この世に存在しないSTAP細胞を不正に作り上げたというような大それたねつ造ではないことは断言できる。

一研究者・教育者の意見ブログをそのまま貼り付けてしまうのは著作権問題化するのでしょうか?
慣例的に許されているのでしょうか?

よくわかりませんが、ここで、一研究者・教育者の意見ブログを内容を議論したいと思います。
このブログは、量も膨大で、STAP派、アンチSTAP派を含め、STAP問題意識を持つ人びとの間で絶大な人気があります。
そして、このブログを通じて、STAP事件の問題点が磨かれてきました。

多くの見識にあふれていますが、男性脳、理屈脳のブログであり近寄りがたいところがあること、ブログ主が小保方氏に厳しいので、学とみ子はあまりアクセスはしませんでした。

2018/3/31(土) に  gen**ron から、一研究者・教育者の意見ブログで、以下のサイトを勧められました。

「CDBに保存されたサンプルの解析結果で残された疑問」(一研究者・教育者の意見)
http://blog.livedoor.jp/pyridoxal_phosphate/archives/21231526.html
「「あの日」を読んで」(一研究者・教育者の意見)
http://blog.livedoor.jp/pyridoxal_phosphate/archives/54551457.html

一研究者・教育者の意見ブログ推薦サイトのうち 後者のサイトは、“あの日”に対するブログ主の感想が書かれています。

この内容には、ブログ主の見識がよく表れていて、学とみ子は納得します。

そして、gen**ronさんのおっしゃるように、一研究者・教育者の意見ブログ主は、ESねつ造説に距離を置こうとしている様子ですね。
それに対して、在米ポスドクさんから以下のような非難を受けています。茶字

在米ポスドク
 2015年01月24日 13:06
39. 在米ポスドク 2015年01月24日 13:06
私のブログ主批判に対してブログ主は的外れな文句を述べているが、私の真意は、「公開しているブログで確証がない事柄に対し「捏造」と断定していくことに対して注意を促す」ようにするための発言だ。
確証がないなら、ル氏も書いていらっしゃるように、語尾を工夫して可能性の指摘にとどめるという配慮が必要。実はブログ主は当初はこうした配慮をしていたが、徐々にご自身の書かれた内容に洗脳されたようで、タガが外れてきている。注意されたし。


一研究者・教育者の意見ブログへのコメントには多数の方が集まってきていますが、その中から、学とみ子の考えに近いと思われるコメンテイターはやはりいらっしゃいました。
例えば、英検二級さん、愚民さんなどでした。

FI実験でのESとの比較では、ESとESの比較になるため、学とみ子同様、やはり、疑問に感じる方がいらして、以下のような疑問をぶつけていますね。青字

48. stwatch
 2015年01月24日 17:05
 今更ながら、どなたかクリアーにご説明いただきたい。 「Letter Fig.4b でのChIP-sequencing FI-SCのデータについて」
これは、改竄されたものなんでしょうか。それとも、Fgf4添加でFES1由来ESが、TS様細胞に変化したものなんでしょうか。

ひとつの研究分野というは、深くて狭い。
研究者というのは、ご自身の専門分野の事には詳しいが、ちょっと分野が離れるとわからない。この一研究者のブログを書いている方はどういう分野の方でしょうか?

この一研究者なる方は、あれっと思うような書き方をしている部分もあります。
http://blog.livedoor.jp/pyridoxal_phosphate/archives/21231526.html

捏造と認定され、小保方氏自身も捏造と認めたDNAのメチル化のデータについての一研究者・教育者の意見ブログの以下の記載です。青字

第三の疑問は「Doraのブログ」にはないが、私自身の疑問である。
それは捏造と認定され、小保方氏自身も捏造と認めたDNAのメチル化のデータについてである。
STAP幹細胞がES細胞であったとしたら、データを改ざんする必要はなかったはずなのだ。
ES細胞様のパターンを示さなかったということは、この時はES細胞を使わなかったということになる。
なぜ?これも「ES細胞を使い忘れた」というのなら、彼女の杜撰さは普通の人間には到底理解できない。

STAP幹細胞のメチル化実験は、アーティクル論文extented Fig8dである。
なんと、extented Figは今でも見えるようだ。Fig8のdの図である、

同じメチル化実験について、アーティクル論文のFig2のC で考えてみた。
こちらの方が白黒が見やすい。
こちらは、ES, STAP, CD45+細胞(リンパ球)のOct、NanogプロモーターのDNAメチル化の比較の図である。

ESとSTAPはメチル化がはずれていてほとんど白丸、CD45はメチル化していてほとんど黒丸である。
横11個、縦10個のマス目(全部で110個)の丸印がある。

110個の穴があいていて、覗くと黒いか?白いか?を見ていること思って欲しい。
白い穴には鍵がかかっていないが、一方、黒い穴には鍵がかかっているとの連想をしてほしい。110個のうち、いくつが白で、いくつが黒か?である。

あるいは、囲碁において、碁盤の目に白玉を全部乗せた場合と、黒玉を全部乗せた場合の、複数の碁盤を比較していると考えてみるのも良い。
(実際の図を示せると良いが、スキャンできる状況にないので、すみません。)
囲碁では、白玉から黒玉へ入れ変える事が可能であるが、その状態を想像してほしい。
ほとんど白玉の碁盤は2台で、ひとつがES、ひとつがSTAPである。1台は、ほとんど黒玉のリンパ球である。

脚注の説明によると、STAPとESで代表される初期化細胞では、白丸が多くメチル化が外れているが(鍵がかかっていない)、すでに分化のおわったCD45細胞はメチル化されているので黒丸がほとんどである(鍵がかかっている)。

(老眼の私の目で見る限り)、ESやSTAPでは、110個中の穴のうち、メチル化が外れている(非メチル化)、つまり、鍵のかからない状態の白穴がほとんど、
一方、リンパ球は成熟した細胞なので、鍵のかかっている黒穴がほとんどとなる。

要は、ほとんど白丸の中での、ESとSTAPの黒丸の数の比較であり、そこを小保方氏は多少いじったとされているのだ。

ESではほとんどがメチル化が外れているので、110個の穴のほとんどが白丸で、そのうち4個のみが黒丸(メチル化)に過ぎない。
STAPでも同様で、ほとんどが白丸(100個以上が白丸)、残り9個のみ黒丸(メチル化)である。

小保方氏が不正をしたと疑われている点は、STAP細胞において、もう少しあったはずの黒丸の数を9個にまで減らした疑いである。ESとSTAPの碁盤の目は、共に、ほとんど白丸で少しの黒丸が混じる状態だが、小保方氏がSTAPの黒丸の一部を白丸にした疑いだ。

この実験は記録が残っているため、減らした黒丸の数は判明しているらしい。
小保方氏が手をくわえてSTAP細胞の黒丸を白丸に変えた個数は決して多くはないはずである。
これは実験の根幹にはかかわらにが、こうした行為は、科学界では許されない。

不正に減らした数は少なくても、不正は不正ということで、大変なねつ造者とされているのだ。

その上で、ブログ主は以下のように言っている。青字

小保方氏は「DNAのメチル化の実験」については捏造を認めている。
この罪は重く、もし懲戒委員会にかかれば懲戒免職処分となることは十分あり得る。
それほど重い罪を認めながら、その一方で「STAP細胞の作製」については捏造を認めていない。片方だけの捏造でも懲戒免職ならば、両方認める、あるいは両方とも認めないということはありえるだろう。
しかし、「DNAのメチル化の実験」についてだけ認めるという感覚は、私には理解できない。
理解は不能であるが、桂不正調査員会の聞き取り時点では、小保方氏はSTAP細胞のことを「生き別れた息子」であると確信していたことに間違はない。

一方、分化した体細胞であるCD45細胞(リンパ球)は、9個の白丸部分を除いてあとの101個は黒丸部分となっている。この黒丸群のリンパ球との比較は、コントロールの意味合いがあり、幼弱化細胞と分化細胞を並べて、メチル化の違いを得るためである。

しかし、一般人は、黒丸ほとんどの碁盤の目を、小保方氏が不正に入れ替えて、白丸ほとんどの碁盤の目状態に変えたと思っているのではないか?

しかし、このような小保方擁護は、科学者の中には少ないだろう。
一研究者ブログでも、ネーチャー以外の小保方論文で指摘された問題点は結論には響かないと書いている人がいた。
しかし、この扱いは逆効果とのPlus99%さんの指摘がある。

一研究者・教育者の意見ブログ主は、STAPとESとの比較実験において、STAPがESなら、わざわざ、メチル化図を不正に変える必要は無いと言っている。この主張は正しいのである。

しかし、そうした間違いをする可能性は実際には無い。
なぜなら、上記で説明したように、そもそも、この実験では、ESとの比較の実験だからである。
(さらに、白丸群のES,STAPと、黒丸群のリンパ球の比較の実験が加わっている)。

つまり、小保方氏が偽ってSTAPとしてのESを使うなら、2種類のESを用意することになり、ESを使い忘れるなどの状況にはならないのである。

彼は、“ES細胞様のパターンを示さなかったということは、この時はES細胞を使わなかったということになる。”などと書いているのである。

上記のブログ主のコメントには疑問を感じる。
ほどんど白丸のES,STAPの図と、ほとんど黒丸のリンパ球の図を、一研究者は見ているのだろうか?
しっかり、図をみていての解説なのか?
このメチル化実験では、ESとの比較がすでに、実験に組み込まれているのを知っているのだろうか?
ブログ主は、この実験結果はとんでもないねつ造と位置付けている。
科学者は、見えを良くするためのいかなる誘惑にも負けてはいけないとしている。
実社会や犯罪では罪の重さが評価されるが、研究不正はいかなるものも許されないということのようだ。

但し、このメチル化の件は、この世に存在しないSTAP細胞を不正に作り上げたというような大それたねつ造とは関連しない!とは断言できる。
ES説が正しければ、レター論文は、無い細胞を使い、FI細胞があるかのように装った論文全体がねつ造となる。しかし、桂報告書はデータが提出されていないとの理由で結論を避けている。

このメチル化部分の実験の手技については、yap*ari*w*katt*na*さんが丁寧に説明してくれた経緯がある。
DNAがメチル化、あるいは脱メチル化している状態かどうかを可視化させる機序についての説明である。
学とみ子は、この解説を聞いて、生菌を使う手間ひまがかかる実験であるとの印象を持った。


もし、学とみ子の理解に間違いがあれば訂正をお願いしたいと思います。又、小保方氏がいくつの丸の白黒を変えたのかという点について、ご教授頂けると幸いです。

追加 下のコメントに関連します。

Jeanne Pawitan  • 4 years ago
In my opinion, the success of Obokata is not due to the acid bath only, as the source of the cells she reprogrammed might play a role. She used cells from a transgenic mice, which bears a special Oct4/GFP construct that contains promoter and enhancers.1, 2 other researchers have tried to replicate her success using other kinds of cells, and they failed.3 Prof. Lee and his team tried to use transgenic mice bearing Oct4/GFP as Obokata et al used, and carefully followed the protocol, but failed.4
In technical tips for STAP cell conversion, which was published on 5 March 2014, Obokata et al gave some tips to reproduce their work, including a statement that they used an ?Oct3/4-EGFP transgenic mouse line?, 5 while Prof. Lee used CBA-Tg(Pou5f1-EGFP)2Mnn/j transgenic mice from the Jackson Laboratory,4 thus not precisely the same and I supposed the promoter/enhancers in these two kinds of mice are different.
 In my opinion, the promoter/enhancer in Obokata et al?s transgenic mouse derived cells can be induced by low pH to cause gene expression, thus the expression of Oct4/GFP, while those of others can not. Therefore, in the conclusion of Obokata?s et al?s work should be emphasized that stimulus-triggered acquired pluripotency was only tested in Oct3/4-EGFP transgenic mouse line derived cells,and whether the technique works on other types of cells need further confirmation.

別の方のコメントです。
Alexandra Iché  • 4 years ago
I have not followed closely the whole STAP ?story?, but I totally agree with the comment from Jeanne Pawitan. As a non-specialist, I was stricken by the fact that transgenic mice used in this work carry a construct containing the whole OCT4 gene. Indeed, the GOF18 construct encompass the OCT4 coding sequence, which is located downstream of GFP and SV40 polyA signal sequences. In my opinion, one hypothesis may be that acidic conditions allow a low activation of the promoter, as well as a reduction of polyA signal efficacy, leading to OCT4 protein expression, which in turn could trigger cell reprogramming. Polyadenylation modulation in stress conditions was recently described (Graber JH et al., Genome Res., 2013), as well as modulation of translation initiation (Komar and Hatzoglou, Cell cycle, 2013) in such conditions.
Obviously, this explanation is not valid for experiments performed using CAG-GFP mice ?




コメント
顔アイコン
追加
PuMedからSTAP論文を検索したら、なんと、extented Figは今でも見えるようだ。Fig8のdの図である。碁盤の目のような図です。
http://www.nature.com/articles/nature12968/figures/13削除
2018/4/1(日) 午前 8:07学とみ子
返信する
顔アイコン
http://www.nature.com/articles/nature12968#f13
にJeanne Pawitanさんが、4年前に、「使われたマウスの遺伝子構造がOct発現の結果に影響したのではないか?もし、再現を試みるなら、同じマウスを使わなければいけない」との投稿があります。別の方も、このJeanne Pawitanさんの意見に同調されています。
興味ある方は、それぞれで方で読みに行ってください。グーグル訳も役にたつと思います。削除
2018/4/1(日) 午前 8:08学とみ子
返信する
顔アイコン
学さん

会話の流れの中でなされている人のコメントを引用するなら、少なくとも全文引用するのが、その人に対する礼儀だと思いますよ。

学さんの描く風景とはずいぶん違います。

+++

39. 在米ポスドク 2015年01月24日 13:06
私のブログ主批判に対してブログ主は的外れな文句を述べているが、私の真意は、「公開しているブログで確証がない事柄に対し「捏造」と断定していくことに対して注意を促す」ようにするための発言だ。
確証がないなら、ル氏も書いていらっしゃるように、語尾を工夫して可能性の指摘にとどめるという配慮が必要。実はブログ主は当初はこうした配慮をしていたが、徐々にご自身の書かれた内容に洗脳されたようで、タガが外れてきている。注意されたし。削除
2018/4/1(日) 午前 10:36[ みずどり ]返信する
顔アイコン
> みずどりさん
ご忠告ありがとうございます。すみませんでした。
おしゃるとおりです。

しかし、少し言い訳させてもらえば、一研究者さんのブログで、在米ポスドクさんは、他の方とのやりとりで、アクロシンとCag遺伝子のプロモーター挿入個数や場所が議論の対象になっていました。
さらに、GFPがどう入っているかで光り方への影響などでもめていました。

お二人の研究者同志は合意に達しないのですが、在米ポスドクさんは、議論を一方的に中断しました。

その時に、この方はアンチSTAP派と私は思いました。

一研究者さんのブログ内容が小保方寄りになっていることに、在米ポスドクさんが警告を発しているように思いました。削除
2018/4/1(日) 午前 11:04学とみ子
返信する
顔アイコン
> 学とみ子さん
コメントが承認されていないので、何に学さんが謝り、何に同意しているかが読者には伝わりませんね。

わたしのコメントなんかはどうでも良いのですが、会話の流れの中でコメントされたものを、しかも、主意でない部分のみ取り上げられている在米ポツドクさんが、本当に気の毒だなぁ~って思うのです。

その部分をそっくり削除するか、コメントの全文を挙げて、在米ポツドクさんの、そのコメントの主張が皆に通じるようにするか、どちらかにすべきですよね。削除
2018/4/1(日) 午前 11:52[ みずどり ]返信する
顔アイコン
> みずどりさん

以前から、学とみ子のブログ管理はミスが多いと言われています。
せっかくの貴重コメントの承認遅れてすみません。

私的泡沫ブログでは、このレベルをご許容ください。

当方、高齢者でもあり、私的に書いているので、ある日、突然、承認せず、ブログが止まることがあります。
そしたら、学とみ子は死んだ!と思ってください。
よろしくお願いいたします。削除
2018/4/1(日) 午後 0:13学とみ子
返信する
顔アイコン
学さん、せっかく皆さんが真剣に議論しているのだから、承認制はやめられたらいかがですか?

お忙しいせいか承認忘れも多いようだし削除
2018/4/1(日) 午後 0:14[ 一言 ]返信する
顔アイコン
> 一言さん
>承認制はやめられたらいかがですか?

まともな意見だけならそれも良いかもですが残念ながらアンチの中には、人間とは思えない卑劣で腐った輩が存在します。
そんなのを認めればあっという間に卑劣な便所サイトと成ります。
学さんも大変ですが、そのあたりをよく承知されているからだと思いますよ。削除
2018/4/1(日) 午後 9:07[ m ]返信する

まともな意見だけならそれも良いかもですが残念ながら中には、人間とは思えない卑劣で腐った輩mjが存在します。
そんなのを認めればあっという間に卑劣な便所サイトと成ります。
ため息さんも大変ですが、そのあたりをよく承知されているからだと思いますよ。削除
2018/4/2(月) 午前 7:17[ mir*orm*n*2010 ]返信する
顔アイコン
いくら擁護がバカばっかりでも、

はかせろんぶん は出さないし、
すたっぷけんきゅう はだれもやらないし、
見苦しいファッションショーが関の山じやあ、

誰がウソつきなのかは、バレバレだよね。削除
2018/4/2(月) 午前 9:18[ ぶぶぶ ]返信する
顔アイコン
> mir*orm*n*2010さん

結局のところため息センセはスピン屋かい?
あなたしか答えられないだろう。
教えてくれよ(笑)削除
2018/4/2(月) 午前 9:34[ j ]返信する
顔アイコン
ため息ブログは現在、色んな人たちから「グズブログ」と言われているようだがその訳を考えたほうがいいね(笑)削除
2018/4/2(月) 午前 9:45[ j ]返信する
顔アイコン
>この世に存在しないSTAP細胞を不正に作り上げたというような大それたねつ造ではないことは断言できる。

遠藤氏は日経サイエンスで「(遺伝子配列の)データに関しては,論文の文章の記述,図,図の説明,作成した方法すべてがきっちりあっているものは1つもなかったと思う」と述べられています。
何故、この様な事になったのか、一言も説明がないまま、彼女は雑誌に「もう一度、心ある研究者に見出され、正しく人類の役に立ってほしい。」と書いていますが、あまりにも無責任だと思います。
今でもSTAP細胞を信じている「心ある研究者」がいるのかはわかりませんが、その方の為にも小保方氏はデータを出すべきでしょうね。

日記に関しても、雑誌掲載版と日記書籍版とでは内容が異なるようです。「日記」という性質を考えたときに、何故、その様な矛盾が生じるのか、小保方氏は「雑誌には字数制限などの理由で短く言い換えた部分も多かった、書籍はほぼ本来の日記になった」という趣旨のことを述べていますが、そういうレベルのものではないような気がします。
仮に、日記がフィクションだとしても、論文はそうではない、と願いたいですね。削除
2018/4/2(月) 午前 10:46[ tai***** ]返信する
顔アイコン
jさん

一般社会のルールではある人を嘘つきとか犯人とか名指しするには、その理由をあげなければならないことになっているよ。
さもないと社会はデマだらけになってしまうのでね。

人に尋ねるからには、まずあなたが、ため息センセがこのような内容をこのようにスピンさせている、とそれなりに多数あげなければならんだろう。屋、というからには日常茶飯事やっているという意味だからね。

あげたものがごもっともでなければ、あなたがその「スピン屋」とかいうものであるということになるというのが一般人の考え方だね。削除
2018/4/2(月) 午前 11:34[ plus99% ]返信する

まともな意見だけならそれも良いかもですが残念ながら中には、人間とは思えない卑劣で腐った輩mjが存在します。
そんなのを認めればあっという間に卑劣な便所サイトと成ります。



承認制が機能していない現在の本ブログが証明しています。(笑)削除
2018/4/2(月) 午後 0:22[ mir*orm*n*2010 ]返信する

> j

>ため息ブログは現在、色んな人たちから「グズブログ」と言われているようだがその訳を考えたほうがいいね(笑)


「色んな人たち」= mやj、実質1名

「その訳」= その1名が真性のクズだから



PCとスマホで別々にアクセスして互いを呼び合う醜悪な芝居は擁護からも馬鹿扱い削除
2018/4/2(月) 午後 0:30[ mir*orm*n*2010 ]返信する
顔アイコン
あ~ぁ

また、荒らされちゃた、残念。

学さんテ-マから離れ過ぎないよう
コメントして欲しいものです。

私もつい離れていく展開になる
コメントをしてしまう、
ことがありましたが
そうならぬよう、気をつけたいと
思います。削除
2018/4/2(月) 午後 0:53[ Ooboe ]返信する

もう一名の荒れる原因ご本尊様の降臨削除
2018/4/2(月) 午後 1:31[ mir*orm*n*2010 ]返信する
顔アイコン
2つ前の記事、「遺伝子解析をしていらっしゃる方もいるので、ノフラー氏のブログに、それぞれでアクセスしてみるのはどうでしょうか?」の「[ tai***** ] 2018/3/29(木) 午前 11:24]」ですが、ご紹介した会見動画でお伝えした該当部分の時間が間違っていました。
正しくは、
https://www.youtube.com/watch?v=JyInTcaSSAA 6:15位から」です。

FBグループの「がんばれ、小保方晴子先生!」を見たところ、私のコメントが引用されていたので、たまたま確認したら間違いに気が付きました。
本来は該当記事に書くべきですが、早く訂正したかったので、こちらの記事から失礼します。
大変申し訳ありませんでした。削除
2018/4/2(月) 午後 1:39[ tai***** ]返信する
顔アイコン
因みに、その「がんばれ、小保方晴子先生!」では、西岡医師が
「いや、光る胎盤を最初に見たのは自分だったと、若山教授が、言って居た時が有ります。」と言われていますが、若山氏が「最初に見た」と言われたのは、胎盤の切片ではなく、GFPの光だけですね。

西岡医師は、胎盤の切片の確認とGFPの光の確認を混同されているようですし、ご自分の勘違いを誤魔化すかのように
「だから、光る胎盤に関する若山教授の発言には、一貫性が無いのです。」
「記憶で書きますが、Natureのインタビューではありませんでしたか?(間違えたらごめんなさい。)英語でそう発言して居たそうです。」と述べられていますが、とても不誠実だと思います。

若山氏の発言は以下で確認できますので、こちらのブログの私のコメントを引用された方は西岡医師にお伝えください。

https://www.youtube.com/watch?v=JyInTcaSSAA 7:30位から削除
2018/4/2(月) 午後 1:44[ tai***** ]返信する
顔アイコン
> mir*orm*n*2010さん

あんたのブログより腐ったブログなど、この世には存在しないだろうよ(笑)削除
2018/4/2(月) 午後 1:45[ j ]返信する
顔アイコン
学とみ子さん

普通どのコメントを承認するかなんてことには口を挟んだりしないのだけれど、上の私のチャンバラコメントなどを通すより、その少し前、10:00am頃だと思うが、丹羽氏の実験に・・・へのLさんのコメントへの私のコメントを承認いただけないだろうか。
多数の中に埋もれてしまったのかもしれないので。お手数ですが、ご検討いただけると幸いです。 

追記
そのまま表示されてしまいました。現在承認制ではないのですか。失礼いたしました。元を削除してこれと入れ替えます。上でお願いしたコメントの件は、まあできれば、ということで。削除
2018/4/2(月) 午後 2:16[ plus99% ]返信する
顔アイコン
学さん

>もし、学とみ子の理解に間違いがあれば訂正をお願いしたいと思います。

上から下まで間違いだらけで、どこから手を付けて良いのかも判らないし、今まで何十何百と間違いを指摘されても、一向に理解しない学さんの姿勢も見てきたので、あまり気は乗らないのですが、、

まずは、名前が挙げられたのでこの辺から。

>このメチル化部分の実験の手技については、yap*ari*w*katt*na*さんが丁寧に説明してくれた経緯がある。

私の説明は、理研が公開している調査報告結果の資料の内容を書いただけです。それを知らないということは、学さんが全く理研の資料を見ていないか、見ていても理解できないのかのどちらかでしょう。削除
2018/4/2(月) 午後 6:07[ yap*ari*w*katt*na* ]返信する
顔アイコン
>上記のブログ主のコメントには疑問を感じる。
>ほどんど白丸のES,STAPの図と、ほとんど黒丸のリンパ球の図を、一研究者は見ているのだろうか?
>しっかり、図をみていての解説なのか?

一研究者のブログ主は某地方大学の生物学系の教授と言われており、その専門知識は高く、学さんの無知過ぎるコメントは失礼極まりないものですよ。


しかしながら、氏のいう「「DNAのメチル化の実験」についてだけ認めるという感覚は、私には理解できない。」というのは、想像力欠如のように感じます。
不正調査報告書の記載のあちこちから読み取れることは、疑義がかけられたおよそ全ての図表について、小保方氏は実験ノートなどの生データは提出せず、知らない記憶にないと言い逃れたために研究不正と認定できなかったということであり、メチル化実験は生データがGRASに保管されていて言い逃れができなかっただけだったということでしょう。(GRAS保管のデータも理研は公開しており、それからは作図できないSTAP細胞のメチル化の図を小保方氏が作成(捏造)したことは示されています。)削除
2018/4/2(月) 午後 6:10[ yap*ari*w*katt*na* ]返信する
顔アイコン
どうでもいいけど、ここも。

>しかし、一般人は、黒丸ほとんどの碁盤の目を、小保方氏が不正に入れ替えて、白丸ほとんどの碁盤の目状態に変えたと思っているのではないか?

理研の資料もまともに読んでいない学さんがこんな上から目線で「一般人は」などと書いているのを見ると、失笑を禁じ得ませんね。
むしろ、学さんの方が「一般人以下」にしか見えません。

そもそも、黒丸を白丸にしたのか白丸を黒丸にしたのかなんて手順は無意味であり、「STAP細胞は、ES細胞のような多能性があるが、ES細胞とは異なる特徴のある細胞である」という論文の理想的なストーリーに合うように、メチル化の作図を行ったことが問題なんですよ。 判ってますか??? やっぱり判ってない??

記事のタイトルですが
「この世に存在しないSTAP細胞を不正に作り上げたというような大それたねつ造ではないことは断言できる。 」

学さんがどのようなまともな根拠で断言されるのか、全く理解できません。現状の情報から考えられるのは
「この世に存在しないSTAP細胞を不正に作り上げたというような大それたねつ造であろう」 という削除
2018/4/2(月) 午後 6:24[ yap*ari*w*katt*na* ]返信する
顔アイコン
> yap*ari*w*katt*na*さん
>そもそも、黒丸を白丸にしたのか白丸を黒丸にしたのかなんて手順は無意味であり、「STAP細胞は、ES細胞のような多能性があるが、ES細胞とは異なる特徴のある細胞である」という論文の理想的なストーリーに合うように、メチル化の作図を行ったことが問題なんですよ。 判ってますか??? やっぱり判ってない??

それを若山さんに言われて「やった」と言ってるんですよ、小保方さんは。だから認めてるんです。判ってますか??? やっぱり判ってない??(理研の印刷物にはないけど)削除
2018/4/2(月) 午後 10:19[ セイヤ ]返信する
顔アイコン
楠本 英正 さん

私が学さんのブログにコメントしたものをFBに引用するのは構いませんが、せめて、どこからの引用なのかくらいは書くのが礼儀ではないですか?
引用元を記さずに転記するのは著作権法違反に当たる可能性があります。しかも、一度ではありませんよね?勝手に人のコメントを引用し、それについて指摘したことに対し「監視されているみたい。」とはどういう意味なのでしょうか?あなたもグループの方も非常に失礼だと思いますが。

因みにあなたがFBの「がんばれ 小保方晴子先生!」でコメントされていた
「小保方さんは、生データを研究室の当時の室長に見せてこれでは論文に使えないと言われて初めて操作したと証言していると調査報告書にありましたね。
小保方さんが論文のストーリーに合わせたのではなく、当時の室長が論文のストーリーに合わせた図表を作成しろと命じたんでしょ。」

これは間違っています。そんなことは報告書には一言も書かれていませんし、あなたはグラフと図表の区別もついていないようです。
科学的知見の薄い方々を相手にデマを振りまくのは感心しません。削除
2018/4/3(火) 午後 11:57[ tai***** ]返信する



スポンサーサイト



コメント

No title

tai*****
楠本 英正 さん

私が学さんのブログにコメントしたものをFBに引用するのは構いませんが、せめて、どこからの引用なのかくらいは書くのが礼儀ではないですか?
引用元を記さずに転記するのは著作権法違反に当たる可能性があります。しかも、一度ではありませんよね?勝手に人のコメントを引用し、それについて指摘したことに対し「監視されているみたい。」とはどういう意味なのでしょうか?あなたもグループの方も非常に失礼だと思いますが。

因みにあなたがFBの「がんばれ 小保方晴子先生!」でコメントされていた
「小保方さんは、生データを研究室の当時の室長に見せてこれでは論文に使えないと言われて初めて操作したと証言していると調査報告書にありましたね。
小保方さんが論文のストーリーに合わせたのではなく、当時の室長が論文のストーリーに合わせた図表を作成しろと命じたんでしょ。」

これは間違っています。そんなことは報告書には一言も書かれていませんし、あなたはグラフと図表の区別もついていないようです。
科学的知見の薄い方々を相手にデマを振りまくのは感心しません。

No title

セイヤ
> yap*ari*w*katt*na*さん
>そもそも、黒丸を白丸にしたのか白丸を黒丸にしたのかなんて手順は無意味であり、「STAP細胞は、ES細胞のような多能性があるが、ES細胞とは異なる特徴のある細胞である」という論文の理想的なストーリーに合うように、メチル化の作図を行ったことが問題なんですよ。 判ってますか??? やっぱり判ってない??

それを若山さんに言われて「やった」と言ってるんですよ、小保方さんは。だから認めてるんです。判ってますか??? やっぱり判ってない??(理研の印刷物にはないけど)

No title

yap*ari*w*katt*na*
どうでもいいけど、ここも。

>しかし、一般人は、黒丸ほとんどの碁盤の目を、小保方氏が不正に入れ替えて、白丸ほとんどの碁盤の目状態に変えたと思っているのではないか?

理研の資料もまともに読んでいない学さんがこんな上から目線で「一般人は」などと書いているのを見ると、失笑を禁じ得ませんね。
むしろ、学さんの方が「一般人以下」にしか見えません。

そもそも、黒丸を白丸にしたのか白丸を黒丸にしたのかなんて手順は無意味であり、「STAP細胞は、ES細胞のような多能性があるが、ES細胞とは異なる特徴のある細胞である」という論文の理想的なストーリーに合うように、メチル化の作図を行ったことが問題なんですよ。 判ってますか??? やっぱり判ってない??

記事のタイトルですが
「この世に存在しないSTAP細胞を不正に作り上げたというような大それたねつ造ではないことは断言できる。 」

学さんがどのようなまともな根拠で断言されるのか、全く理解できません。現状の情報から考えられるのは
「この世に存在しないSTAP細胞を不正に作り上げたというような大それたねつ造であろう」 という

No title

yap*ari*w*katt*na*
>上記のブログ主のコメントには疑問を感じる。
>ほどんど白丸のES,STAPの図と、ほとんど黒丸のリンパ球の図を、一研究者は見ているのだろうか?
>しっかり、図をみていての解説なのか?

一研究者のブログ主は某地方大学の生物学系の教授と言われており、その専門知識は高く、学さんの無知過ぎるコメントは失礼極まりないものですよ。


しかしながら、氏のいう「「DNAのメチル化の実験」についてだけ認めるという感覚は、私には理解できない。」というのは、想像力欠如のように感じます。
不正調査報告書の記載のあちこちから読み取れることは、疑義がかけられたおよそ全ての図表について、小保方氏は実験ノートなどの生データは提出せず、知らない記憶にないと言い逃れたために研究不正と認定できなかったということであり、メチル化実験は生データがGRASに保管されていて言い逃れができなかっただけだったということでしょう。(GRAS保管のデータも理研は公開しており、それからは作図できないSTAP細胞のメチル化の図を小保方氏が作成(捏造)したことは示されています。)

No title

yap*ari*w*katt*na*
学さん

>もし、学とみ子の理解に間違いがあれば訂正をお願いしたいと思います。

上から下まで間違いだらけで、どこから手を付けて良いのかも判らないし、今まで何十何百と間違いを指摘されても、一向に理解しない学さんの姿勢も見てきたので、あまり気は乗らないのですが、、

まずは、名前が挙げられたのでこの辺から。

>このメチル化部分の実験の手技については、yap*ari*w*katt*na*さんが丁寧に説明してくれた経緯がある。

私の説明は、理研が公開している調査報告結果の資料の内容を書いただけです。それを知らないということは、学さんが全く理研の資料を見ていないか、見ていても理解できないのかのどちらかでしょう。

No title

plus99%
学とみ子さん

普通どのコメントを承認するかなんてことには口を挟んだりしないのだけれど、上の私のチャンバラコメントなどを通すより、その少し前、10:00am頃だと思うが、丹羽氏の実験に・・・へのLさんのコメントへの私のコメントを承認いただけないだろうか。
多数の中に埋もれてしまったのかもしれないので。お手数ですが、ご検討いただけると幸いです。 

追記
そのまま表示されてしまいました。現在承認制ではないのですか。失礼いたしました。元を削除してこれと入れ替えます。上でお願いしたコメントの件は、まあできれば、ということで。

No title

j
> mir*orm*n*2010さん

あんたのブログより腐ったブログなど、この世には存在しないだろうよ(笑)

No title

tai*****
因みに、その「がんばれ、小保方晴子先生!」では、西岡医師が
「いや、光る胎盤を最初に見たのは自分だったと、若山教授が、言って居た時が有ります。」と言われていますが、若山氏が「最初に見た」と言われたのは、胎盤の切片ではなく、GFPの光だけですね。

西岡医師は、胎盤の切片の確認とGFPの光の確認を混同されているようですし、ご自分の勘違いを誤魔化すかのように
「だから、光る胎盤に関する若山教授の発言には、一貫性が無いのです。」
「記憶で書きますが、Natureのインタビューではありませんでしたか?(間違えたらごめんなさい。)英語でそう発言して居たそうです。」と述べられていますが、とても不誠実だと思います。

若山氏の発言は以下で確認できますので、こちらのブログの私のコメントを引用された方は西岡医師にお伝えください。

https://www.youtube.com/watch?v=JyInTcaSSAA 7:30位から

No title

tai*****
2つ前の記事、「遺伝子解析をしていらっしゃる方もいるので、ノフラー氏のブログに、それぞれでアクセスしてみるのはどうでしょうか?」の「[ tai***** ] 2018/3/29(木) 午前 11:24]」ですが、ご紹介した会見動画でお伝えした該当部分の時間が間違っていました。
正しくは、
https://www.youtube.com/watch?v=JyInTcaSSAA 6:15位から」です。

FBグループの「がんばれ、小保方晴子先生!」を見たところ、私のコメントが引用されていたので、たまたま確認したら間違いに気が付きました。
本来は該当記事に書くべきですが、早く訂正したかったので、こちらの記事から失礼します。
大変申し訳ありませんでした。

No title

mir*orm*n*2010
もう一名の荒れる原因ご本尊様の降臨

No title

Ooboe
あ~ぁ

また、荒らされちゃた、残念。

学さんテ-マから離れ過ぎないよう
コメントして欲しいものです。

私もつい離れていく展開になる
コメントをしてしまう、
ことがありましたが
そうならぬよう、気をつけたいと
思います。

No title

mir*orm*n*2010
> j

>ため息ブログは現在、色んな人たちから「グズブログ」と言われているようだがその訳を考えたほうがいいね(笑)


「色んな人たち」= mやj、実質1名

「その訳」= その1名が真性のクズだから



PCとスマホで別々にアクセスして互いを呼び合う醜悪な芝居は擁護からも馬鹿扱い

No title

mir*orm*n*2010
まともな意見だけならそれも良いかもですが残念ながら中には、人間とは思えない卑劣で腐った輩mjが存在します。
そんなのを認めればあっという間に卑劣な便所サイトと成ります。



承認制が機能していない現在の本ブログが証明しています。(笑)

No title

plus99%
jさん

一般社会のルールではある人を嘘つきとか犯人とか名指しするには、その理由をあげなければならないことになっているよ。
さもないと社会はデマだらけになってしまうのでね。

人に尋ねるからには、まずあなたが、ため息センセがこのような内容をこのようにスピンさせている、とそれなりに多数あげなければならんだろう。屋、というからには日常茶飯事やっているという意味だからね。

あげたものがごもっともでなければ、あなたがその「スピン屋」とかいうものであるということになるというのが一般人の考え方だね。

No title

tai*****
>この世に存在しないSTAP細胞を不正に作り上げたというような大それたねつ造ではないことは断言できる。

遠藤氏は日経サイエンスで「(遺伝子配列の)データに関しては,論文の文章の記述,図,図の説明,作成した方法すべてがきっちりあっているものは1つもなかったと思う」と述べられています。
何故、この様な事になったのか、一言も説明がないまま、彼女は雑誌に「もう一度、心ある研究者に見出され、正しく人類の役に立ってほしい。」と書いていますが、あまりにも無責任だと思います。
今でもSTAP細胞を信じている「心ある研究者」がいるのかはわかりませんが、その方の為にも小保方氏はデータを出すべきでしょうね。

日記に関しても、雑誌掲載版と日記書籍版とでは内容が異なるようです。「日記」という性質を考えたときに、何故、その様な矛盾が生じるのか、小保方氏は「雑誌には字数制限などの理由で短く言い換えた部分も多かった、書籍はほぼ本来の日記になった」という趣旨のことを述べていますが、そういうレベルのものではないような気がします。
仮に、日記がフィクションだとしても、論文はそうではない、と願いたいですね。

No title

j
ため息ブログは現在、色んな人たちから「グズブログ」と言われているようだがその訳を考えたほうがいいね(笑)

No title

j
> mir*orm*n*2010さん

結局のところため息センセはスピン屋かい?
あなたしか答えられないだろう。
教えてくれよ(笑)

No title

ぶぶぶ
いくら擁護がバカばっかりでも、

はかせろんぶん は出さないし、
すたっぷけんきゅう はだれもやらないし、
見苦しいファッションショーが関の山じやあ、

誰がウソつきなのかは、バレバレだよね。

No title

mir*orm*n*2010
まともな意見だけならそれも良いかもですが残念ながら中には、人間とは思えない卑劣で腐った輩mjが存在します。
そんなのを認めればあっという間に卑劣な便所サイトと成ります。
ため息さんも大変ですが、そのあたりをよく承知されているからだと思いますよ。

No title

m
> 一言さん
>承認制はやめられたらいかがですか?

まともな意見だけならそれも良いかもですが残念ながらアンチの中には、人間とは思えない卑劣で腐った輩が存在します。
そんなのを認めればあっという間に卑劣な便所サイトと成ります。
学さんも大変ですが、そのあたりをよく承知されているからだと思いますよ。
非公開コメント

トラックバック