ES説の破たんに気づく人たちを増やさないために、今後のES派にはどんな戦略があるのだろうか?

「あの日」には、間違った解説をするテレビのサイエンスコメンテイターに対する小保方氏の不満が書かれている。

誤解と不勉強に基づく解説は、当時のネット、テレビ、週刊誌に満載であった。
当時の人々がSTAP事件を誤解するように情報操作がされていた。
それが、今も、大手をふるってES派のコメントになっている。
書き込む本人は、間違っていることに自らで気づくことができない。

桂報告書の問題点を知りながら、ES説を守りたい人たちを、プロのES論者と呼ぼう!。
このプロたちと一緒になって、一般人がESねつ造論を熱心に展開している。
こうしたコメントへ反論していくのは意味があると思う。
STAP事件に問題意識を持つ人々をキープしていきたいと思う。

若山氏、笹井氏の記者会見で使われた質問であるが
記者から 「先生は、小保方氏の実験ノートを見ておけばよかったと後悔していますか?」
と聞かれた時に、若山氏も笹井氏も、
「実験ノートを見せろ!とは言いにくい状況であった」
と答えている。

これは、知識人のエリート集団に属する人においては、至極普通の感情であると思う。というより、どの業種でも、信頼は人の基本だ。
しかし、これらのやり取りを聞いて、若山氏も笹井氏も、実験ノートを見なかったことをとても後悔していると想像してしまう人がいる・・・・。
こう考えてしまう人は、自らが想像力不足と思って欲しい。一流学者が公開しているなんて考えないで欲しいのだ。

実験ノートを見なかった事を、若山氏・笹井氏が後悔したと考えてしまう人は、若山氏・笹井氏が実験ノートさえ見ていれば、小保方氏のねつ造を見抜くことができたはず・・・と想像するのだろう。
実験ノートチャックさえしっかりやっていれば、ねつ造者にだまされることにはならなかったというのだ。
若山氏も笹井氏は、さぞかし、大変な後悔しているはずと考えてしまう。
実は、問題はそんなところにはないのである。
若山氏も笹井氏も、マスコミの質問をむげに否定したくないだけだ。
彼らの記者会見は、謝罪も兼ねているのである。

ねつ造説にどっぶりとつかっている人は、“小保方氏のねつ造は間違いない”との大前提で信じている。
実験ノートさえ見れば、小保方氏の無能ぶりは明らかになったと信じて疑わない人だ。

情報操作的に、小保方氏によるねつ造行為は間違いがないとされ、彼女の科学的無能説の広報が盛んに行われたということだ。

実験ノートの全てがとんでもなく幼稚なものであったはず(一目瞭然で無能がわかるはず、あるいは、エア実験だから実験ノートなんて無い!)と、噂されたのだ。

笹井氏は、実験ノートの書き方は個人差があり、必ずしも克明には書かない研究者もいるし、良く書かれている小保方ノート部分もあったなどと、小保方氏をフォロウしたが、若山氏はそうではなかった。

ここで大事なのは、本当に実験ノートを見て、何かがわかったのか?である。
若山氏も笹井氏も、実験ノートで、小保方氏を評価したわけではない。
小保方氏への評価は、実験ノートとは無関係である。

実験ノートの運用法は、それぞれの研究室で若干の違いがある。
研究室でいつでも研究者間で閲覧し合うような実験ノートの運用法であれば、そこで研究者同志議論をするとかはあるだろう。

しかし、過去にすでに論文になっているデータとか、他の研究室で仕上げられた実験結果とか、すでに別の指導教官との間で議論された図表の位置づけのものなら、それを元にもどってデータチェックはしない。
それは当然、人としてのエチケットであり、相手を信頼して、相手からも信頼される。お互い、共同研究者になりうる。
共同科学研究とは、お互いの専門知識を評価し合い、信頼でなりたつものである。

これは診療の場でも似たような状況だ。
ドクターもナースも検査室も、皆、それで働いている。
キャリアが下でも、主治医であれば、主治医の判断が優先されるのが原則だ。
主治医は、その患者のことを一番よくわかっている医師であると位置づけられている。
オーダーを変える時には、主治医と話す必要がある。

ナースたちも、お互いの専門知識を評価し合いながら、お互いに書き合う看護記録を元に仕事をしていく。
ベッドサイドでナースのとったメモを、上司のナースと言えど見せろ!と言ったりはしない。
責任を持って書かれた看護記録を評価し合う。

若山氏も笹井氏も常識人だから、実験ノートを見せろ!とは言わないのである。
実験ノートを見ていていたら、若山氏も笹井氏も正しく判断できたことがあるのか?
そう考える人は、全く素人的かつ妄想的な考えである。
実験ノートを見ていれば、ねつ造に気づけたと考える人は、想像力がわかない人だと思う。

科学者同士、実験を共有し、結果に基づき議論をすれば、実験ノートより、ずっと正確に、お互いの資質がわかるだろう。

柔道で組み合えば、お互いがすぐわかる!と、よく言われている。
剣道でも、向き合えばお互いの腕がすぐわかる!と、よく言われている。
将棋でも碁でも、なんでも力の差は、五感で感じ得るものだろう。

小保方氏は医系の生物学者ではないし、留学先は臨床教授の主催する臨床系の基礎医学である。
こうしたスタイルの研究室は、バリバリ基礎学者からそのクオリティをけなされることが多い。
バカンティ研も、ハーバードの基礎学者から攻撃のターゲットになっていた。
日本に論文ねつ造が多いとの悪口満載の記事からわかるように、金と名誉が渦巻けば、ドロドロとならざるを得ない。

このSTAP事件は、小保方氏個人を稀に見るほどに無能呼ばわりして、彼女を潰す手法がとられた。

その手法でSTAPを潰そうとがんばったES派の人たちは、ES説で説明ができない多くの疑問の処理まで手が回らなかった。
ES説で完全解説するためには、多くのねつ造協力者が必要になる。
ライブセルイメージでも、ねつ造協力者が必要になる。
小保方氏は、特殊なESを持っていなければいかない・・・。

ねつ造協力者を設定しないと、ES説は成就しない。

日本の科学のすそ野は広いのである。
専門、非専門を問わず、ES説が積み残した問題点に気付いている人たちは多いと思う。

ES説の破たんに気づく人たちを増やさないために、今後のES派にはどんな戦略があるのだろうか?
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック