大胆ねつ造を企てるため、新人研究者がESを混ぜて、その先もさまざまな実験をねつ造したとするストリーは、一般人には容易に信じられない話である。

婦人公論最新号の小保方日記で、上層部組織(文科省を指すらしい)の意向があったと書かれている。小保方氏本人による明言は初めてなので、話題を呼んでいるようだ。

小保方氏がこのようにはっきり書いたことは、興味深い。
やはり、彼女の変化が見て取れる。以前とは異なり、世間は彼女をねつ造者として見ていないと小保方氏は信じるようになってきているのであろう。

アンチねつ造論の人の方が、社会には多いとの彼女の確信である。
つまり、手記前に彼女がつきまとわれていたであろう”小保方ねつ造者論”との被害妄想感からは、小保方氏は解放されつつあると感じる。

小保方氏は、手記を出版する前は、ねつ造者としてこのまま時が過ぎていくのは耐えきれなくなったと言っていた。世の中の人にわかってもらいたいとの思いで必死に書いた手記とのことだ。

しかし、実際に声をあげなかった一般人は、この事件をねつ造事件だったとは思っていないのである。STAP事件に関して、ねつ造以外の他の見方をしている人たちが多いことを、出版後の小保方氏が知ったことは、手記の一番の成果と思う。

彼女の住んでいた研究界は、陰謀術策渦巻く特殊な世界であったが、世間の人はSTAP事件を通して、研究界の闇に改めて注目し、ねつ造がしかけられてしまうことはある得るだろうと考えていたのだ。

とにかく、ねつ造説を確定させようと激しく騒いだのはマスコミであり、それをしかけたのは一部の科学者であった。ストーリーは周到に準備されていた。マスコミは、ねつ造を世間に広めようとする一方で、マスコミ自身が自らでネタばれをさせている状況を暴露した。
複数の科学者たちから、機密情報はいくらでも漏れていた。

マスコミは科学者からねつ造疑惑に向けた情報をもらって記事を書き、それをマスコミ独自のスクープであるかのように大はしゃぎで扱ったのである。

論文発表の席に並んだ主要著者が、1か月後には、自らの論文を否定したのだ。
そうした様相が異常であると、人々は思った。

“ねつ造の科学者“238頁にて、下村文科相が記者会見で以下のようにしゃべったと書かれている。
「国民的な関心が高い課題なので説明責任が問われる」と指摘し、「(理研が)調査するかどうかは理研が判断すること」と(下村文科相は)明言を避けたが、
「理研は国民が納得できるような対応を取って欲しい」と(下村文科相は)言った。

下村文科相の言葉は、一見、文科省トップとして当たり障りのない言葉とも聞こえる。
しかし、一方で、下村文科相の言葉は、科学や論文に対する知識人としての認識を欠いたままで発した素人っぽいコメントでもあった。

権力者のコメントは発信した本人より、取り巻き連中によって、その内容が変化していくのである。殿(との)の発した言葉は、大変な重みをもって家来に伝わってしまう。そして、殿の言葉を利用する輩がでてくるのである。
下村文科相に科学的な頭があったら、科学論文とはどういうものか?ねつ造とはどうした条件で生まれてくるものかについてのいろいろ持論を持っていたであろう。

理研が日本を代表する公的研究所であるのだから、そこから発された論文については、下村文科相からは科学者を擁護する発言が出ても良いはずだ。
つまり、理研の頭脳を集めたSTAP論文の研究者の立場を考え、下村文科相は、「ねつ造の判断は十分すぎる位、慎重にして欲しいと思う・・・。ねつ造は無いと信じたい!」位言っても良いのだ。
政治家が理研を日本を代表する研究所にしたいなら、理研の科学者を守る姿勢はあってしかるべきであろう。
しかし、実際の解決策は実にひどいものだった。
悪人を単独で設定した終わらせ方による表面的解決は、実に素人的である。

そもそも、下村文科相が、研究所で働く人たちの質(性格)や、論文そのものの在り方についてのあるべき論を持たないまま、不用意に建て前論を吐いただけだ。

ライバル同志の激しいバトルがぶつかり合う論文の質について、政治家が口をはさんではいけないのである。権力者の不用意な発言で、それを利用するするい人が現れ、税金の使われ方がねじまげられる。
人々は、文科省の学校認可でもいろいろ問題が起きていることをウオッチしているのだ。

毎月、すごい数で発表されている論文は、ほとんどが、所詮、新しい論文に上書きされていくべきもの(ダメなものは淘汰されるだけ)にすぎない。それでも、ライバルたちから激しく攻撃される運命にもある。

結局、有力政治家の建て前的な発言を、取り巻きの政治家や役人が曲解して、結果、理研内部の判断に政治的圧力がかかるような事態になってしまったのではないだろうか?
政治家や官僚からのコメントは、理研の事務職から科学者たちへのプレッシャーへとなっていくだろうし・・・。

政治家から圧力をかけられたと感じた研究所側は、ねつ造者を想定し、その人の悪行にすべて押し付けて解決したスタイルで終わらせるのが、国民の納得が得られると考えたのでないだろうか?国民の納得とはほど遠い最悪のコースへと突っ走た。

特殊なねつ造が行われたというストリーで終わらせても、国民の納得など得られない。
人々はそんなに単純ではない。
なにより、根幹から論文ねつ造を企てようとする科学者が現実にいると、普通、一般人は考えない。ESをたらっとまぜてほくそ笑むような人はミステリー小説の世界の人であると考えるのが普通だ。

特別にたちの悪いねつ造者がいたとすることは、国民の納得とはほど遠いものだ。
性格異常者の存在を設定しても、可能性が薄いのである。

むしろ、権力抗争があったかもしれない、研究事故や研究妨害をごまかすためにしくまれたのではないか?ライバルを陥れる手段だったのかもしれないなどの内紛説、陰謀論、目くらまし説を考える人の方が多いと思う。
研究所でおき得るトラブルをある程度、明らかにすることが国民の納得ではないのか?

STAP事件で騒いだのは科学者一部とマスコミなのだ。
ねつ造のストリーは、科学者たちが作っている。
50代、60代の人生後半となった一般人は、多かれ少なかれ、陰謀に近い経験を自ら持っている。そうした経験を思い出して、そうした目で事件を考えるのだ。

秀才が集まる競争がとびきり激しい研究者界では、むしろ、ねつ造より、ねつ造事件が仕組まれる方が多く起きやすいと考える人の方が多いと思う。

まして、今回は、恵まれた生育環境で育った新人の若い女性科学者によるねつ造事件であり、彼女がESを混ぜて、その先もさまざまな高度な実験をねつ造したとするストリーは、一般人には容易に信じられない話でである。
スポンサーサイト



コメント

No title

アホかいな
学さん つづき
仮に小保方氏以外の人がES細胞を混入したと解ったとしても、前コメントでも言ったように、小保方氏がデータの捏造、改ざんをしたという事実はそのままだし、STAP細胞の存在が確かに証明されたことにも全くなりませんから、小保方氏の名誉が回復することもありません。
実験記録がなく実験結果が正しいと言える証拠は何もないわけですからね。小保方氏の名誉が回復できる唯一の方法は、実験記録と作成したSTAP細胞、その他解析に使った試料とそれから得られた一次試料など必要なものを漏れなく提示して実験の説明をきちんとすることだけです。いくら手記や日記で異を唱えてもなんの足しにもなりません。

No title

アホかいな
折角の学さんの質問だから私の気持ちをお答えしましょう。
桂調査委員会がES細胞の混入者を特定しなかったことは、スッキリしないし、不満があります。でも、専門の調査委員会が当事者から聞き取り調査をしたり試料の分析をしたりしてもES細胞の混入者を特定できなかったわけだから、調査委員会よりも遥かに情報の入手が困難な外野があれこれ想像を逞しくしても真相は解りようがないので無駄なことだと思っています。ES細胞の混入者が特定されたとしても、小保方氏がデータの捏造、改ざんをしたという事実は消えないし、懲戒処分の結果も変わることはないですから。だから、これ以上のものは望むべくもないと考えているので、特に私に取って解明すべき謎はありません。
学さん、小保方氏はSTAP論文以前の大学院時代の論文からデータの不正をしていることについてあなたの見解を聞いた私の質問にも答えてくださいね、

No title

アホかいな
学さん つづき
桂調査委員会が認定した2件は、細胞増殖率のグラフについては、小保方氏の出勤記録と突き合わせて出張していて不在だった日に実験が行われていること、メチル化の図についてはGRASの解析機器にの残されていた小保方氏が依頼した解析結果では、この図が作成できないことが確認されたという物証により認定されていますから。この物証を突きつけられて小保方氏もデータの捏造を認めざるを得なかった訳です。

No title

アホかいな
学さん
だから何回言えば解るのですか?ES細胞の混入者は不明だから問題になってないのです。あくまで懲戒処分の対象は小保方氏のデータの捏造改竄に限られているのです。それには若山氏がどの系統のマウスを渡したかなんて関係ないわけです。小保方氏のデータの捏造改竄は、他の証拠に基づいて認定されているし、小保方氏は実験記録や生データという証拠を示して疑惑を晴らすことができてないからです。ちなみに、石井調査委員会で認定された2件は、悪意の有無が争点でやった事実については争いがないので結論を動かしようがありません。悪意と内心まで証明しなければ不正認定できないとすると、不正をした人はみんな「悪意のないミス」「やってはいけないと知らなかった」と主張すれば不正認定されないことになってしまいますから。だから外形的な事実に基づいて認定されたのです。

No title

アホかいな
makotosaruta
実験をした細胞について実験記録がないというだけで研究者としても実験としてもお話にならないのです。しかもきちんと細胞数の計測もしていないし、植え継ぎ時の稀釈率さえ1/4と言ったり1/8、1/16と言ったりしているし、全く実験になっていないのです。どこを取っても不正です。あなたのコメントは少しも小保方氏の擁護にもなってなくて、却って小保方氏のダメダメぶりをアピールしてますよ。(笑

No title

体内時計
>小保方氏が細胞増殖率測定の為に何のES細胞株を使ったか記憶にないのは培養皿でもらったからでしょう。
>そのため、調査委員会は作成者に聞いたでしょうね。小保方氏にどのES細胞を渡したのか。
>全ゲノム解析されたのが129B6F1ES6だったところをみると、小保方氏に渡したES細胞は129B6F1ES6だったんでしょうね。

全て想像ですね。
議論する必要はないと思います。

No title

体内時計
>小保方氏がSTAP細胞作成時にはES細胞の培養は行っていなかったと言ったのは、最初のキメラが出来たときの話を言っているのでしょう。これについては若山氏も同じように言っていたましたから矛盾はないです。

【質疑応答・全54問】小保方さんSTAP細胞記者会見全文 ttp://logmi.jp/10299
小保方「まず最初STAP細胞を作成していたころ、研究室内ではES細胞の培養は一切行っていない状況でSTAP細胞の研究は行われていました。ですからES細胞のコンタミということが起こりえない状況を確保しておりました。」

若山氏は「私はSTAP-SCを129B6GFPマウスから樹立しました。その当時、我々はその系統のES細胞を持っていませんでした。」と仰っていたと思います。
小保方氏が言われた「最初STAP細胞を作成していたころ、研究室内ではES細胞の培養は一切行っていない状況でSTAP細胞の研究は行われていました。」とは異なると思いますが、小保方氏のように若山氏が仰っているエビデンスがあれば教えて下さい。

No title

makotosaruta
小保方氏がSTAP細胞作成時にはES細胞の培養は行っていなかったと言ったのは、最初のキメラが出来たときの話を言っているのでしょう。これについては若山氏も同じように言っていたましたから矛盾はないです。

No title

makotosaruta
小保方氏が細胞増殖率測定の為に何のES細胞株を使ったか記憶にないのは培養皿でもらったからでしょう。そのため、調査委員会は作成者に聞いたでしょうね。小保方氏にどのES細胞を渡したのか。全ゲノム解析されたのが129B6F1ES6だったところをみると、小保方氏に渡したES細胞は129B6F1ES6だったんでしょうね。しかし、このES細胞ではAC129はつくれませんね。せっかくもらったES細胞をSTAPねつ造に何故、使わなかったんでしょうね。

No title

アホかいな
makotosarutaさん
確かに私が例示したのは状況証拠です。
過去の論文にゾロゾロと不正があるからと言ってSTAP論文でも不正をしたとはいえません。ただしこういう不正を重ねたてきたということは、小保方氏は正しいということも、小保方氏を信用することもできないということです。それと、makotosarutaさんが捏造という言葉で何を指しているかは不明ですが、データの捏造は調査委員会で証拠が示されていますし、4件のうち2件は小保方氏も認めています。もしES細胞の混入を指しているのなら、調査委員会は混入者は不明としたし、批判している人もこれを小保方氏の捏造と主張してはいませんよ。

No title

体内時計
stemnessさん③
また小保方氏は会見で、STAP細胞を作成時にはES細胞の培養は行っていなかった、とはっきり述べES細胞のコンタミを否定していましたが、細胞増殖率測定のグラフ作製の為に、ES 細胞を2011年の春から夏にかけて培養していたことが明らかになりました。
あなたはこの矛盾をどう考えますか?

No title

体内時計
stemnessさん②
129B6F1ES1の樹立は2012年4月19日です。報告書のどこを読めばあなたの様な解釈ができるのか、教えてください。

>調査報告書を読むのは良いとして、ど素人の浅はかな思い込みと言うのは恐ろしい。

あなたは専門家の様ですから教えてください。小保方氏は「ES 細胞を 2011年の春から夏にかけて」培養したということですが、このES細胞が何だったのか記憶がないそうです。あなたの感覚ではあり得ることでしょうか?

また、11月5日の記事「桂調査報告書を、STAP肯定論的にとらえていくのも悪くないと思います。」の「2017/11/8(水) 午前 0:45[ stemness ]」で、あなたから頂いたコメントに対し、「2017/11/8(水) 午前 9:19[ 体内時計 ]」で反論していますが、お返事をいただいていません。
専門家の方からの見解をお伺いしたいので、よろしくお願いします。

No title

体内時計
stemnessさん①
>彼女はES細胞129B6F1ES1を細胞増殖率のgraphに使ってない。だって存在しないものは使えないじゃないか。報告書には彼女の聞き取りから129B6F1ES1はconfluent=culture dishに蒔かれたES細胞が飽和状態になる細胞数を10^7となる値を参考にしたと言っているだけ。

報告書17~18頁
「聞き取り調査時の小保方氏の記憶によると、ES 細胞を 2011 年の春から夏にかけて、STAP 幹細胞を 2012年の 1 月下旬〜2 月に培養を開始したということだが、小保方氏の出勤記録では、この頃に 3 日に1回、実験ができた時期は見つからなかった。」
「(2)細胞の計測について、小保方氏は、最初は細胞数を計測して培養を開始し、コンフルエントになるまで培養した、コンフルエントになった細胞をトリプシン処理した後、コンフルエントになった細胞数は129B6 F1ES1の細胞数を参考に10^7個と計算し、再びコンフルエントになるまでにかかった日時をグラフ化したと説明した。」

No title

makotosaruta
ねつ造否定派がどう考えるかを一言で言うなら、それらの論文不正をいくらあげつらってもSTAP細胞のねつ造の証明にはならないということです。ねつ造だというなら状況証拠をいくら並べても無駄で、直接的な証拠を示すべきです。あいつはこんな嘘もあんな嘘もついたから、俺の物をとったに違いないというのは冤罪をつくります。

ところで、某所で、GRASに残っていたSTAP細胞のSNPパターンがAC129とは違うというのが話題になっていますが、129B6F1ES1=AC129≠STAP ChIP-seq controlでこれはESねつ造を否定する証拠だと思いますが、ねつ造派はこれについてどう考えるか説明してくださいな。

No title

アホかいな
学さんへつづき2
というように、小保方氏の大学院の時代の論文から恒常的に不正があり、小保方氏の不正は常習としか思えません。
これらの事実を学さんはどう考えるのか説明してくださいな。

No title

アホかいな
学さんへつづき
3、Tissue Engineering誌論文
博士論文の元になった論文。コピペ、多数のデータの使い回しが指摘され、この論文の指導者であり、雑誌のeditorであるVacanti氏が勝手にデータを削除したり入れ替えたりして、疑惑だらけ、訂正まみれの訳の解らない論文になっています。(これも文科省ガイドラインやハーバードの規程では不正)
4、Nature Protocols論文
小保方氏が修士課程のときの研究をまとめた論文。やはり疑惑が指摘され、Nature編集部は、生データを確認したいとしましたが、小保方氏からは返事がなく、共著者の岡野氏、大和氏、常田氏によって生データの存在が確認できないとして撤回されました。(これも文科省のガイドラインからすれば不正)

No title

アホかいな
学さん
小保方氏の不正がSTAP論文だけなら、あなたの主張も解らなくはないです。でも、小保方氏が筆頭著者である論文は次のような状態になっています。
1、Nature論文2報
ご存じSTAP論文。4件の不正が認定され撤回。その他にも生データや実験記録がないため不正とは言えない、不正とは断定できないとさらたものの、疑惑が6ヶ所(これも文科省のガイドラインからすれば不正)あります。
2、博士論文
多くの疑義が指摘され、再教育たなったけれど、結果は書き直しの論文が完成せず博士号取り消し。多くのコピペ、著作権侵害が認定されています。とりわけ実験結果の画像がバイオ企業のHPの画像のパクりであったことは深刻な問題です。
これらも文科省のガイドラインに照らせば不正です。

No title

あのね
> 体内時計さん

>小保方氏は細胞増殖率測定のグラフの作製で「129B6F1ES1を参考にした」と調査委員会に述べています。しかし、小保方氏がES細胞,STAP幹細胞を培養し、計測していた時期時は、まだ129B6F1ES1は樹立されていませんでした。存在していない細胞を何故参考にできるのか。
信じられない話ですよね。


調査報告書を読むのは良いとして、ど素人の浅はかな思い込みと言うのは恐ろしい。彼女はES細胞129B6F1ES1を細胞増殖率のgraphに使ってない。だって存在しないものは使えないじゃないか。報告書には彼女の聞き取りから129B6F1ES1はconfluent=culture dishに蒔かれたES細胞が飽和状態になる細胞数を10^7となる値を参考にしたと言っているだけ。
彼女に限らず論者が細胞増殖率のgraphを評価するのは、実験後ずっと後の論文作成段階の時点だ。

No title

学とみ子
> 体内時計さん、

>「ニヤッとして混ぜた」と思っている人はいないと思います。そういう学さんの愚劣な書き方は何とかならないのでしょうか。

このブログは優等生的なものではありません。
「ニヤッとして混ぜた」は、マスコミ的興味本位であると思います。ですから、不適当と言われればそうだと思いましたので、削除しました。

学とみ子は、無から有を生み出す努力を大事にしていますので、そうした才能に憧れます。

無から有を生み出し、それを社会に認めさせるには、非凡な才能が必要です。新しい現象には、間違いや失敗がつきものですし・・・。

No title

体内時計
>恵まれた生育環境で育った新人の若い女性科学者によるねつ造事件であり、彼女がニヤッとしながらESを混ぜて、その先もさまざまな高度な実験をねつ造したとするストリーは、一般人には容易に信じられない話でである。

「ニヤッとして混ぜた」と思っている人はいないと思います。そういう学さんの愚劣な書き方は何とかならないのでしょうか。
報告書17頁には、要約すると「小保方氏は希望の解析結果を得るために複数細胞種を混ぜた可能性が高い」という趣旨の事が書かれています。
小保方氏はこれに対して反論していません。これ以外にも報告書で指摘されたあり得ない事柄にも「あの日」では触れていません。

小保方氏は細胞増殖率測定のグラフの作製で「129B6F1ES1を参考にした」と調査委員会に述べています。しかし、小保方氏がES細胞,STAP幹細胞を培養し、計測していた時期時は、まだ129B6F1ES1は樹立されていませんでした。

存在していない細胞を何故参考にできるのか。
信じられない話ですよね。
非公開コメント

トラックバック