Lさんコメント 4月20日 バージョン3

顔アイコン
> 学とみ子さん

Ts.Markerさんや和もがさんの解釈は、あくまで彼らの考えですので、学さんが彼らのブログを読んで、その内容を理解した上で賛同するのであれば、私がどうこう言う事はないです。私自身の見解は、彼らの解釈とは異なりますが、この点については、学さんとではなく、彼らと議論すべきと思っています。削除
2018/4/20(金) 午前 6:17[ L ]返信する
顔アイコン
FI-SC3の90%と占めるとされるB6ホモ(かつOct4-GFP陽性)の細胞が、もしES系であれば、GOF-ESかGLSが有力と思われます。これらの細胞でSox21発現がどうなっているか、見る必要がありますよね。RNAseqで解析されたES細胞サンプルは、和もがさんのサイトを見る限りB6129F1の遺伝的背景(少なくともGOF-ESではない)のようで、このES細胞でSox21が発現していないからといって、GOF-ESでも発現していないとは言えません。削除
2018/4/20(金) 午前 6:19[ L ]返信する
顔アイコン
若山研からは、2細胞から8細胞期の胚を直接feederにプレートしてES細胞を樹立する方法も報告されており、このような方法で早期胚からGOF-ESが樹立されていた場合(推測です)、Sox21の発現がどうなるか、ちょっと興味深いです。

いずれにせよ、学さんとではなく、Ts.Markerさんや和もがさんと議論すべき事と思います。ここでやるのは不適切なようにも思うので、ここまでにします。もし不適切と思われれば、非開示にしていただいても構いません。

下書きして出そうと思ったら、Ts.Markerさんからコメントがあったようですね。私の論点には変わりありません。削除
2018/4/20(金) 午前 6:19[ L ]返信する
顔アイコン
一つコメントがはじかれてしまったようです。以下のコメントが2番目に入る予定だったものです。

FI-SC的な細胞が存在するとすれば、それはCdx2とOct4の共発現をsignatureとする細胞であろうと思われます。よって一個のTSマーカー遺伝子だけで何か言うのであれば、Cdx2の発現を見るべきと考えます。Sox21単独ではなんとも言えません。文献的には、ES細胞でもラインによってはSox21 をそこそこ発現している報告(TSほどではありませんが)もありますし、胚発生初期に trophoblast系にコミットする細胞は、むしろSox21の発現が低下しているとの報告もあります。(この論文は、西川先生のサイトで日本語で解説されています。)削除
2018/4/20(金) 午前 6:21[ L ]返信する
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック