科学者たちは、お互いの相手の業績に完璧を求める。特に、ライバル研究者が成果を出した時には、徹底的な攻撃が開始される。

残念な事ではあるが、STAP細胞に関して、理研、若山研究室、および小保方氏が無言を続ける限り、新しい情報は出てこない。

この先、STAP細胞についての誤解が社会に広がった理由を検証するには、すでに出ている情報を参考にするしかない。
当ブログでは、これを「STAP考」と呼ぶことにしたのだが、「STAP考」とは、とりもなおさず、STAP情報に関する科学的証言を多角的に見直すものである。

当ブログでは、STAP細胞に関する社会的出来事については、フォロウできていないので、こちらは他の方におまかせたい。
むしろ、当ブログては、科学的な誤解の原因についてのアプローチを試みたい。

学とみ子は、実験室で研究する立場の人間ではない。そのため、当ブログでの内容については、研究職と思われるコメンテイターの方から、ずいぶんと揚げ足取りをされた。

「専門家の方から多くをご教授いただいた」と学とみ子が言えれば、優等生になれるだろう。
が、あえて、ここで優等生にはならず、「揚げ足取り」との表現を使わせてもらった。
このネガティブな言い方は、問題があると私自身も思っている。

学とみ子は、時間を割いて書き込んでくれた専門家に対して、感謝していないわけではないが、専門家からのコメントは、上から目線の見下しと批判を伴っていた。

これらの批判は、すべてとは言わないまでも、私を傷つけるものであった。
コメンテイターの誤解や、思い込みからくる間違いコメントなどもあった。複数の間違いコメントの結果、この当ブログの信頼性についても疑われるはめになった!
そのため、ここで、あえて、”揚げ足取り”という言葉を言わせていただくのだ。
実は、この”揚げ足取り”という表現は、STAP考の大事な要素なのである。
STAP細胞は、多くの”揚げ足取り”によって、最終的に潰されてしまったからである。
執拗な揚げ足とりの被害は重大であった--。

それでは、そうした揚げ足取りをした人たちは、人間的に問題がある人たちなのだろうか?
実は、学とみ子はそうは思っていないし、そう考えない方が良い。
科学には論争が必要だからである。

科学探求者が、ライバルの問題点を指摘することは、職業上当然なことであり、むしろ、権利と言ってよいだろう。

研究者には、科学を用いて論争し、ライバル相手を論破し、ライバルからの攻撃をかわすスキルが求められる。
だからこそ、科学者たちは、お互いの相手の業績に完璧を求める。
特に、ライバル研究者が成果を出した時には、徹底的な攻撃が開始される。

特に、STAP細胞については、実験中から、理研の点検グループがES疑惑を嗅ぎまわっていたたようで、世界的な科学者ネットワークを通じてその噂が広まっていたようだ。

こうした、しかけた!しかけられた!の過去のSTAP周辺イベントから、「STAP考」をしていきたいと思う。

ライバル研究者は、STAPの完璧性を追求して、そこが達成できていないの追及を強調した。
そこに、マスコミを巻き込み、STAP細胞を偽物論につながっていった。
ライバル研究者は、科学的厳密性について理解できないマスコミを煽ったのである。

マスコミやライバル研究者たちが、STAP細胞がT細胞からできていなければねつ造だ!と一般的誤解を呼ぶような解説をし、ねつ造論の根拠となっていった。

今から思えば、研究者たちは、より厳密性の高い立場にたって、STAP細胞の在り方を解説したのだが、そこが、一般人には正しく伝わることなく、STAP細胞ねつ造論にすり替わっていったと思う。

まずは、STAP事件で、インパクトの大きかったのは、遠藤氏発言だろう。
「STAP細胞などはないのだ!」との遠藤氏の強いメッセージがあった。
遠藤氏は、彼の属する遺伝子解析の手法を駆使してSTAP細胞の質を推理し、上記の結論を出した。

この遠藤氏の強いメッセージに応じるように、日本中、STAP細胞偽物説が広まっていった。
この背景には、生物免疫学とはやや離れた科学畑の人たちによる疑惑の高まりが大きかったようだ。
異なる専門研究分野の人たちが、それぞれの専門分野の知識をもって、STAP細胞に疑義を感じ、異分野の科学者たちの間で相互のタグが組まれた。
このことが、STAP細胞偽物説のインパクトの大きさにつながったのではないだろうか?
つまり、いろいろな分野の研究者たちが、皆、STAPは偽物っぽい!と言っている・・・となったのではないだろうか?

周辺的な科学者が素朴な疑問を発し、それらの疑問が専門家によるコメントによってサポートされたことで、世間で、STAP偽物論の信頼性が増す情報になったのではないか?と思う。

たとえば、前回の当ブログでの”ともさん”のやり取りを見ながら、この部分を検証してみよう。

学とみ子は、ともさんを責めているのではないので、ともさんがこのブログを見て、気を悪くしたら、お許しいただきたいです。すみませんです。
ともさんが生化学者として発した素朴な疑問が、世論に影響したことを考えたいのだ。

まず、論文発表後にすぐ湧き上がったSTAP細胞偽物説に、ともさん(生化学の研究者)が反応した。
ともさんは、STAP細胞がT細胞からできているべきと考えて、T細胞からできていればTCRのゲル図がこんな複雑な形になるのはおかしいと思いこんでしまった。
CD45細胞をさらにソートした前後の細胞で、類似のTCRゲル図がでてくるのは、変だと気づき、著者らは不都合を隠すために切り貼りをしたと思いこんだ。
ともさんは、キメラへの寄与がT細胞単独であるべきとの前提でものを考えている。
T細胞からできているなら、TCRゲル図で証明できると思い込んでしまった・・・

しかし、論文のSTAP細胞は、T細胞から出来たとは証明されていないのである。
T細胞がキメラを構成する可能性の低さを考慮した上で、著者らは論文を書き、査読者も、そこを追及しない状態で論文をアクセプトしたのだ。

実際のSTAP論文では、酸浴後のSTAP細胞のエピゲノムに、どのような変化が生じていたのかは検証されていない。
単一TCRを持つT細胞からキメラの主要な構成細胞になれる可能性の議論も、論文ではされていない。
しかし、厳密性を追求する立場の研究者たちから、T細胞でキメラが達成されているべきの議論が出され、それが正当化して、STAP偽物論になってしまった・・・。
バンドの数が怪しいから偽物ではないか?の方向に話が進んでしまうのである。
サイエンスに出した元論文の尻尾細胞のTCRの図が、ネーチャー論文ではなくなっていたのも、ねつ造の根拠とされた。この情報は、査読暴露という手段で意識的に流された。

ともさんのせりふ(青字)を書きます。こうした研究者の素直な発言と言うのは、一般の人々に与える信頼性が高く、社会への影響は大きいと思いますね。

「いずれにしても、一つの細胞から分化した細胞ならTCR再構成で見えるバンドは1つ(または2つ?)のはずなので、こんなにいっぱいバンドが見えるのが何故かは私にはさっぱり判りません。」
「実はこのデータを見て、なんか実験がおかしいんじゃね?と思ったのが、最初に論文を読んだときの違和感でした。多分、論文を読んだ生化学の専門家たちはみんなそう思ったんじゃないかなと思います。」
「natureのエディターが掲載した可能性も高いですが、こんな実験はPCRを一回やるだけだし、なんでやってないんだ?、と思いました。慶應の吉村先生のブログを見て、その考えが間違ってないんだなー、とちょっと嬉しかったり。」
「そのうち、TCRのPCRの写真で切り貼りが発覚して、ああ、こりゃダメだと思い、もう疑いの目でしか見られません。今となってはキメラに使ったのがSTAP細胞に由来するものじゃないんだろう、と思っています。」

学とみ子のコメント;ともさん、単一TCRをもったT細胞がキメラの主要細胞を構成したら・・との仮の大前提があってこその、1~2個のバンドの話でしょう。ここから、一般人の誤解が広がっていったんです(涙)。

この特殊で可能性の低い条件(キメラの主要な構成細胞は単一TCRのT細胞)でのキメラについての、吉村氏がコメントしています。
ともさんの推論は正しいとなりましたが、吉村氏のコメントも、STAP細胞は単独T細胞が関与したとの条件つきなのです。
しかし、一般人では、そうした前提条件の重要性を読み取れませんよ。
結局、TCRバンドの数が多すぎるとの専門家サイドのお墨付きが出たことになってしまい、その後は、すべてSTAP細胞ねつ造論に理由されていくことになってしまうのです(涙)。

この科学館のサイトを仕切っているES説ジャーナリスト詫摩氏にとって都合のよい議論の展開となったのは、もちろんである。

もうひとつ、ここで、L氏が当ブログに書き込んでくれたLコメントも紹介したい。茶字

Lさんも、STAP細胞がT細胞からできたどうか?を確認してから論文とすべきだったと主張されています。
これは、科学者としての厳密なる主張かと思うのですが、この話を聞かされた一般人は、キメラがT細胞からできていなければ、STAP細胞ができたことにならない!の誤解につながってしまいます。Lさんは、T細胞からできたかどうかの実験してから、(ネガティブであっても)その結果に基づき、論文を投稿すべきと主張されています。

[ L ]
2018/6/13(水) 午前 4:01
 モノクローナルなら再構成の検出は容易になりますが、正常のT細胞をモノクローナルで十分量得るには、特殊なマウスが必要です。普通のマウスからポリクローナルなT細胞をソートで純化し、STAP処理した後4Nキメラで評価し、2NキメラのTCR再構成でだめ押し、の方が現実的だったと思います。論文記載の技術で十分できるので、査読で要求されれば断れないでしょう。やっていればT細胞 STAPに多能性がない事が確認できたはずで、ストーリーは大きく変わったはずです。

[ L ]
2018/6/12(火) 午前 5:57
 (3)STAPの場合は幹細胞でのTCR実験が存在し、一過性の弱い発現を認めた後、消えたとの証言があります。すなわち、T細胞由来STAPは幹細胞培養において他の細胞由来のSTAPと競合できないことが示唆されます。キメラ体内でも同様の事が起きる可能性が高いと予想するのは自然な事であり、結果論として学さんの議論はそれほど外れていない(理論構築としては間違っていますが)と思います。今振り返るとES混入と分かった上での議論になりますが、当時はES混入はない前提だったはずで、ES混入ではないという立場を取り続ける学さんの議論は、当時のSTAPチームの思考過程を考える上で役立つと思います。
(4)Natureバージョンの著者チームは、この問題点を把握していたと思われます。それ故、検証実験ではTCRを使わなかったのでしょう。ここまで分かっていながら、あのように書いて論文を通しに行った事が悔やまれます。ここで、立ち止まって実験をやり直していれば、このような事にはならなかったでしょう。NHKの番組で指摘されていた通りです。
スポンサーサイト



コメント

No title

m
> 通り掛りさん

> 常識を知らない無知なヒトに、間違いを指摘しているコメントを
「上から目線」としか考えられないの、最低だね!


学さんが≪常識を知らない無知なヒト≫とはどこがですか??


常識を知らない人はアンチにこそいらっしゃるのでは?
この問題が起きた時、どれほど卑劣な書き込みがネット上に拡散していたかをご存じないのですか?

それと、小保方アンチは上から目線が多いのは自分も同意です。

No title

通り掛り
常識を知らない無知なヒトに、間違いを指摘しているコメントを
「上から目線」としか考えられないの、最低だね!
こんな 人間が臨床医の世界にいるとは驚きだ、患者とのコミュニ
ケーションとれるのかな?
非公開コメント

トラックバック