その2 ポジティブシンキングの立場に立てば、小保方氏擁護の部分はキラ星のように見つかる。

前エントリーにひき続いて、相澤論文の査読者であるオースティンスミス教授、イレーン ラザロ氏 (Irene de Lazaro氏、マンチェスター大学)の文章を紹介しよう。

幹細胞研究の大御所であるオースティンスミス教授は、キメラ達成をもって軸とするのをSTAP論文と呼び、脾臓細胞から万能性を獲得した細胞をSTAP細胞と呼んで、言葉の使い分けを意識して文章を書いてくれている。

オースティンスミス教授は、最初に概略を述べている。第三者の人が実験の様子を監督する状況で、小保方氏が作成したSTAP細胞が、以後のキメラの実験に使われたが、STAP論文は再現できなかったとした。科学界にとって不透明な疑問として残っていた部分について、相澤氏らは再現実験を行い、その結果、有用なデータを得たのが、今回の相澤論文であると評価している。そして、蛍光を発する特徴的な細胞形態から、小保方氏がSTAP細胞らしきと判断できる凝集塊を得ることができたと言っている。(ここ大事です)

オースティンスミス教授は、状況が明らかになったのは良かったと言っている。しかし、オースティンスミス教授はこれ以上は語らず、ただ、良かったといっているだけである。

知的な常識人であれば、STAP論文の背景には、公表できない裏事情があることを悟ると思う。それぞれネーチャー論文を担った実験者の立場に配慮して、オースティンスミス教授は多くを語りたくないと考えたと推察する。

彼は、単純にESが混ぜられてSTAP細胞ができたとは考えていないと思う。ESねつ造説なら、あの膨大で精力的なSTAP細胞とES細胞の比較実験はどうなってしまうのか?研究者なら、まず、ここが気になるところであるはずだ。

理研はお家の事情で語りたくないようなので、オースティンスミス教授もつっこまないというスタンスなのではないだろうか?

しかし、科学的見地から、オースティンスミス氏は、1回目の査読では、レポーター遺伝子(GFP)の入っていない野生型マウスでは、蛍光はどうなるのか?ESの緑色蛍光の強さと比較するとSTAP細胞ではどうか?子宮に戻す前の注入胚の細胞が生きているかの確認をしてるか?どの位の量の細胞があればキメラ形成となるのか?などの、質問をしている。

一方の イレーン ラザロ氏は、以下のようなコメントであった。
多数の胚にSTAP細の注入を試みたデータからしても再現ができなかったとする結果であったとまず総括し、実験そのもののは良く組み立てられていると評価している。

イレーン ラザロ氏が疑問に思う点があり、そこを(相澤氏が)考察をすることで、相澤論文の役にたてば幸いだというソフトな論調で複数のコメントを語っている。言葉は丁寧だが、実際には、いろいろな興味深い重要な指摘をしている。

① 元ネーチャー論文では、FACSでCD45+を集めているが、今回はコマーシャル試薬(Lympholyte M)を用いているが、なぜか?

② CAG-GFPマウスが、元ネーチャー論文とは違う系統のマウスか?

③ 元ネーチャー論文では、STAP細胞を4.5日胚へ注入しているが、今回の相澤論文では、2.5-3.5日胚への注入になっているが、なぜか?

④ Tangらや、Angelesらは、赤色蛍光は、自家発光だと主張しているが、この点が明らかにされていないがどうか?緑色の自家発光なら、GFP抗体で消えるか?GFPのqPCRやGFP蛋白を測定するとかはしないのか?GFPを持たない野生型マウスと比較しても自家発光の有無がわかるのではないか?

⑤ 2016年に発表された丹羽らによる検証実験の論文成績があるが、厳しい監視条件下で小保方氏が作成したSTAP細胞を使用したのかどうなのか?

⑥ Angelesらは、自家発光を厳しく論じているが、どうなのか?

これらの,イレーン ラザロ氏の指摘に対して、相澤氏は次のように答えています。
① コマーシャル試薬(Lymphocyte M)を小保方氏が以前は用いていた。ですから、この実験がうまくいったら、次はFacsを用いてソートする予定だった。

② 元ネーチャー論文で使われたCag-GFPマウスの系統や種類は不明である。若山氏によればハワイ大学で維持していたマウスとのことだが詳細はわからない。Cag-GFPマウスの種類は元ネーチャー論文と今回の実験では異なるが、その違いが成績に影響したかはわからない。

③ 元ネーチャー論文では、zona pellucida(透明帯)に注入したとあるが、4.5日胚ではzona pellucida(透明帯)は消失している。そこで、私たちは、2.5-3.5日胚への注入となった。4.5日というのはタイプミスか、あるいは、若山氏による胚の発育を遅らすなどの独自の手技があったのかもしれないが、私(相澤氏)にはわからない。

④ GFP が光っているSTAP細胞凝集塊では、RT-PCR反応で確認できた。しかし、緑色蛍光が出ていても、必ずしもRT-PCR反応で確認できないが、これはpreliminaryなデータだ。

⑤ 丹羽氏のデータは、小保方氏の作成したSTAP細胞を用いたものでなく、私(相澤氏)の検証実験とは別物だ。

以上で、相澤氏の答えは終わりです。

以下は、学とみ子のブログ記事です。
これらのコメントなどを読んで、考えることは、人それぞれに多様と思う。

日本のような情報操作に巻き込まれていない外国なら、知識人たちはSTAP事件に対して、日本とは異なる評価があるはずである。、


スポンサーサイト



コメント

No title

m
>ため息氏の自分勝手な解釈コメントで都合の良いように書き換えるのが得意なようです。
なので、どのように書きかえるのかわわかりませんが


結局、スッタップ細胞事件も都合の良いように書き換えられたのではと疑問に思いますね。

何故なら、多くのアンチが「この人」を「先生」と慕っているからです(笑)

アンチのほとんどは、自分の頭で善悪の区別や人としての常識すら考えられない「愚かな人間」と言われても仕方がないと思います。

勿論、「syoukoさん」のようにご自身の頭で考え、人としてのモラルや常識を理解し批判するのなら、それはそれで良いとは思いますが・・・

No title

m
ため息さん。

じゃなかった、別ハンネ投稿の
> 自称、Tさん

卑劣な成りすましと言うのはあなたの事です(笑)
自分はもう、すでに分かっていますし、他の援護派の方々も十分、おわかりだと思います。

あなたは「バ科学者」がこの世に送り出した「人工知能」そのものだと思います。
その考えの浅はかさ、人間なら3歳の子供でもわかる「常識」の無さ、機械的な卑劣なコメントや記事・・・

はっきり言って、論外なんだよ。

No title

m
ため息ブログに久しぶりにコメントしました。
このブログは都合の悪いコメントはすべて伏字にし、ため息氏の自分勝手な解釈コメントで都合の良いように書き換えるのが得意なようです。
なので、どのように書きかえるのかわわかりませんが、アンチの人たちにもその卑劣さがどれほどのモノなのかを解って頂ければと思います。

No title

T
s>youko より:
2017年12月12日 11:33 AM (編集)
私は、実は批判派です。
でも、「ため息ブログ」でのため息氏の記事は残念ながらみなさんが仰るように卑劣で幼稚と言うしか有りませんね。
いじめを平気で行くようなため息氏やその援護者には私もかなり呆れてます。
ただ、全ての批判者がそうでは無いと言う事だけはご理解頂ければ幸です。


ため息ブログでm氏が成りすましをしたことがバレてます(苦笑

小保方不正の会がm氏をアク禁にしたのは正解でしたね

まあ、ここは不正者を庇う会だからm氏も庇うんでしょうね

No title

m
> 学とみ子さん
悪口はこたえますね…

まあ~、彼はまともな人間とは思わない方が良いです。「畜生」レベルだと考えます。
自分は10年近くネットを見ていますが、彼は「悪徳出会い系のサクラ」」レベルの人間だと断言します!

ただ、まともな批判派もこの人に騙されないようにすべきだと感じます。。


某ブログに寄せられたアンチのコメントをコピペします。

s>youko より:
2017年12月12日 11:33 AM (編集)
私は、実は批判派です。
でも、「ため息ブログ」でのため息氏の記事は残念ながらみなさんが仰るように卑劣で幼稚と言うしか有りませんね。
いじめを平気で行くようなため息氏やその援護者には私もかなり呆れてます。
ただ、全ての批判者がそうでは無いと言う事だけはご理解頂ければ幸です。


アンチはアンチで言いたいことは有るかと思います。
それはそれで良いと思いますが人としての最低限のマナーも判らぬおかしな人間が何を言っても話に成らない事を、腐ったアンチは知るべきですね。

No title

Ooboe
mさん

お伊勢さんは、いいですよ!
心も体も、すがすがしくなった
体感を毎回感じています。
中国や外国の方々、
ヤンキー風のグル-プも
参拝を終わられた鳥居では
振り返えって拝礼していました。
その光景に思わず頬が緩みました。
外国の方々が
1000年以上、20年毎に本殿が再生されてきた日本の歴史の奥深さに感動するのは、日本人以上に感じていると思えます

お伊勢さんは
20年毎、
生命の初期化(リプログラミング)再生を
象徴しているように感じます。

No title

学とみ子
> mさん
コメントありがとう。
悪口はこたえますね…

No title

m
> 学とみ子さん
こんな頭でっかちな老人の私です。ため息氏が最も嫌うタイプでしょう。

ため息氏に関する事は別のブログでコメントしたので詳細は避けますが、学さんとため息氏とでは人間力がまるで違いますよ。
ちなみに、自分が最も嫌う人間は「ため息氏」のような人間です。



> Ooboeさん
伊勢神宮は行った事は事は有りませんが、一度は行きたいと思っています。
自分も実家へ帰ると昔よく遊んだ神社へ必ずお参りに行きます。
そこで不思議な体験をした経験も有るので、今でも気に成るのです。


神が存在するかどうかはあの世に行って見ないと解らない事ですが、
世の中には今の科学では説明できない事が沢山、有りますよね。それを解っている人たちはこの問題でのアンチの主張に納得できないのだと思います。

No title

Ooboe
学さん

日本には、祈りが通うじるか、否か、
や、信仰心にかかわらず
独特の自然に素朴に手を合わす文化が
根付いていると思います。
参拝の日にも10万人を越えて
いたでしょうか、いろんなタイプの方が
手を合わせていました。
そういうお祈りの意味あいの思いの
コメントでしたので、
素朴にお受け取りいただければと
思います。

No title

学とみ子
> Ooboeさん

>完全回復の暁に、

PTSDのようなメンタルな病気には、完全回復とか不回復とかのメリハリは無いですよね。
忘れようとか無理するとマイナスでしょう。医者が介入できるのは急性のみ、慢性化したら医者が出来ることは少ないです。

メンタルな病気の主治医は、患者より知的である事が求められます。笹井先生のような患者さんは、医者にとって荷が重いです。

学とみ子は無神論です。
各個人がご自身のことを神に祈るのは理解できます。
でも他人の事で、神に祈ってもむなしいかな…と感じる私です。

こんな頭でっかちな老人の私です。ため息氏が最も嫌うタイプでしょう。

誰も救いの手は、私には差し伸べ無いでしょうから…。

No title

学とみ子
Ooboeさん
>太刀打ちできなかったと思います 。

異常な状況ですね。

主治医が癌かどうかはわからないと 言ってる患者に対して、素人の権力 者が出てきて、この患者は癌だから 、危険な抗がん剤を、医者の責任ですぐ使えと命令 する状況みたいですけど…。

No title

学とみ子
> stemnessさん
ご教授ありがとうございます。

post‐traumatic distress syndrome という用語もあるのです。メンタルな病気の方は、ご指摘どうりのPTSDです。

No title

あのね
> 学とみ子さん

>(あの日)に書かれた監視内容は名誉毀損的なもの…。こうしたつらい事を思い出すと、PTDSはなおりません。

PTDS のSをきっとsyndromeと解されて誤記されていると思われますが、正確にはPTSD 「Post Traumatic Stress Disorder」ですよね。余計なことですが正確にお願いします。

No title

Ooboe
学さん

この段階のころ、
竹市CDB所長や相沢先生達は、

メディア、改革委員会提言、
文科省、分子生物学会、の巨大な流れ
の後押しを受け、

竹市、笹井体制反発派が実権を握った
勢力には、対抗できなかったと思います

壁の穴も埋めるべきと主張した反発派にさすがに竹市所長も怒りを表したと
ありますが、
反発派の主張には、すでに
太刀打ちできなかったと思います。
小保方さんが、覚悟した実験制限条件の
はるか想定以上の制限をされた。と
小保方さんはコメントしてました。

No title

学とみ子
当事、権力抗争に参加している人たちに、研究現場の実権が握られていた事実を示すものです。画策層の専門家に加え、本気で、ESねつ造を信じた理研職員がいて、そうした人たちの努力と協力が無いと、ここまで異常な監視状況を作れないと思います。

No title

学とみ子
そもそも、監視人をそばにおいて実験させるとの発想が異常です。持ち込ませ無いための事前チェックや、実験室にESが無いようにしておく事で、十分です。
(あの日)に書かれた監視内容は名誉毀損的なもの…。こうしたつらい事を思い出すと、PTDSはなおりません。
本番とかの話では無いでしょう。

No title

Ooboe
学さん

そちらの関係は、疎いですので
すいません。

No title

学とみ子
> Ooboeさん、
情報をありがとうございます。

オーステ ィンスミス氏が別の機会で、どのような発言をしていたか?の情報ありましたら、教えてください。

No title

Ooboe
相沢先生は、
たしか、中間報告記者会見で
陸上選手の例えだったか?

練習で世界記録タイムをだしても
大会で出さなければ記録に残せない。

みたいな意味の、コメントでしたが
小保方さんの予行実験時の成果があったような含みをもたせたと
今思えば感じます。

相沢先生は、小保方ホ-プペ-ジの
緑、赤、分離画像は、Oct蛍光であることは確認しているが
遺伝子発現グラフは、判定保留としています。基準のGadphが明確でないための
理由です。

No title

Ooboe
学さん

パートナーは
理研から

7月の予行練習実験時の
緑、赤、蛍光分離画像を入手しています

その画像には緑ヒィルタ-で蛍光し
赤ヒィルタ-で蛍光していない
画像資料を保有しています

再生紙のためか、ぐるぐるに巻きついてきて見にくいですが
閲覧会見では、引き伸ばして見易くする
工夫が必要です。

本再現実験での、画像でも、
緑で蛍光し赤で蛍光しない画像も
ありますが、少ないです。
ほとんど、赤でも蛍光しているので
死細胞の自家発光です。
「あの日」にSTAPに再会できた時の
記述がありますが、パートナーの保有
する画像のような蛍光を見たのでしょう
非公開コメント

トラックバック