今回は、調査委員が裁量権を行使して、ES混入と決めたのだ。科学的事実できまったわけではない。

学とみ子(青字)の以下の文章へ、ため息ブログのアノ姐さん(茶字)がコメントしました。
この間の、幹細胞の説明において、アノ姐さんにはひどい目にあわされました。
アノ姐さんは、反省などなさるどころか、相変わらず、学とみ子が間違っているとのことです。
もし、アノ姐さんは内心で懲りた!であれば、これからは、学とみ子の書いた文章を書き直したりしないでくださいね。
お願いしますよ。

アノ姐 より:
>若山先生と遠藤先生の遺伝子解析結果は、不正調査に使われていません。調査委員会独自の解析を行って結論を出しています。その解析結果が、若山先生、遠藤先生の解析結果を裏付けることになっただけです。擁護の方はここを誤解しているようなので。

擁護の人は、いろいろな可能性を考えている人です。
だから、誤解などしていませんよ。
あなたが、擁護派の理論についてこれないだけです。

アノ姐 より:          

学とみ子
 一方で、小保方氏の「混ぜていない」は認められなかったのです。この判断がフェアではなかったのではないか?が、ここで、今行われている問題提起です。

ある専門家は判断可能とし、別の専門家は判断ができないと言う。
どちらが正しいかはわからない。
こうした時は、専門家の裁量権でモノを決めて良いのだ。

本当に正しいサンプルについて解析されたかが不明でも、調査員がES混入と決めようと判断したら、ES混入説を採用できるということだ、

今回は、調査委員が裁量権を行使して、ES混入と決めたのだ。
科学的事実できまったわけではない。

こうした時、他の学者が混入説を否定をすることは可能だ。
しかし、理研はその判断を認めない。
理研は、その学者の裁量権を認めない。
つまり、混入説の決定は、科学的に証明されずとも、少数の専門家の裁量権で決めたということだ。

お互いに、研究者間で人脈を作り、都合をつけあう業界であるからこそ、長いものに巻かれる業界体質ということなのであろう。
スポンサーサイト



コメント

No title

学とみ子
ため息氏は、STAP細胞については論じない。論じたふりをするけど、論じてないです。

STAP派からの疑問提示を真摯にとらえて、ため息自身の推論や方向性を披露するなんて事をため息氏はしない。

ため息氏が言ってる事は、他の研究者判断に根拠を示せず盲従するだけで、これでは素人と一緒で、学者の姿勢でないのだわ。

そもそも、こうした揚げ足論評しかしないのは、STAP論文をしっかり読まないからでしょう。

きちんと読んでからコメントしなければいけない!との気なんて、ため息氏には、サラサラ無いとお見受けします。

以前のため息氏は、非専門領域だからと謙虚な姿勢もあったけど、今は、私をバカ呼ばわり、嘘つき呼ばわり、デタラメ論文著者呼ばわりとの罵倒言葉の一辺倒です。

学者お仲間、指導している学生に悪い影響ばかりだと思います。

No title

学とみ子
ため息氏のコメントです。
>学とみ子さんの科学的なリテラシーの程度が現れるわけで、その他にもおかしな点がが多々ありますが、

ご自身の研究でも、都合の良い矛盾しない結果が出たら論文にしてきただろうに。若干、問題点が残れば、discussionで処理してきただろうに。みんな、論文作法でやってることを、ため息氏は、学とみ子だけがとんでもなく逸脱しているとの情報操作に繋げるのか?

人脈のある人だけ擁護し、他のキャリアの薄い研究者は、ボロクソの悪口と情報操作で潰す悪徳研究者そのものだ。

体内時計さん、そんなところにいたら、あなたのためにならない。

No title

学とみ子
体内時計氏のコメント

>「都合の良い事」しか書かれていないのだとしたら、学さんは今まで何を根拠にES混入説を否定されてきたのでしょうか。

著者は、読者に納得してもらえるように、論文を書くと言う意味です。矛盾するような内容だったら論文としてアクセプトされないという意味です。このごく一般的をため息氏が、悪意ある解説に切り替えました。それを本気にして、こんな見当はずれの驚きを体内時計氏が感じてしまう。背伸びをしてる人だからこうなると自省してほしいです。

まさに、ため息ものです。コメントを、もっと塾考して欲しい。

No title

hidetarou
>小保方氏のみならず、若山氏も全てのSTAP論文関係者も「混入していない。」と否定しました。しかし、これは言葉だけで、やったという証拠も、やっていないという証拠もないわけです。そのため調査委員会は、「混入者も不明。事故か故意かも不明」と報告しているわけです。だから、ことさら小保方氏の主張が受け入れられなかったという事実はありません
違います。
調査報告書を読んだでしょ。
調査報告書には小保方さんを含めて関係者らの実験ノートや記録データを調査したが混入者を特定出来なかったと書いてありましたけど。
証言だけで調査したのでは無いという事を理解できないのでしょうか。

No title

学とみ子
調査委員会発表後の経過を書いて、何が言いたいの?

これで、世界中の学者が声をあげないから、STAP混入が決まるわけ?
問題ある論文は、学者たちが議論するけど、それで撤回には普通はならない。学者たちは警察じゃあ無いの。

STAP論文は、内部告発の極めつけと言えるような共同研究者からの撤回要求です。そんな論文は、他の学者と関係なく、もう終わりです。少しは、あなたはそうしたまともな思考回路をとったらどうなの?

これこそ、とんちんかんです。

No title

学とみ子
>したがって学さんのいってることがトンチンカンです。

あなたは、ご自身で英文論文は、読めないとおっしゃっているのだから、英文論文を書く立場の学者の行動が読めません。学者でない人は学者の思考回路がわかりません。皆、常識です。

STAP論文は、使用マウスの遺伝子が違うので撤回されたのです。それを知ってる人がいたのでしょう。つまり、内部告発です。ストレートに暴露することをせず、若干の回り道をしたと思います。勇気ある人が立ち上がったとのスタイルを取りました。

あなたは、大事な事がいつも見当はずれです。私は、小保方悪口を垂れ流す人の実態を知るためにはこうした記事を書いてます。

No title

学とみ子
>学とみ子が日本語を理解できないわけがないと威張っていたけど、やっぱり日本語がよめてませんね。

こういう事を書くと、ご自身の資質を問われるだけですよ。ご自身で無知を暴露し続けていますよ。

ため息氏の私への妄想呼ばわりの応援が少し遅れてますね。何か、彼は新たな戦略を考えてますかね?

No title

学とみ子
アノ姐さんからコメントです。長い文章とのことですが、最初から反論したくなります。

>世界中の専門家から疑義はありません。グダグタ言っているのはごく一握りのおかしな擁護だけです

論文は、著者に都合の良い事しか書きません。ここからミスを指摘するのは難しいです。不正の告発は、内部情報を持ってる人がいたりします。BCAには、他にもいろいろなアンチSTAP論文が載っており、これを読む学者たちは、科学的論争と理解し、自らはデータを持たないため、反論できません。学者の一般的スタンスです。

BCA論文の問題点一部をここでも紹介してるけど、アノ姐さんはこうしたものには、一切反応しません。

アノ姐さんは、STAP関連コメントのうちの理解しやすい街灯下だけ見てます。
非公開コメント

トラックバック