東大女子は、相手をまず見定める作業をやり、見定めてから、相手との次のステップに移行させるということをしていそうです。

テレビニュースでも上野千鶴子氏の祝辞の報道があったが、ため息氏の紹介もあり、学とみ子の考えをここに簡単に書きます。

>女子は子どものときから「かわいい」ことを期待されます。ところで「かわいい」とはどんな価値でしょうか?愛される、選ばれる、守ってもらえる価値には、相手を絶対におびやかさないという保証が含まれています。だから女子は、自分が成績がいいことや、東大生であることを隠そうとするのです。


学とみ子が,、“医学部の男女差は当然と言った”と、ため息グループは相変わらずの悪意のある解釈をしています。

「男の方が頭は良いのだから、医者になってからだって男性の方が良いに決まっている。」
と学とみ子が言わんとしていると、ため息グループは書くだろうとは予想はできますね。

国立大学の医学部は、女性が入りにくいということは無いと、上野氏の講演でも示されていたので、学とみ子は良かったと思いました。

この合格し易さの男女差別については、不合格とされた女子は裁判で争うより、その時間とお金で、他の大学医学部を狙った方が良いと思うと言うことですね。
次の入試に賭ける方が、報われますし、結果もクリアで公正です。

たとえ、裁判に勝てても、世の中は別の評価をすると思いますし、ますます、女性たちに厳しい評価をする人もいるでしょう。

裁判というものは、ストレスなものでしょう。
公開で、他人と争うことは、メンタルをひどく傷つけると思います。
医学部に不合格より、もっと心を傷つけることになります。

こんなことを学とみ子が書くと、又、ごまかした!失言をごまかそうとしている!と、ため息グループは言うでしょうね。
彼らは、学とみ子の言い分は悪意を持って解釈し、でたらめ呼ばわりをして、かつ、それを広めようとする人たちです。

学とみ子は、医学部入試のような社会的問題で、彼らと議論をしようとは思いません。
表面的に女性を擁護するようなスタンスをとりながら、実際には本音と建て前が違う人たちです。
それは、普段の文章の書きぶりからよくわかります。

これだけ他人の悪口を言ったり、小保方氏本人が認めないのにESねつ造は間違い無しとする人たちですからね。最初から、小保方捏造の問題点に気付き、破綻している事を知っている人もいます。

ため息グループのESねつ造の根拠だって、不十分な細胞理解から来ています。

但し、男女の社会的役割についてのため息グループ各人の意見は、人によりかなり違うと思います。
女性を蔑視していても、表面的にはいかにもフェアであるかのように装う男性がいます。
その多重な男性の価値観を、学とみ子は懸念します。騙される人はいますので。

そうではなく、おおらかで望ましい女性観をお持ちの人もいるでしょうけど・・・。

但し、こうした人でも、小保方氏は研究不正の張本人との建て前スタンスは変えないでしょう。
(彼らが本気でESねつ造犯人と思っているかは、わかりません)

上野氏が、“女性はかわいらしく見せたい”とおっしゃっている通り、若い女性はご自身をかわいくみせたいとする人が多いでしょう。
もちろん、この事自体は、悪い事ではありません。

実生活で、若い女性たちはすぐ笑顔をみせてくれるし、やさしく接してくれます。
女性のコミュニケーションスキルが高いというのは感じます。
彼女たちは、そのために努力していると感じます。

一般検診で、短時間で数で勝負の診療時に、私は男女差を感じます。
こちらは早く終わらせたいのに、男性各人が病気に持論があり説明に時間がかかる事があります。

相手が男性だと、あれこれと学とみ子は言い方を工夫する必要があります。
相手からの切り返しがあるのです。

これは、私自身で感じる事で、結果、私は疲れますし、時間もかかります。

とにかく、男性は作り出せるエネルギー量が違います。
このエネルギー量は、体力からくるものです。
こうした男性の生理学的優位性を十分に自覚しておいた方が、女性は有利と思います。

上野氏の祝辞にもあるように、女性は、東大生であることを隠すとあります。
もちろん、東大女子は自らに優越感を持っているのですが、彼女たちはそれをまずは露骨に出さない方が得策と考えるのでしょう。

つまり、東大女子は、相手をまず見定める作業をやり、見定めてから、相手との次のステップに移行させるということをしていそうです。見定めが難しいと感じたら、しばらく様子を見るでしょう。あるがままの自分自身の状態については、良く見返せる女子たちと思いますね。

この相手と自分自身を見定めるとの作業も悪い意味ではなく、女性は相手に配慮するという意味です。
つまり、女性はコミュニケーションスキルが高いとの能力とも関係する事です。

だから、東大女子は、まずは謙虚に!ということになるのでしょう。
スポンサーサイト



コメント

No title

セイヤ
> 学とみ子さん

見たのはトップページの魚拓で、そこのプロフィール欄ですが、消されたのではなく、接続できてもページが開けない状態だったので魚拓は残っていると思います。
開けないのは、魚拓サイトというよりヤフー側の措置だと思いますけど。

魚拓の件は、ヤフーブログのページ画面構成する時、画像、カレンダー、記事一覧等の付帯情報を置き、プロフィール欄のリンクを貼りますが、この機能とアーカイブ・イズの魚拓機能とがミスマッチで不具合があったものと思います。
魚拓に採られたトップページ及び記事のページからプロフィール欄を開くと、内容、カレンダー情報、採択日情報とかが、真正プロフィール欄情報と矛盾するのではないか。今回は消えているはず内容が残っていたので、このプロフィール欄を2月9日に魚魚拓したのだと思います。

こう思うのは、アクセス制限で情報をとれなくしたこと、ブログ記事の魚拓は改変され、記事のみの表示となりカレンダー等を外していることからです。
ヤフーブログに限って、魚拓のURLの採択日が入らないのも矛盾が起きる一因かもしれません。

No title

学とみ子
> セイヤさん
お久しぶりです。こちらにいらしたら聞こうと思っていたことがあります。

セイヤさんが2017年に見た学とみ子自己紹介のリンク付き魚拓についてです。この魚拓は消されてしまったのですよね。消せるのは魚拓の管理者とのことですが、もしそうなら、この魚拓を作ったのも管理者(の一人)と言うことになります。

そう考えて良いのでしょうか?

No title

セイヤ
> ため息さん

>学とみ子は女性蔑視していると言っているのだ。

記事は、女性を蔑視しているとは思えないけど、ため息さんの「妄想」じゃないですか?
医学部の入学試験で言えば、男女間には、思考的、体力的、生理的制約等いろいろ違いがあって、足して2で割れば事足りるのではなく、単純なペーパーテストの選抜は、女性が得意なので数が多くなり、女医さんが増えると力仕事の外科医は不足するなど、専門医のバランスが崩れて医療現場は混乱することになる。このことが「男女差別があるのも、ある意味やむをえない面があります」ということではないですか? ただし、東京医大の方法で良いとは学さんは言っていませんよ。

「妄想」はいいから「一言居士」さんの主張は納得するんですか?。私は、ペーパー1枚を待つまでもなく、次の一行で十分ですけど。

【彼は最初のキメラを破棄してしまっています。】(4月11日 )

STAP論文の肝は「キメラ誕生」で、作った人は、最も重要な証拠が不明では済まされず、警察に届けると思うが、本人が捨てていたとはね。やっぱり残したら都合が悪いんだな。

No title

学とみ子
> ため息さん
>東京医大の差別で不合格になった女性の前でこのセリフを言えるのですか?

裁判を起こす前に言ってあげたいと感じました。そもそも、普通の家庭の人にとって、私学医学部はハードルが高い。すでにそこはフェアな世界ではない。私学医学部は、誰でも公平に勉学可能な世界でなく、最初から金銭的問題で、受験しない人は大勢いる。社会的にもフェアでないと認識されてる。

大学は大学の存続に有利な人を選ぶというのは、それが極端でなければ許容されるとの判断は出るのかな?

No title

ため息
「学とみ子が,、“医学部の男女差は当然と言った”と、ため息グループは相変わらずの悪意のある解釈をしています。」

「男女差」とはなんでしょ?「男女差」について、当方は(グループとしても)言及していません。そもそもグループなど構成していませんからね。勝手に話を作るな。

学とみ子は女性蔑視していると言っているのだ。
3つ前の記事「ジェンダーバイアス!は...」では
「医学部の入学試験に男女差別があるのも、ある意味やむをえない面があります。」とある。

医学部入試に男女差別があっていいと言っているではないですか。そんなこと言っていないとでも言うのですか?

「この合格し易さの男女差別については、原告は裁判で争うより、その時間とお金で、他の大学医学部を狙った方が良いと思うと言うことですね。
次の入試に賭ける方が、報われますし、結果もクリアで公正です。」

東京医大の差別で不合格になった女性の前でこのセリフを言えるのですか?
最高の教育を受け博士号も持つ女性医師が言えるのですか?
女性としてというより人間として最低としか思えないですな。
非公開コメント

トラックバック