証拠とかを示すのではなく、世に出た状況から考えられる可能性の紹介です。

アホかいなさんからのご指摘です。

>こういう事実から私はこう思うと書かなければ、さっぱりあなたの意図はわかりません。だから妄想だと言われるのです。

私の考え、いろいろ書いてきたのですが、妄想なら、現実にはあり得なくなってしまいますので、私のは想像と言わせてください。

学とみ子の考えは、”誰も混入しないとしたら、どういう状況を考えれば、STAP(幹)細胞は、ESと酷似の結果の説明できるのか?”です。
証拠とかを示すのではなく、世に出た状況から考えられる可能性の紹介です。
そして、私の考えも変化していきます。
しょうもないもの!と思う方は、これ以上、読んでも意味が無いでしょう。

小保方氏は、人間ウオッチングの能力は高いですが、気づかないふりもしなければならなかったでしょう。ボスたちのこちらを立てれば、あちらが立たずで悩んでいたと思います。

若山氏は、意識的にマウスの系統を内緒にしてきたと思います。やはり、勝手に論文を書かれては困るから、研究者として当然の戦略です。

アクロシン入りマウスが実験に使われた理由は、このマウスが、若山研究室でキープされていて使い易かった?、届け出が無くても使える?というのがあるかもしれません。
練習の意味合いだったのかもしれないとか考えました。
しかし、結果的にはこのマウスが曲者でした。

小保方氏も若山研究室もESなどは混ぜていません。
一流研究者たちがそこまではやらない!と考えられます。

理研の調査員たちは、この難解なSTAP問題の解決を押し付けられ、克明に遺伝子を調べ、ES混入説まで持ってきたと思います。調査員たちの努力の成果は十分見えるのですが、若山研究室が作ったストリーに影響を受けていると思います。

FLS,CTS,FES1などは、同じ細胞由来です。だから遺伝子が酷似しています。

誰もが、ESからSTAPが作られた状況を考えたと思うのですが、その方向は保証されていないと思います、細胞はチューブに入ってしまえば、いつどこで作られたかは、作者しかわかりません。ラベルが変えられたら、作者も間違えます。

最近、和もが説では、FES1はミトコンドリアDNAが混じっている可能性を指摘していています。
(これは以前、遠藤氏なども触れていたように思います)

母親由来に限定されるミトコンドリアDNAですが、胚盤胞にインジェクションされてできた動物では、ミトコンドリアDNAが混じる可能性があるそうです。つまり標準とされたFES1は、特殊な条件で作られた可能性が浮上しています。

以上、少し話がずれてしまいましたが、小保方氏も若山氏もESねつ造などはしていなくとも、本当のことを言っていない部分があると思います。

小保方氏は、「あの日」には本当のことを触れないように避けた部分がありますが、世間の人々に伝えたいことは盛り込んだと思います。
論文は研究者間での疎通の悪さ、不信感のトラブル下で書かれたとの事実が大事でしょうね。

ねつ造疑惑の世界の研究者たちは、発表までじっと構えていて、論文発表後、一気に攻勢に出ました。STAP細胞が単一細胞の構造であったのですから、科学者であればねつ造疑惑を必ず持つでしょう。
世界あげてのねつ造疑惑の高まりを感じて、若山研究室がとにかく疑惑から逃げようとしました。若山氏が予期せずして、気球が急に上昇してしまったため、若山氏はあわてて飛び降りたとのたとえ話を以前に書きました。

記者会見をした時の若山氏は、小保方氏への疑惑もあったろうし、彼女が何をしたのかわからず不信感はいっぱいだったでしょう。
若山氏は、記者からの質問に答える形で、「小保方さん自身で自らの疑惑を解明するべきです」と言っています。つまり、もう私(若山氏)は小保方氏を助けられないという意味ですね。
若山氏は彼に対するねつ造疑惑を打破し、彼と彼の研究室を守るという使命感で行動したと思います。

若山氏は小保方氏が論文を書くのに反対していたのですが、その気持ちを小保方氏は読み取ることができなかったのではないか?と以前にも当ブログに書いています。
小保方氏は自らの責任をここに感じているのかもしれません。
つまり、小保方氏は図表の改変とかより、若山研究室の実験結果の多くを用いて論文をしあげてしまったことを深く後悔しているのかもしれません。
彼女は周りのボスたちに勧められるままにそうなったのですが、科学者としてそうも言えないと感じたかもしれません。

そして、ここらあたりで、彼女が訴訟とかには出たくないと考えているかもしれないと・・。
又、小保方氏は、調査委員会に対して実験の実態を語らなかったり、弁明に躊躇したのかもしれません。

若山氏はアクロシン入りマウスでうまくいったので、OctやCagマウスでもうまくいく予定だったのに他のマウスではFI細胞はできなかったのでしょう。
アクロシン入り細胞に特異的に、培地条件でTS様の動きや、ES様の動きの双方を行き来したのではないか?と考えました(想像です)。

こうした幹細胞が登場する実験は、すべて若山研究室のオリジナルな実験です。
こうした実験はESに精緻した人でなくてはできないと思います。
若山氏は幹細胞を作っただけで、後の実験はすべて小保方氏にやらせたなどとの説明は通りません。

前回のエントリーに書いたように、実験の種類がすごく多いです。
胎盤の細胞をひとつひとつ数えて百分率で出したりしています。手作業による仕事です。

レター論文の後の方の実験では、幹細胞を使わず、STAP細胞をもちいた実験がありますが、これは若山研究室が関与していないかもしれません。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック