ハンドルネームのネット環境ではハドメが難しい。行き着くとこまで行かないと、人は反省できない弱い面がある!

読者の皆様のお怒りやら、おもしろがりやらがよせられ、このブログの方向性も難しいところにさしかかってしまいました。とりあえず、ESねつ造派からの攻撃が激しいので、再び承認制に戻しました。前ブログも承認を再設定いたしました。
誤字脱字の件は、せっかく書いてくださる方に悪いのですが、ご愛敬ということにいたしましょう。

せっかくコメントくださる方も、他の方からの悪意あるコメントに怒って、もう絶対にここに来ない!となった方もいるでしょう。
貴重な情報をくださる方も来なくなるかもしれません。
仮想、現実空間を問わず、去る者を止めることができません。

ヤフーの設定では悪口を来なくすることは可能ですし、自分ワールドを楽しむこともできます。
しかし、誰でも、抗議や批判を受け取る姿勢は求められますし、相手への攻撃、批判にもハドメが必要です。

批判を避ける一つの手段として、今回、hideさんが見本を示してくださったのですが、独り言と書いて自由に投稿するのもひとつです。証拠を出せ!とか、間違っているとか!バカマヌケ!と言われても知らん顔をします。批判の予防線ですね。

他人に文句を言わないでおいて良かった!、批判しないでおいて良かった!と後から思うことは、誰でも実生活で経験していることです。
しかし、ハンドルネームのネット環境ではハドメが難しいですね。
行き着くとこまで行かないと、人は反省できない弱い面があるからでしょう。
そのハドメが承認制でしょうか?

前回ブログでは、冷凍庫のボックスの件など不毛な議論が起きていましたが、初心者向けの情報を出す人にはがっかりですね。もう、そこはみんな知っているというような情報をね。

STAP論文は、海外のサイトから不正が発信されたという書き込みもありましたが、ここはもういいですね。

実際には、論文発表が出る前から、STAPはESだという情報が海外へすでに漏れていたんですから。
STAP幹細胞の遺伝子解析は複数の人たちがかかわるし、その情報が漏れないように若山研究室は、サンプル名を変えてGRASに提出する状況だったのでしょう?

査読者からも発表前にすでにES論が指摘されているわけだから、著者たちは皆知っていました。
理研の上層部も不穏な動きを知っていていました。

つまり、最初から、STAP幹細胞はESじゃないか?と疑われているし、ましてSTAP細胞が均一細胞の遺伝子構造だったら絶対にESが疑われるでしょう?
小保方氏も、「あの日」にSTAP細胞が増えていくのはおかしい(びっくりした!)と書いています。
だから、彼女も異変を知っていました。したらばでは、彼女はテラトーマがおかしいことにも気づいていたとあります。
おかしい!おかしい!と、噂はすぐスモールワールドに広がって行きます。

だからES論を、打破できるような論文にして、著者たちはがんばったのに、主要実験者の若山氏の変心により、ES論へのなだれ現象になったのですよね?

海外サイトから偶然に論文不正が指摘されたとか、誠実なる研究者たちががんばって不正をみつけたとか、そういうことを書く人は、このブログではスルーされてしまいますよ(バカにされます)。

話は変わります。アホかいなさんから以下のコメントです。愛嬌のある文章ですね。
ポロリと愛嬌ある笑顔を見たような印象ですね。

学さんも、私を研究者の端くれと誤解してくれているようだから、中の人を演じるのも面白いかも・・・
 でも、誰かさんみたいにアッと言う間にメッキが剥げたら恥ずかしいしねぇ。ま分不相応なことはやめとくわ

せっかくいただいたのですから、少し質問してみます。アホかいなさんはどういう身分の方なんですか?どういう身分の方を演じている(つもり)ですかの答えでも結構です。

いぜんに、kansoさんが、研究所に働く人たちの身分について触れたことがありました。
研究者たちの栄光と挫折と、研究所のその他の所員の光と影を考えてみます。

PIになって科学者と呼ばれる立場の人と、それ以外という大きな二分化構造ですかね?
博士の学位をもっているかどうかも大きいのでしょうね?

PIの中でまた、身分があると思いますが、PIはその人自身で予算をとったり、研究計画を立てることができるようです。さらにキャリアアップしていく過程で、学閥派閥の壁、運との闘いがありそうです。

特に最近は、実績主義の導入により、安定した職としての研究職が無くなってきているようで、メンタルトラブルをかかえこみやすい職場環境がさらに悪化しているようです。

そして、研究組織には、(Kansoさんの話では)研究者とは呼ばれない人たち、実験の手伝いとされる身分の人がいるようです。
想像するに、この人たちの中には才能や実力があったり、実験がすごく上手な人たちもいるでしょうが、自身では論文の筆頭著者にはなれない立場の人たちなのでしょうね。

そうした人は、努力して独学で克服する人もいるでしょうが、逆に、努力するだけつらくなるという職場環境ではないか?と心配しますね。
いずれにしろ、この層の人たちのメンタルは悪くなる要因に満ちていますね。

病院でも身分はありますが、最近は特に職域の違いという感じになっています。
ですから、それほどぎすぎすはしないですみます。
患者さんという中間層があるので、患者層のためにそれぞれの職種が協力し合うという状況をつくりやすいと思います。

研究所も、価値ある研究に向けてそれぞれが協力しあうという環境でしょうが、病院での患者さんのような中間層が無いため、関係者が対立し始めると深刻になりそうですね。

(この記事は、俗っぽい内容なので、承認制になっています。)
スポンサーサイト



コメント

No title

nte*****
Ooboeさん
>相沢先生は、STAP問題の社会的人事的
事案以外なら、
パ-トナからの
素人科学質問に親切丁寧にこれまで
ご説明いただいてきました。

>パ-トナが「L」さんに検討依頼されて
いるのは、STAP問題の社会事案ではありません、純粋に科学的検討事項です。

相澤さんが、社会的人事的事案以外ならと条件を付けられたのでしょうか。研究者ならそういう立場をとられるでしょうね。
Ooboeさんとパートナーさんの告発の件を知ってそのような条件を付けられたのだとしたら、やはり告発に協力という形で踏み込む気持ちはないのではないでしょうか。

Lさんには科学的事案を検討していただきたいとのことですが、背景にOoboeさんとパートナーさんの告発の件があるなら、やはり純粋な科学的事案に留まらず社会的事案に踏み込むことになってしまうのではないでしょうか。

相澤さんとLさんの真意はわかりませんが、科学的事実を重んじていらっしゃることは確かだと思います。
それぞれにSTAP実験に実際に立ち会ってこられた方々ですしね。

No title

Ooboe
nte*****さん

パ-トナが「L」さんに検討依頼されて
いるのは、STAP問題の社会事案ではありません、純粋に科学的検討事項です。

有志の会
Ooboe3922、3923、3925、3927、
3928を閲覧していただきたいと思います

「あの日」76ペ-ジから100ペ-ジに
おける小保方晴子さんの研究過程の
記述があります。そこの各研究段階に
おける小保方の着眼点や新た研究テ-マ
の捉え方などのヒントから、
パ-トナは素人発想しています。それを

「L」さんに検討依頼したのです。
ご返答がありませんので、お忙しいのか余りにも検討に値しないか、ではないか
と推測いたしています。

No title

Ooboe
nte*****さん

コメントありがとうございます。
相沢先生は、STAP問題の社会的人事的
事案以外なら、
パ-トナからの
素人科学質問に親切丁寧にこれまで
ご説明いただいてきました。

現在相沢先生は、ある纏めものの作業に
集中しておられるので、素人質問の
お邪魔を控えているとのことです。

No title

nte*****
Ooboeさん

相澤さんやLさんから協力の返答がないのは、小保方さんに同情、応援はしているとしてもお二人は Ooboeさんやパートナーさんが考えている社会事案には触れる気持ちがなく(あるいは賛同できず)、科学事案として考え関わっているからではないでしょうか。

お二人とも彼女が不正認定されたことには異議はないでしょうし、彼女の方法でSTAP細胞が作れないことも承知していると思います(相澤さんは検証実験を見ており、Lさんは自ら実験していました)。

研究者の方には、科学事案で納得してもらえなければ動いてはもらえないのではと思います。

No title

Ooboe
mさん、お久しぶりです。

mさんへの、私のお願いを以後
お受け止め下さっておられ
嬉しく拝見させて頂いています。
書き込み方のアドバイス
ありがとうございます。おそらくドジな
私ですので
試行錯誤してしまうと思います。

No title

nte*****
学さん
>だからES論を、打破できるような論文にして、著者たちはがんばったのに、主要実験者の若山氏の変心により、ES論へのなだれ現象になったのですよね?

STAP論文の主な実験者は小保方さんであり、若山さんは彼女の作ったSTAP細胞に多能性があるかを調べる実験をしていました。

彼女がしていた実験でSTAP幹細胞とES細胞を比較した時、STAP幹細胞のデータは限りなくES細胞に近いデータになったはずです。
しかし彼女は、STAPとESは違うというデータをねつ造していました。なぜ本当の、STAP=ESのデータをそのまま使わなかったのでしょうか。

論文発表前にSTAP=ESであるということがわかっていたら論文は発表されず、大きな騒ぎにならなかったしES論へのなだれ現象なるものもそもそも起きなかった(ES細胞そのものだったのだから)と思います。

No title

Ooboe
体内時計さん

パ-トナの告発は、
STAP問題における社会事案であり
科学事案ではありません

科学的検証は、不要のものでありましたですから、科学素人でも、立証は
可能な案件でありましたので
体内時計さんの、ご指摘の科学専門家にこの案件については、相談していません

科学事案に関わる考察は、素人ですから
反証をふくめ専門家の情報には、
柔軟に受け止めてきましたし、これからも素人なりに真は何か?を探したいと
思っています。
パ-トナは、素人としての発想を専門家「L」さんに検証してもらいたいと、
有志の会で検討事項を書き込んでいます
もし、体内時計さんが検討に値すると
思われますなら、是非ご所見を
頂きたく思います。

No title

Ooboe
体内時計さん

コメントありがとうございます。
STAP問題は、国民的問題であります。
司法に訴えるという行為は、当事者でない第三者のパト-ナの場合は、
告訴でなく、告発状提出という行為です
法律によって権利が定められています。

石川氏は、強力な発信力があるメディアに告発情報を広報できる傳があったし、
メディアも小保方否定の偏向スタンス
だったので窃盗容疑を大々的に、
とりあげました。
メディアにとって告発事案は
報道ニュ-スであります。

それに対しパ-トナはいろいろ
アプロ-チしましたが、ネットでしか
広報の手段がありませんでした

パ-トナは国民的問題であり国民利益に貢献される研究であった事案に鑑み
国民の一員としての第三者告発権利を
法律に基づき行使し、嫌疑をネットで
広報しました。
知らされていない客観的証拠資料に
基づき
国民利益への嫌疑情報を広報したものであります。

No title

m
> Ooboeさん

ごめんなさい(汗)確か「アンドロイド」をお使いでしたね。
アンドロイドのメモ帳はコピーがやりにくいようです。
自分もアンドロイドを使用しているのにいい加減な事を言ってしまいました。
確実なのはメール文に書き、そえを自分あて(Ooboe さんのアドレス宛)に送り「全文指定」から「コピー」でOkです。
めんどうですが長文の時にはこの方が確実だと思います。

No title

学とみ子
> nte*****さん、コメントありがとうございます。
ES混入を知っていたのではなく、ES論があるということを知っていたという意味です。
誤解を招く書き方をしてすみません。
いろいろな場面で、発表をひかえるべきだったことはあったと思いますけど、今はむなしです。

No title

m
学とみ子さん

全く、仰る通りだと思います。この騒動でのスタップ論文及び博論の不備を「たまたま」なんていうのはどう考えてもナンセンスです。子供でもわかる有りえない事だと思います。
承認制に関しては自分は、hideさんやOoboeさんと同じ意見です。




Ooboeさん

お久しぶりです^^

>私書き込みがノロイので、すぐタイムエラー表示がでてきます。
すぐエラーになりうまく出来ません。

最初に、「メモ帳」に書いておいてそれを貼り付けては如何でしょうか。
自分もブログの記事を書く際に、何かのエラーで全て消えてしまった事が何度も有り、その後はなるべくコピーするようにしていました。
スマホからの投稿はPCと違い色々と大変かもですが、参考になればです。

No title

nte*****
学さん
>査読者からも発表前にすでにES論が指摘されているわけだから、著者たちは皆知っていました。

>理研の上層部も不穏な動きを知っていていました。

関係者が発表前に混入を知っていたということはないと思います。
小保方さんがSTAP細胞はES細胞とは違うというデータ(のちに不正が見つかる)を出していたので若山さん、笹井さんらはそれを信じ混入を疑わなかったのだと思います。

もし共著者や理研上層部が論文発表前にSTAP細胞がES細胞であるとわかっていたら、論文発表はしなかったでしょうね。
STAP細胞は存在しないことになり論文の内容、結果とはまるで違ってしまいますし、再現できないことがわかりきっているのに発表しても意味ないでしょう。

>小保方氏も、「あの日」にSTAP細胞が増えていくのはおかしい(びっくりした!)と書いています。

そう思ったら実験中に誰かに相談すべきでした。その時のデータもないでしょうから彼女の証言を証明するものはありません。
彼女が正しく実験ししっかり記録を残していれば、どの段階でES細胞が混入されたかなどもっとわかったこともあったか

No title

Ooboe
私のこれまでの、パ-トナ入手資料報告
を、したらば掲示板で、分身さんの書記が、まとめて下さってます。
STAP事件面の真相究明にとっては
基本資料ですので、すぐ確認の
閲覧ができます。皆様の考察の糧に
してくださいね。

No title

Ooboe
学さんへ

私書き込みがノロイので、
すぐタイムエラー表示がでてきます。

こちらでも資料報告事を
アップして、それを基に皆様に考察して頂きたいのですが、
すぐエラーになりうまく出来ません。
報告事は、有志の会プログでいたしますので閲覧してくださいね

No title

体内時計
学さん
承認制に戻されたとのこと、とても残念に思います。
今後もこのブログは学さん始めとした擁護の方の妄想、事実誤認で埋め尽くされるのでしょうか。
OoboeさんはSTAP事件に無関係の第三者でありながら、一人の研究者を刑事告発しました。しかも、敢えて告発内容をネットで広める、という非人道的な行為を選ばれました。
そこまでして一人の人間を追い詰めるのであれば、自分たちの告発に間違いはないのか、専門家の意見にはしっかり耳を傾けるべきだと思います。
例え、自分が望むような意見でなくとも、耳の痛い内容であっても、相手が上から目線であっても、一人の人間を犯罪者扱いする以上、より正確な知識を得るべきだと思うのですが。
専門知識のないOoboeさん達が思い込みで行動することが本当に小保方氏の為になるのか、承認制が取れた事でこのブログでいい議論ができると思ったのですが、そうなりませんでしたね。残念です。
また、承認制にされるのでしたら、当然前記事の「2017/11/2(木) 午後 9:26 [ m ]」の様なコメントは承認されないのですよね。
学さんの倫理観を信じます。

No title

plus99%
確かにここのブログには承認制が相応という気がしますね。
フリーザーについての不毛な議論もある意味とても趣のあるものだったと思いますね。再三おやめになるよう言ったのですけれどね。不毛な発言というものがどのようなものかよく表されたと思います。
初心者向けの情報に関しては、こちらで結構古株と思われる方々が初心者向けと思われる情報をご存知ないようで発言者の方々が驚いていましたね。
そういった意味で前の記事はとても有意義な試みだったと思いますよ(笑)

No title

Ooboe
学とみ子さん

賢明なご判断ありがとうございます
しかしながら、短い試しでありましたが
いかに荒れてしまうことになるのかが
判ったことは、良かったのではないで
しょうか。
この短い試しで既得バイアスの懸かった
悪意コメントの判別が明確になったと思います。

今後は、小保方細胞否定論者であっても
その立場から真を求める姿勢が感じられるコメントなら承認され、生産的な
反証として受け入れる広い寛容な姿勢も
大切と思います。
大変な作業ですが、よろしくお願い
いたします。私Ooboeは、学さんをますます深く尊敬しています。
非公開コメント

トラックバック