時代も国も境遇も違うけど、男性たちの女性いじめに共通するメンタリティーをそこに見た思いだ。

嘘ばっかり (新潮文庫) [ ジェフリー・アーチャー ]という単行本を立ち読みした。

このイギリス人作家(兼政治家)のファンというわけではないが、1999年、彼は、過去の証言が嘘だったと告白し、偽証罪に問われ、2001年7月に裁判で実刑が確定し服役した経験を持つ。

その後、作家として復帰しているが、ホリエモンと同じように服役を自らの活動の武器に変えてしまうようなエネルギッシュな人だとの印象を、学とみ子は持っていた。

たまたま、そんな私が書店で手にしたタイトル「嘘ばっかり」の短編集をパラパラさせたところ、女性文学部教授の最終講義の小説が目にとまった。

小説に書かれた当時、大学の女性教官は、教官採用時は男性と収入でも差別され、厳しい職場環境であったようだが、知性溢れる彼女は差別にめげず優れた学術レベルの講義を大学で続け、彼女の薫陶を得た教え子たちが続々と出世して社会の上層ポストを得た。
そして、今、その女性教授の最終講義の時となり、教えた著名人が次々と集まり、又、一層、華やかで名誉ある最終講義の日となった。
小説は、このイベント描写からストリー展開となる。

そして、彼女がかつて、その大学で初めてシェークスピアの講義を行った時の出来事が、ストリーの骨格をなしている。

初回講義の日、男性学生たちは、当時、珍しかった女性教官をへこませてやろうと集団で、彼女に襲い掛かった。
女性教官の講義に初めて触れた男性学生たちが、次々と人を変えて、彼女を質問攻めにしたのである。

彼女の無知を見つけ、失言を誘い、貶めてあざわらってやろうとの学生たちの魂胆であった。
学生たちは女性教官をバカにして、学生の博学を女性教官に知らしめてやる!と集団で構えていたのである。
学生たちは、「俺たちは、すでにお前(女性教官)よりずーと優秀だぞ!お前に教わることなどあるものか!」と意気込んでいた。

学生たちは、最初から、一方的に質問攻めを始めた。
従来から歴史的疑問とされたシェークスピアは複数人物ではないか?の質問を皮切りに、数々の文献的考察への即答を女性教官に求めた。
シェークスピア劇の登場人物のせりふの解釈やら、暗唱などを教官に求めた。学生は、一人が論破されると、次々に別の人が質問に立ち、激しく女性教官に襲い掛かったのである。
その議論の交換の時の、知識の応酬と心理描写が、この小説の見どころなのだろう。

女性教官は学生に対して奮戦した。もちろん、知識で、教官は学生を圧倒する。
小説では、学生の挑み方の手法などが要領よく書かれ、それに対する女性教官がどう感じ、どう反撃したかの経緯が書かれている。

お互いに論破されてなるものかと、学生は集団として攻め、それを受けての教官は一人で、知識と意地を披露した様が語られている。

文学部の授業やシェークスピア論にはなじみのない学とみ子ではあるが、この短編をザザッと読んでしまったのである。

時代も国も境遇も違うけど、男性たちの女性いじめに共通するメンタリティーをそこに見た思いだ。

小説に登場する文学部学生は、知識がまだ薄く、はるかに多くの人生時間を勉学に割いてきた女性教官の知識量にかなうわけはないのだが、学生にはそこが見えない。
論破できるのでは・・・と、学生たちは己の無知を知らずに、女性教官に襲いかかっているのだ。

ES派シンパで一般参加のSTAP否定論者たちは、これらの学生たちと類似のメンタリティー構造を見た。

“STAP論文をしっかり読めば、そこには、ES混入では決して説明できない事実がしっかり読み取れるはずだ!”
との学とみ子の主張は、専門家ではないES派の人々の知的好奇心を逆なでしているのだ。

ES混入論を信奉する者は、科学知識のレベルはまちまちであるが、STAP擁護論を潰すという目的において共通している。
ES派には、小保方氏ひとりに罪を集中させておきたい(他の人を逃したい)と画策するプロ集団がいるだろう。
一方で、細胞知識は全くの素人でありながら、科学を論じている人になりたいと願う人たちもいる。
専門知識を持つものを嫌悪し、論破した気分になって優越感にひたろうとする人たちもいる。
結局、かなり幅広いメンタリティーの人々がES派を構成している事がわかるのである。
このES派集団の人たちのやろうとしていることは、印象操作の手法である。

ES派街灯集団は、ES混入論が光をあててくれた街灯の下に集まる人々である。
彼らは細かいSTAP事件のイベントの順序を覚え、ES派が解説してくれたままのSTAP細胞のなりたちを覚え、それだけで細胞のすべてを理解したつもりの人たちである。

細胞についての無知を指摘されても、何とも思わない人たちである。
たとえ、素人のでたらめであっても、科学を論じているように見せたい人たちである。
良くわからない第三者から科学を論じている人とみなしてもらえれば、このES派街灯集団の目的は達せられる。

ES派街灯集団は、何か知識を持っていそうに見える人たちや、啓発活動をするSTAP擁護論者は、すべて潰しておきたいのである。

街灯の人たちは、いかにも論じているような言葉づかいを駆使するのが得意だ。
学とみ子を否定し、学とみ子がでたらめ論を吐いていると印象付けることに熱心である。

彼らの言っている細胞論、科学論は間違いが多いのだが、学とみ子がそれを否定しても、否定した学とみ子まちがっているとして反論してくる。

彼らの意図は、学とみ子を論破することではなく、(論破できないことは知っている)、その議論をウオッチしている第三者に向けたパフォーマンスなのだ。

彼らは自らの科学論・細胞論はあまり語らない。
むしろ、学とみ子がいかに間違っているのかを論じるのに熱心だ。

このパフォーマンスに騙される第三者の中には、
「学とみ子は医師だと言っているのすら嘘だろう?」とし、
「ネットと言えど、詐欺罪ではないか?」
などと発言する者まで、ため息ブログに現れる。

ES派街灯集団は、学とみ子は、自らの無知に気付かない愚か者!多くの人に笑われている!世の中の多くの人は、学とみ子のでたらめに気付いている・・・と、吹聴する。

彼らがチラッと書く細胞論などは、支離滅裂なのだが、学とみ子がそこを注意しても、そんなことは重要ではないと開き直る。

小保方単独ねつ造論を推進するES派のプロ学者たちは、ES派軍団に対して、すべての知恵をさずけることは、当然できなかった。
ES,TSと呼ばれる細胞が生体内にあるわけではないが、ES派のプロ学者たちは科学的歴史の知識なまで、素人たちに授けてはくれなかった。

しかし、ES派軍団は、そうしたことが大事だという意識などない。
どこを間違ったら素人丸出しであるのか?などには興味がない。
ES派街灯集団は、マスコミ同様の情報操作が目的であり、口うるさい”もの知り”などを相手にしない。

だから、ES派素人軍団は科学論の何を言われても怖いものはない。
印象操作をくりかえし、社会世論を形成させることがES派素人軍団の目的だ。
一旦、細胞知識に戻って勉強し直すなどの気持ちなどはさらさらない。
それより、でたらめでも情報操作が楽しいのだろうし、知識を持つ対象を引き摺り下ろす作業はもっと楽しくて仕方ない人たちなのだろう。

最後に、学とみ子を否定する男性心理がよく現れている某氏のコメントを紹介していきたいと思う。

彼のコメントは、学とみ子の大事な主張をすべて省略し、末梢のどうでもよい部分を取り上げて、勝手な解釈で事を決めつけ、学とみ子否定を目的として印象操作につなげる。
彼の理解するスタイル以外はすべて誤りと解釈する。

学とみ子は言いたい!
「あなた(某氏)は、私の言い分の理解ができていないのだから、でたらめな解説を止めて!」

そんな某氏の書いた以下のコメントを見ていただこう。(青字)
いかにも科学論を語っているような文章に見せようとするスキルを見ていただこう。

でたらめな印象操作で世論を煽ろうする人の使う言葉で、良く使われるのは、”学とみ子の珍説”なる言葉である。
学とみ子否定論につなげるそのテクニックのさわりをご紹介する。

ntESなどの言葉で、学とみ子がSTAP細胞を説明しようとしたことはない。
唐突にも、ntES論が出てくるが、他のサイトの解説と混乱しているのではないか?

学とみ子さんの珍説、いろいろありました。
・・・
桂報告書はキメラ、テラトーマだけではなくESとの比較実験までESによる捏造だと書いている、というのも珍説の部類です。

この某氏は、細胞についての持論も書いて来たのだが、学とみ子の書いている内容を全く理解できていない。そして、同類文章は、他のサイトでは披露しない。結局、書いてる内容に自信が持てないのか?

・・・・・
・STAP細胞はntESにしないとキメラにならないというのもありました。
・検証実験で再現できなかったのはアクロシン入りマウスではなかったからだ、というのも代表的な珍説でしょう。


スポンサーサイト



コメント

No title

学とみ子
ため息ブログが、学とみ子に断交していただけたら、助かります。コメンテイターの方が、ブログ主にお願いしていただきたいですね。

学とみ子としては、街灯の下でES派の画策通りに社会に向けて情報発信しているため息ブログコメンテイターの問題点の指摘は続けていくつもりです。

ESねつ造を指摘したつもりはないとの体内時計さんのコメントは、やはり問題ありますね。

自らの小保方追求行動は、覚悟のものでないようです。

それでも、延々と小保方嘘つき論を書き並べるのは、彼女の問題ある性質が良くでています。体内時計さんが、自らの実生活で遭遇した人の嘘つきに驚いた!という経験談でなく、外部情報だけで、これだけ書いてしまうご自身の行動を問題視できない人です。

覚悟の行動でないのに、ここまでやるということが非難の対象となっているとの自覚は皆無なのでしょう。

No title

学とみ子
体内時計さんは、小保方氏をねつ造者呼ばわりをしながら、一方で、小保方氏に配慮するような発言をしたりするのも問題あります。

一旦、ねつ造者と言ってしまったら、配慮する立場には戻れないと、普通の人なら覚悟しますけど。
ねつ造者と決めるのは、重い作業です。

こうした矛盾する志向の人っていますが、人間相手の仕事には向かない人だと思います。、
相手は、何が本当か?で混乱します。

小保方氏をねつ造者として非難したいなら、覚悟を持って、しっかりその立ち位置を守ったらどうですか?

体内時計さんに、ESねつ造をこれだけ強く思い込ませた専門家たちの罪は重いですよ。

No title

学とみ子
ため息ブログの体内時計さんのコメントです。

>報告書は「論文を裏付けるデータは存在しなかった」と結論付けていますが、論文のどこに「ES混入では決して説明できない事実」があるというのでしょうか。

街灯の下しか見えない人たちと、学とみ子がこれだけ注意喚起したのに、体内時計さんの反論が、又、報告書ですか?

体内時計さんは、報告書で教えてもらったことが、何がなんでも正しいと思っています。

彼女は、薄暗い光でも、なんとか自分の頭で考察を繰り返して、疑問点を確認したり、不明な部分をあぶりだすというような作業はしませんね。
そうすると、自らの無知がさらけ出てしまうのではないか?と不安になるのですかね?

STAP細胞なんて、わからないと思うことが山ほどあると思いますよ。わからないことを、なぜ、わからないと感じることができないのか?不思議ですね。

体内時計さんは、理解できない時はさりげなさを装って逃げに入り、上から目線に切り替える癖があります。

No title

学とみ子
plus氏のコメントです。
>お婆ちゃんは5分も調べればわかることを調べずに書く。

ため息ブログのコメンテイターは、オリジナルな理論を展開しませんね。
論文引用もしません。ただ、書き連ねるのは、相手(多くは学とみ子)の悪口のみです。ついには、私はお婆ちゃんと呼ばれるようになりましたが、私はplus氏を広告業崩れのジジイとは呼びません。広告業の方に悪いのでね。

plus氏とって、科学知識とはウィキペディアで調べることなのです。
plus氏のでたらめ科学論もひどいのですが、彼自身はどこがどうひどいのかがわかりません。わかったら書きませんものね。そちらで、細胞論、科学論を書いているようですが、そちらの科学者たちは、plus氏の内容がひどいと思っても、(内心バカにしても)、やたらほめるかもしれませんよ。

No title

hidetarou
特許情報プラットフォームというサイトでスタップ特許情報を閲覧したら、分割出願情報という項目が増えていました。
何らかの進展があるという事なのでしょうか
出願番号2015-509109
経過情報から番号照会で2015-509109を入力
https://www1.j-platpat.inpit.go.jp/RS1/cgi-bin/RS1P001.cgi

No title

学とみ子
(一部の)研究界って、何でこんなにSTAPを攻撃するのでしょう。
表向き、不正を許さないとの大義名分はあるでしょう。

しかし、その大義名分の影にあるのは、小保方氏の反撃を封じたいとの研究界の意向です。

科学者たち(の一部)は、[守られるべき仲間内の人] と、研究社会が独自に決めた人のみに配慮します。つまり、渦中の人が将来、影響力を発揮するようになるか?で、人の扱いを変えます。

一般社会より、差別的意識が強い人たちと思わないですか?

そうした業界に首を突っ込んでいる学者が主催するブログになぜ、一般人が集うのでしょうか?
一般人が一緒になって、研究不正を声高に訴えて業界差別の片棒担ぎに参加するのだろうか?

普通の感覚の人なら、表向きはさりげなさを装い、内心で一般人をバカにする、科学者業界の差別的雰囲気に耐えられないと思うけどね。

No title

学とみ子
しばらく、書き込みの無かった体内時計氏がコメントした。

>学さんの荒唐無稽な主張は、「知的好奇心」とは全く無縁のものです。

体内時計氏の、相変わらずの上から目線で、虚勢のコメントだ。
実生活でこれは通用しない。

このコメントは、ES派、街灯派の特徴が良く出たもので、情報操作の光しか見えない人であり、小説[嘘ばかり]のおごりのある学生たちと同類だ。

ため息ブログで、自らを省みる事のできない人が、相変わらず理不尽な他人非難を繰り返す。

STAP細胞を擁護する人には理由がある。ES派は、その論拠を理解せず、ES説のデタラメもわからず、STAP細胞を引きずり下ろそうとするのか?

街灯派ES派の人たちがどんなに気を使って文章作りをしても、読むに耐える文章は書けない。光を当ててもらえないと、何も見えないからである。

普通の人なら、専門分野には触れることができないと自覚できるが、街灯ES派は、そうした自省、自制心の姿勢が無い。

学とみ子が具体例を引用して、[背伸びによる他人攻撃の愚かさ] を説いているのだが、ため息ブログに集う人たちの中で、変わって行

No title

学とみ子

plusさんは、ES混入説の是非を論じたいというより、別の目的意識があります。それは、STAP派の人たちの否定です。

STAPを信じる者はバカ丸出しだから、恥じろ!と、plus氏は、言いたいのでしょう。

どうして、こうした思考過程になっちゃうのでしょうか?

plus氏は、STAP擁護論を否定するには体力不足と思います。

No title

学とみ子
以前、匿名さんもplusさんと似たところがあって、承認されないことを前提に(本人がそう言う)、ひどい悪口を書き込んできました。

plusさんの場合、そこにプラスして独断的解説もついてきます。これでは承認できないですよ!さらに、ここで承認されなければ、他ブログに書き込んで他者の評価を得ようとはしない。
つまり、未承認を前提に、私をへこます事が目的なのだろうと思います。

こうしたplus氏のメンタリティを想像すると、こうなります。
(学とみ子は、)専門家で無いくせして、わかってないくせして、エラソに論評するな!
私(plus)が、やみくもでもいいから、個人的でもいいから、STAP擁護論を否定してやる!

そして、plusさんは、別ブログでは、別キャラクターで別の事を書いて、第三者読者の印象を変える----。

No title

学とみ子
STAP細胞は、毎回作るのだから不安定です。プロ科学者ですら、そこを理解しなかった。そして、STAPライバル研究者が、(良くあることとして)戦略的にSTAPを否定した。

しかし、研究ミスや研究妨害の可能性の指摘は、専門家層からは出ません。これらは、研究参加者全員の参加による自主的解決が大事です。

ES混入以外にあまたあるいろいろな可能性を、調査委員会は全く無視しました。

No title

学とみ子
plusさんは、ため息ブログにコメントしました。

>反論できないから非承認にしてるのが見え見えなのにバカ丸出しと言われるのだというのすら学習できないようです。可哀想に。

実は、この記事の最後に、彼のハチャメチャな出鱈目解説をコピペしようと思ったのですが、それはさすがに失礼と思いました。

私は、STAP事件の本質を考えたいので、いろいろな疑問を投げ掛けているのですが、それが全て出鱈目な珍説呼ばわりされてしまいます。

人工的介入の果てにあるアクロシン入り細胞の遺伝子制御の狂いなどの問題点、紛失とされた各細胞の実態
など、アンチSTAP派は、大事な事に想像が及ばない人たちです。

実験ミスについても、考える必要があります。

私がなぜ、問題提起しているのか?その理由すら理解してない。
これがES派の実態です。

No title

学とみ子
> ?さん
あなたが語ってもいいですよ。
あなたは語れないで、チャチャ入れだけするのはやめてね。
まあ、ここは大事なので、スポット当てたいわね。

No title

>>ここを論じようとすると、幅広い基礎的知識を必要とするけど、某氏さん、論じてくれたらうれしいわ。

町医者にはわからないんだろうね(笑

No title

学とみ子
某氏さん、

>検証実験で再現できなかったのはアクロシン入りマウスではなかったからだ、というのも代表的な珍説

ここを論じようとすると、幅広い基礎的知識を必要とするけど、某氏さん、論じてくれたらうれしいわ。

アクロシン入りマウスがどのような細胞を提供するのか?色々推論してみて!

ES派の学者は、ここには言及してくれないので、某氏さんのご自身の推論になります。

No title

学とみ子
町医者というのは、知識の無い医者のイメージですか?町医者のレベルはマチマチですよ。医者に知識がしっかりあるかを判断する力は、患者側が持たないとね。

あなたは、医者を判断する能力がないか?町医者などかかったことの無い若い健康人なのかもね。

ES混入説の破綻は、提示された多くの質問に答えられ無いことから明らかなの。時間がたてば、ES派による印象操作に惑わされない人たちが残っていく!

どんなに印象操作したり、STAP派を無能者呼ばわりで罵倒したりしても、これからはマイナスですよ。

No title

学とみ子
> ?さん
激しい権力抗争の渦中にある学者たちの構図が見えます。自分は正しく、相手は間違っているとまず疑うと、本庶氏も言っている。

STAP事件は、地位や実績の無い者に責任転化する科学界の現状を世間にさらした。科学用語を並べれば、世間をごまかせると、ES派は愚かにも思ったのでしょう。

ポストについている人たちで、何も言わない学者たちも多くいます。

あなたは、権力ある人に弱く、一般人をバカにする、そうした思考が良く見えます。権力ある人をサポートして、自らのステップアップに繋げたいのでしょう?

科学の正当性、公正性を大義名分にできるの?あなたは、科学的疑問点を数多く積み残ししているくせして----

No title

日本を代表する科学者達がES捏造論を認めているのに、一介の町医者の自分の妄想の方が正しいと言いたいの?
非公開コメント

トラックバック