び心が働くままに、STAP細胞に触れていたのかも・・・。
しかし、その過程で次第に若山氏の専門領域の技術が駆使されるようになっていきました。
そして、雑多な細胞集団だったSTAP細胞の幹細胞化に成功しました。
単一細胞として取り出せたということなのでしょう。

同一の幹細胞集団に変化させる技術は、それまでの若山氏の創意工夫が生み出した成果であり、小保方氏の最初の目的であるSTAP細胞の万能化実験の目的からはズレていったと思います。

若山研究室は、小保方氏を山梨の若山研究室員と採用して、本格的研究に持ち込もうとしていたのではないか?と、したらば掲示板は書いています。

つまり、STAP研究は小保方氏の研究領域を超えて、はるか先まで若山氏の実験が進んでしまったということでしょう。しかし、これらの仕事をまとめるに当たり、マウスの調整なども検討が残っており、複数の点で論文とするには調整が不十分でした。
客員研究員の小保方氏との実験の責任分担問題も未解決でした。


米国のジャーナリストが、小保方氏は「幹細胞化ができない!実験をせかされている」と悲鳴を上げている状態を取材しています。
小保方氏にはできない実験を、若山氏は強要していたらしい。
若山氏は、できない実験はやるな!ということであったのだが、ストレートにそういえない状況だったかもしれない。
誤解を生むような言い方を若山氏はせざるを得なかった、そして、この言い方の真意に小保方氏が気付けなかったという事なのか?。
結局、若山氏は小保方氏に論文化を断念させようとの思惑があったように見えます。

小保方氏と笹井氏で書いた論文を若山氏はほとんどチェックしていないのも奇妙です。若山氏からマウスの提供もないし、遺伝子調査のためのGRAS持ち込みは、すでにSTAP実験が終わってからで、論文に使われたデータが再度、取り直されているようなのです。つまり、関係者間が断絶している様子がわかるのです。

この時の、研究者間での話し合いがもっとうまく進んでいたら、いろいろな知見が世に出たのに・・・。

Lさんは、現状ではもう遅いと言う。悲しい言葉です。

細胞は柔軟であることを思えばSTAPはあったと考える方が楽しい。
将来、細胞の制御はもっともっと人工的にコントロールされるようになって欲しい。
他人のチェックにおびえながらの研究では、参加者がいなくなるでしょう。

一過性の現象を一過性に終わったから嘘だとか、ねつ造だとか言わず、実験者の努力は社会全体でサポートされるべきと思う。
スポンサーサイト



コメント

No title

散歩中
学とみ子さんの認識では、CAG-GFPマウスよりもacrosin-GFP及びCAG-GFPが共挿入されたマウスのほうが手に入りやすいというご理解なのでしょうか。

No title

d( ̄  ̄)
学とみ子氏の『若山氏は、研究室で入手しやすいアクロシン入りマウス由来の細胞の柔軟性に注目していたがために、STAP実験用に、その細胞を小保方氏に提供したでしょう。』の記載を見れば、学とみ子氏がど素人だとわかりますねー

No title

yap*ari*w*katt*na*
> 学とみ子さん
他の方への質問に失礼かと思いましたが、あまりにもおかしな質問なので、指摘(揚げ足取り?)させていただきます。


>一方、人工的な幹細胞は、受精卵ES、ntES、iPS,などがありますが、これらES細胞の由来は1個の細胞です。

受精卵ESもntESも、胎盤胞期の胚の「内部細胞塊」から作成されるので、1個の細胞由来ではありませんよ。 iPS細胞については言うまでもないでしょうね。
(もし、卵子のことを1個の細胞といわれるのでしたら、生きた生物の中に存在している幹細胞も全て1個の細胞由来になってしまいますね。)


>つまり、人工的なES細胞は、1個の細胞から人工的操作の手を入れて、作られます。そうなるとSTAP細胞1個から操作を加えて幹細胞化したと考えたいのです。

考え方が正常ではありませんね。
そもそも、前段の部分が間違っているので、論旨は壊滅していますが、、
間違いだらけの非専門家の珍説「STAP細胞はntES細胞だ」を支持したいのでしょうが、間違った認識で無理矢理繋げるというのは、如何に知識不足とはいえ、見ていて痛々しいですよ。

No title

m
学って様

あなた様の素晴らしい人間性と科学力でこのふざけた問題を解決してください!
期待していますよ^^;

No title

学とみ子
> dsd*****様、
L様にも質問した件ですが、学とみ子から以下の書き込みがありますので、ご教授いただければ幸いです。

幹細胞は、さまざまな細胞を作り出す能力(分化能)と、自らと同じ細胞に分裂できる2種の能力を持つことが必要とされています。成体にはさまざまな臓器・組織があり、それらを作ることのできる幹細胞も、臓器・組織ごとにあります。生きた生物の中で、幹細胞は存在して、生命が維持されています。一方、人工的な幹細胞は、受精卵ES、ntES、iPS,などがありますが、これらES細胞の由来は1個の細胞です。つまり、人工的なES細胞は、1個の細胞から人工的操作の手を入れて、作られます。そうなるとSTAP細胞1個から操作を加えて幹細胞化したと考えたいのです。つまり、体細胞(STAP細胞)から幹細胞をつくるには、現状で、ntESしかないのではないか?STAP幹細胞は、核移植操作が加わらなければ作製できないと考えて良いですか?

No title

学とみ子
> 学って様、コメントありがとうございます。もっと勉強せよとの励ましをされるので、偉い先生と思うけします。L様にも質問した件ですが、学とみ子から以下の書き込みがありますので、ご教授いただければ幸いです。

幹細胞は、さまざまな細胞を作り出す能力(分化能)と、自らと同じ細胞に分裂できる2種の能力を持つことが必要とされています。成体にはさまざまな臓器・組織があり、それらを作ることのできる幹細胞も、臓器・組織ごとにあります。生きた生物の中で、幹細胞は存在して、生命が維持されています。一方、人工的な幹細胞は、受精卵ES、ntES、iPS,などがありますが、これらES細胞の由来は1個の細胞です。つまり、人工的なES細胞は、1個の細胞から人工的操作の手を入れて、作られます。そうなるとSTAP細胞1個から操作を加えて幹細胞したと考えたいのです。つまり、体細胞(STAP細胞)から幹細胞をつくるには、現状で、ntESしかないのではないか?STAP幹細胞は、核移植操作が加わらなければ作製できないと考えて良いですか?

No title

学って
ちょっと勉強不足だね。ブログやるくらいの暇はあるんだから、
ちゃんと勉強しなきゃだめだよ!

No title

一市民
>一過性の現象を一過性に終わったから嘘だとか、ねつ造だとか言わず、実験者の努力は社会全体でサポートされるべきと思う。

一過性の現象を一過性に終わったから嘘だとか、ねつ造だとか言ってるわけではないと思いますが。
論文内容もデタラメ、データもない、そんなシロモノに一億何千万も税金が使われたことが許せない。

No title

yap*ari*w*katt*na*
>一過性の現象を一過性に終わったから嘘だとか、ねつ造だとか言わず、実験者の努力は社会全体でサポートされるべきと思う。

日本には一体何万人の研究者がいて、どれだけ努力しているのか、それを社会全体でサポートなんて、正気の沙汰ではないですね。

STAP論文では、研究不正と認定された4件以外にも多数の疑義があり、多くは小保方氏が実験データを提出しなかったために不正かどうか認定できないというだけで、明らかにおかしなデータが山ほどあります。一体、どこまでが本当でどこまでが嘘なのか不明な状態です。

もし小保方氏が全てのデータを提出して、ここまでは本当だと明らかになり、その本当の部分が今後研究すべきポテンシャルがあるというなら、まともな研究室が正式に予算を取って研究すれば良いだけで、それが社会全体でのサポートということになるでしょうね。
科学的知識の欠如した感情論者がギャーギャー騒ぐことは社会全体のサポートではありませんよ。

No title

yap*ari*w*katt*na*
>若山氏は、研究室で入手しやすいアクロシン入りマウス由来の細胞の柔軟性に注目していたがために、STAP実験用に、その細胞を小保方氏に提供したでしょう。

出鱈目を書くのはやめましょうね。

アクロシンは精子で発言するタンパクであり、精子の研究に使用されるものです。

STAP研究で使用するとは考え難いし、若山氏の実験記録からもアクロシンGFPの挿入されたマウスをSTAP研究に使用したという情報はありません。

妄想を事実のように記載するのは良くないですよ。

No title

plus99%
若山氏が当時行っていた実験の知識を小保方氏に与えず何かを独り占めしようとしていたという想像をお楽しみなのだと思うが、
現代の研究者は先達の積み上げた高い塔に登ることができるが故により彼方を見ることが可能なのだ、研究者の使命はこの塔に小さくとも石をひとつふたつ積み足し、後進がより彼方まで見通せるようになることに貢献することだ、という「知」へのリスペクトを思うなら、
ろくな説明や証明をせずデータを持ったまま消えた小保方氏の行動は、若山氏を小保方氏に、小保方氏を世の中の他の研究者に変えれば、学とみ子さん他が若山氏が行ったと想像する悪行と同じ性質のものだとわかる。
笹井氏の使った使徒という表現の重みはそうしたリスペクトだと推察する。
Lさんのもう遅いという嘆きもまた、同じリスペクトから発せられたと推察する。

No title

yap*ari*w*katt*na*
なんだかもう、妄想小説を書かれているかのようですね。

>最初は、バカンティ研で、特殊な細胞反応に気づいた人たちがいて、その現象を解明しようと他の人々があつまってきたはずでした。

バカンティー研究室での小保方氏の当初の研究課題は、バカンティーの仮説(妄想?)である「胞子様細胞(体内に眠る多能性幹細胞で通常の細胞よりも遥かに小さい細胞)」の単離でした。そのために、細いピペットで小さな細胞だけを単離しようとしていたのです。

この辺りから事実認識が間違っているので、お話にならないですよね。

この時、小保方氏が得た細胞に、本当に多能性があったのかどうかも今では不明ですが、、 (論文には疑義が満載で、誰も再現できたという話は出ていない)

途中から、「細いピペットで小さな幹細胞を選別した」のではなくて、「ピペッティング操作という刺激によって幹細胞が作成された」という仮説に変わり、様々な「刺激」を試しているうちに、なぜか「酸性刺激」に行きついた、という経緯ですね。

No title

体内時計
>若山氏は、研究室で入手しやすいアクロシン入りマウス由来の細胞の柔軟性に注目していたがために、STAP実験用に、その細胞を小保方氏に提供したでしょう。

残念ながら、まろんさんの丁寧なご忠告は学さんの心に届かなかったようですね。ご自分が何を書いているのかわからない人にブロガーは向いていないと思います。

「STAP事件の正しい理解を社会に広める会」で、モンキーさんという方が、「一研究者・教育者ブログ」の在米ポスドクさんのコメントを紹介されていましたが、素晴らしい名文だと思います。
学さんが人の命を預かる医師であったことにプライドを持つのであれば、一読されることをお薦めします。

ttp://blog.livedoor.jp/pyridoxal_phosphate/archives/57682248.html#comments(4459. 在米ポスドク 2016年07月12日 02:47)

No title

学とみ子
> dsd*****様、コメントありがとうございます。一流文学のような名文です。

No title

-
>一過性の現象を一過性に終わったから嘘だとか、ねつ造だとか言わず、実験者の努力は社会全体でサポートされるべきと思う。

「あの日」p135 笹井先生の言葉
「僕はね、科学者は神の使徒だと思っているんだ。科学の神様はね、ときどきしか見せてくれないんだけど、チラッと扉の向こうを見せてくれる瞬間があってね、そこを捉えられる人間は神様に選ばれているんだよ…。」

笹井先生は小保方さんの発見した、胚操作をしない酸浴でOct4GFPを発現し三胚葉分化細胞を見て、円熟した自分達にはもう出来ない、彼女の未完の科学者としての資質に惚れたと思いますよ。いきなりのDC1獲得、アメリカ留学、バカンティー教授の援助。山梨大学に小保方さんをどうしても連れて行きたいと切望した若山氏しかりです。
小保方さんが会見で涙ながらに「STAP細胞はあります。」と言った光景を想うと、神様に選ばれた彼女の不憫な現状を見るのが辛いです。彼女に再び研究の機会を何としても与えたい。今なお癒えない彼女の症状の特効薬は研究実験する環境です。

自死した笹井先生の小保方さん宛の手紙の中で小保方さんは宿題をもらったままなんです
非公開コメント

トラックバック