今回のレフェリー2の査読はまさにため息グループにとっての踏み絵となった。

今回、踏み絵という言葉を使ったplusさんだが、彼は、時々、おもしろい表現をする。
そのplusさんは今や、ため息ブログで一番の論者だ。

そのうち、別名で、STAPの暴露本を出すのではないか?と、学とみ子は妄想している。
”権力抗争としてのSTAP事件”
”日本的権力抗争をSTAP事件に見る”
とか何とかのタイトル本でも出す気ではないだろうか?

妄想のような本構想かもしれないが、著作に必要な科学的知識を学とみ子から得ようと頑張っているようにも見える。
一言居士さんも狙われているかもしれない。
とにかく、学とみ子をけなせば、学とみ子が反論するだろうとしかけてくるのである。
恐らく、plusさんにとって、学とみ子の反論は、いろいろ示唆に富む知識があるのだろう。
その位、今のplusさんはSTAP事件の科学的背景を知りたがっている。

体内時計さんが、科学知識には決して触れない理由は、女性らしく恥をかきたくないとの気持ちかもしれない。しかし、彼女は科学知識に触れずとも、一般常識にかなり問題がある人である。
そんな体内時計さんが、科学知識の発信に躊躇する分、彼女の知識も全く進まない。
参考にするものがES派のマスコミ人、ES派学者たちと、桂報告書だけである。
体内さんにとってそれが全てだ。

ワンマン社長の目の前で、社長に向かって社員が批判することがないように、親方日の丸に向かってES説批判をする科学者たちはいない。
つまり、親方日の丸ががんじがらめに研究費支給を支配する日本において、科学者たちは、皆
お金の配分を気にしている。
ES説が偽物と公然と言い放つ科学者はいない。
それをもって、科学者たちもES説は絶対正しいと言ってると、体内さんは言いきってしまう人である。

一方、反骨エネルギー十分なplusさんは、何を言われようが、でたらめでも何でも科学論を書いてしまう人だ。
書いた文章が批判を浴びれば、次は問題点を修正してリバイスバージョンを出してくる逞しさがある。

今回のレフェリー2の査読はまさにため息グループにとっての踏み絵でした。
学とみ子がしかけたわけではないが、結果的にそうなったのです。
学とみ子の投げた質問にどの位、的確にため息氏らが答えられるか?です。

それぞれのため息メンバーの人たちが、どの位の基礎知識を披露できるかが試されました。
その結果がさんざんたるものであった事は、このブログを読めばわかります。

ため息メンバーの人たちの文章の中で、読む価値のあった答えをあげるとすると、それはplusさんのリバイス版です。

plusさんが独自で書いた初回の回答文はひどいものだったのですが、学とみ子にけなされてplusさんは仕切り直しをしたようで、リバイス版を出してきました。

学とみ子の解説を参考に、グーグル訳も駆使した作品に、plusさんはしあげてきました。
学とみ子の解説無くしては、彼自身だけでどこまでがんばれたのかは謎です。

ため息氏も、翌日、STAP論文を読み直して書いて来たものの、plusさんの文章のクオリティに達しませんでした。
大学教官が、マスコミ出身者に負けました。

体内さんが答える立場であったら、彼女は何を答えに書くべきなのか?何が質問されているのか?すらわからないでしょう。
学とみ子の提供した質問には、答えがはっきりしめされていませんでした。
体内さんは、新たな議論も、新たな問題提起もわかりません。
今までと同じだと感じるようです。
ですから、学とみ子は今までの議論を繰り返しているだけと体内さんは言います。
そう言ってしまうことが恥ずかしい事とは、体内さんは思わないようです。

体内さんは、桂報告書を暗記しているのですが、元々、基礎体力がある人ではありません。
細胞動態というものをイメージできないので、暗記以外の試験問題になると全く答えられないのかもしれません。

ため息メンバーの人たちは、これらのSTAP情報をずっと前から持っていても、その内容について議論しあっていないのです。
これはTCRについても同様で、ゲル図2の問題、特許図も含めて彼らは図を持っていました。

体内さんはうかつにも、ゲル2の(初回バージョンの)TCRの図をため息ブログにアップしてしまいました。
体内さんは、図の意味もわからずアップしてしまったのでしょう。
しかし、彼女はこの反省もしていません。
ゲル2の何が問題になっているのか、今の体内さんは見当がついているのでしょうか?

ゲル2のTCRクリアバンドは、以前にさんざん議論されてきた図とは違います。
この図が過去にどう議論されたのか?以前、読者の方々に学とみ子が聞いていますが、答えがありませんでした。

ため息ブログの人たちは、ボケボケTCRも、クリアバンドTCRも全く区別していないようです。
これでは、TCRの知識が無かったと言われてしかたありません。

とにかく、ため息メンバーの人たちのレベルは、あきれる返る程ですが、彼らの問題点は、それを認めないことです。
いつでも、目一杯の虚勢をはって、数の力にものを言わせて、学とみ子が間違っていると言い続けています。

STAP事件は、本物(STAP細胞)が、偽物によって無き物にされてしまった事件ですが、その状況をため息グループが、今、演じているのです。
偽物が本物を否定しているのです。

話は変わり、視野を広げます。
広く社会を見る時、理解できる人が少なく、理解できない人が多い時、理解できない人の力が強くなってしまう危険があります。
世界的に、ポピュリズムが懸念されています。
そこでは本物が潰されるのです。

日本はそうした方向になっていかないよう、幅広く国民が知識を持ち、だれもが参加して議論できる平等社会を維持しないといけませんね。
本物が偽物につぶされたら、こんな悲しいことはありません。



         コメント(24)

上記投稿のように、最近の学とみ子は、他人批判を書きすぎていると思う。

しかし、学とみ子が書いていることを、これだけあちらの人から否定されると、当方もこうなるしかない。否定しなければ、否定されてしまう。

学とみ子が言いたい事は、不十分な知識がSTAP細胞を潰したということだ。

今回は毒気が強すぎたのか、まだ、あちらは静かだ。こんなjoさんから以下のコメントがあった。

>最近何故味噌汁を煮立てはいけないのだろうと思いまして検索したり実地に作成したりしておりましたが、

この方、日頃の味噌汁をどう味わってるのだろう。煮立ててしまったら一発で味が変わっちゃうよね。削除
2019/5/18(土) 午前 6:18学とみ子
返信する

体内時計さんがコメントしました。

>>おばあちゃんは結局、鏡に向かって自分を慰めることにしか関心がない人であったということですな。
plus99%さんの仰る通りですね。

相変わらずのそんなこと言ってたら大事なコメントを引き出せないでしょう。そちらの議論を通じてご理解ください。削除
2019/5/18(土) 午前 8:59学とみ子
返信する

体内時計さんです。

>言葉には責任を持ってください。
答えられないのですか?

もう答えてますよ。以前に、なぜゲル2のTCRが問題なのか?を説明してるじゃあないですか?その意味が、体内さんには理解できていないのです。だから、そちらの人に学とみ子の説明を、説明してもらってください。

体内時計さんがそこを理解できたら、学とみ子は、他の人と同じことしか言わないなどと、あなたは言えないはずです。

もぐら叩きなどと失礼極まりない表現を良く言えますね。あなたの知識は、もぐらすら叩ける力は無いものです。

こうした下品な表現をしつつ、一方で気取った文章を書くあなたは、ホントに社会的バランスの悪い人です。削除
2019/5/18(土) 午後 0:22学とみ子
返信する
顔アイコン
「もう答えてますよ。以前に、なぜゲル2のTCRが問題なのか?を説明してるじゃあないですか?」

どこに?誰もわからないので教えてくださいな。削除
2019/5/18(土) 午後 1:14[ ため息 ]返信する

> ため息さん
体内時計さんがわかるように説明してあげるのは、ため息さんのお役目です。

ES派にとって不利になる理由も含めて説明してあげてください。黙っていると、plusさん、oTakeさんに先を越されますよ。削除
2019/5/18(土) 午後 2:43学とみ子
返信する
承認する
顔アイコン

顔アイコン
パートナーは
以前、ため息氏が案内されていた、
発生生物学学会(5月14~17)を私に内緒で見学してきたそうです。
専門用語が飛び交う学会の内容など、ちんぷんかんぷん、になる
はず、、、と 当然予想できますのに、1万円もする入場料を
支払ってまでwmm、、、まぁ奇人変人ですこと、呆れてしまいますね、
研究者お一人当たり、15分のプレゼン殆ど何をテーマにしたプレゼンかも分からん(なんのこっちゃ)だった。<笑>ですって、
そんな所に、どうして行く気になったの?ですよね、
彼によると、学会という世界のイベントから見えて来る全体の雰囲気や
若手から、ベテラン研究者という方々の取り組む姿、
などなど、感じ取りたかったそうです。そんな思いで特に感銘したのは、
次々登壇してきた方々、
30代前後と思われる、女性研究者の凛凛しいプレゼンのテンポだったそうですベテランさんの質問にも、真摯に応えていたそうです。削除
2019/5/18(土) 午後 6:59[ Ooboe ]返信する
顔アイコン
殆ど内容が分からないプレゼンの中でも数件については、テーマの主旨の大枠が感じ取れたそうで、特に興味深かかったテーマのプレゼン研究者に、閉会後にコンタクト、パートナーはど素人と自己紹介し、
いろいろ質問しましたが懇切丁寧に応えて下さり
メールまで教えてもらって、パートナー感激!今後の発生生物学の
研究進展を「あなたを通じて」追っかけたい思いを伝えたそうです。
現在、研究のテーマの中心は、
nonコードDNA領域とnonコードRNAの
働き解明に凄まじい速さでシフトしてきていると、山中先生も解説なさってました。研究者達のこの領域解明から
Stap研究など、意図していない研究者の成果からたまたま、Stap現象解明に繋がる発見がもたらされるかも知れないと。パートナーと私。
長い未来の夢を、待つ楽しみを語りあいました。削除
2019/5/18(土) 午後 7:53[ Ooboe ]返信する
顔アイコン
> Ooboeさん

学とみ子が答え済のものや、現時点では答えがない(推論の域と学とみ子が答えている)にもかかわらず、ため息氏らは、学とみ子にしつこく質問してきます。ため息氏らは、あれこれと専門っぽく書いてきて、学とみ子は、答えていない!答えをごまかしている!逃げている!答えられないでいる!と、騒ぎ立てるのですよね。

無駄な質問に答えるのは意味がないから、学とみ子は放置しているのですが、第三者がこのやりとりを読むと、(専門的知識が無いと)、本当に、学とみ子がでたらめを言っていて、答えをごまかしている!になるようです。

専門家(ため息氏ら)の正当なる質問に、学とみ子は答えられない!と、第三者はアンチ学とみ子の印象になるようです。

学とみ子が答えをごまかすのは嘘つきの証拠だ!とか、本気で信じる人が、ため息ブログにいるんです。削除
2019/5/18(土) 午後 8:20学とみ子
返信する
顔アイコン
こうした、ため息氏らによるでたらめパフォーマンスが実際に機能しているなんて、私は考えたことがなかったのですが、そうでもなく、バッチリ機能しているのですね。学とみ子バカ論に効果的に効いているので、正直びっくりしてます。

今回も、TCRがおかしいとの議論が起きています。昨年の末から、Lさんも参加して、あちらでも、こちらのブログでも議論してます。当ブログでも、Ooboeさんも参加して、学とみ子は自らの意見を紹介しているのです。

専門知識を持つ人の間では、TCRは共通鵜認識になっているはずなのに、ため息氏らは、学とみ子が答えをごまかしていると言います。
ええっと、と、どうしてそんなことを言うの?が、学とみ子の印象です。

生物領域の人でも、TCRの難易度は高いようなので、実際の研究者層も、STAP事件当初、理解できなかったようです。一研究者さんも理解できていなかったようです。

当然、体内さんには、TCRの理解は無理だと思うので、彼女自身で、どんどん、あちらの専門家に聞けば良い問題です。削除
2019/5/18(土) 午後 8:22学とみ子
返信する
顔アイコン
昨年からの議論で、学とみ子はすでに当ブログで書いています。
それが理解できなくとも、学とみ子を軽蔑している体内さんに、学とみ子が親切にする義理ははありません。体内さんにけなされて、脅されて、なんで、学とみ子は教えなければいけないのでしょうか?

頭が良い人なら、専門教育を受けなくてもTCRを理解してしまうと思いますが、どうやら、plusさんはまだのようです。
マスコミは最後まで理解できていません。きちんと解説してくれる人がいなかったのでしょう。

結局、今、ここで、議論のリーダーシップをとっているのは学とみ子の方ですが、科学知識がない第三者は、立場が逆転して、ため息氏らがリーダーシップをとっていて、彼らに劣る学とみ子は、ごまかしている人になっちゃうようです。削除
2019/5/18(土) 午後 8:25学とみ子
返信する
顔アイコン
一般の人には、ため息グループと学とみ子の両者間の議論を追っていくのは煩雑で、ハードルが高いと思います。

しかし、当ブログを読み続けている人たちは、だんだん、理解が進むと思うので、ため息氏らのパフォーマンスに騙れないで欲しいと思います。

知識ある人たちが、同じ目的で寄り合って世間を印象操作した時、真実をねじまげる力が生まれます。それはとても怖いですね。STAP事件は、その事例です。
パートナーさんのモチベーションも、そうしたところではないでしょうか?削除
2019/5/18(土) 午後 8:27学とみ子
返信する
顔アイコン
ため息氏のコメントです。

>学とみ子様は「インビトロの三胚葉分化実験」などというけど、これはキメラの実験ですね。区別ができてないのは学とみ子様ですね。

三胚葉分化の実験って、多能性細胞を誘導用の人工培地で内、中、外の細胞へ誘導する実験と、学とみ子は思っています。キメラにいれたら、三胚葉を超えて、さらに先へ先へと分化して行ってしまいます。ため息さんも、plusさんも間違ってない?

>・・・などと、このコメントからどうやって推測するのでしょうか?

では、学とみ子から質問しますが、なぜ、レフェリー2は、培地の条件をしつこく著者に聞いているのでしょうか?レフェリー2が、何の専門家だと想像しますか?

ため息さんのお答えは、そちらでお願いします。お答えに対するさらなる学とみ子からの返信はいたしません。
又、この質問を無視されてもかまいません。削除
2019/5/18(土) 午後 9:13学とみ子
返信する
顔アイコン
plusさんは一生懸命に考えてます。
どう発展するのか、経過を追います。

>STAP細胞は増殖しないというのはどうですか?と言ってますね。そんなのがキメラになるの?
STAP幹細胞になると増殖するというのはどういう理屈でしょう、というのと、インヴィトロで増殖すらしないものがインヴィヴォでは強力な能力を発揮するのはどういう理屈?というのは同じ疑問の別の側面だということですね。


一言居士さんの説明を補正します。
多能性細胞は、幹細胞でなくても、in vivoであれば増殖できます。まさにSTAP細胞がこれです。

生体内に生理的に存在する血液幹細胞とは違い、ES,TS系の幹細胞は人工培地で誘導した人工細胞です。この細胞は、人工培地で増殖可能で、かつ多能性も維持します。

生体内でいれた多能性細胞は分化していってしまいます。多能性は維持できません。

こうした基礎知識が、plusさんは弱いでしょう?
生き物である細胞は、生体内では、どんどん、変化していってしまうのです。削除
2019/5/18(土) 午後 9:46学とみ子
返信する
顔アイコン
学さん

仰る通うり、パートナーのモチベーションは、悪意あるアンチ小保方否定論者やしたらば掲示板での、一言居士さん考察を強烈な連続下劣
書き込みで妨害し、ついには、一言居士考察したらば掲示板は、
アンチ小保方Stap荒し輩によってズタズタに破壊されたことに対して、
のものですが.この荒し輩と、ため息gによる執拗な学さんへの揚げ足攻撃とは精神性において、荒し輩とかわりないでしょう。
実際、こんな現象がいまだ存在していること、そのものが、
いかにアンチ小保方のES派の悪意が当時から存在していた
ことを逆に示唆してくれてます。

学さんを、ずっと以前から、認知能力の不能者、や嘘つきと!決め付けてきましたがそうであるなら
【認知不能者や、嘘つき】であるとする
学さんとは、対話不能という事になります。対話が成立しないと貶しているのに、あいもかわらず、認知不能の学さんのことを、一生懸命
相手にしているという、まこと彼らの自己矛盾は、滑稽極まりないです。削除
2019/5/18(土) 午後 9:57[ Ooboe ]返信する
顔アイコン
学さん

パートナーによりますと、学さんが、2018年2月22日エントリ
「リボソームは月明かりタンパクと言われ~」で熊本大学論文を
紹介なさってましたが、 今回の学会でもプレゼンされていたそうです。しかしパートナーは聞き逃しましたが、ポスターストリートに掲示されてたそうです。
「乳酸菌、取り組みによる細胞多分化能の獲得現象の発見」

「リボソムが多能性を誘導する物質だった。」

「リボソム誘導細胞塊(Rics)は細胞分裂しないが多分化能を持つ」

「細胞分裂の停止は、小胞体ストレスとオートファジーが関係する。」削除
2019/5/18(土) 午後 10:22[ Ooboe ]返信する
顔アイコン
プレゼンタイトル(p-148)は
「リボソームによる細胞分化可塑性の誘導」削除
2019/5/18(土) 午後 10:26[ Ooboe ]返信する
顔アイコン
> Ooboeさん
何を言われようが、研究者たちは普通は戦いますよね。つぶそうとする相手を、逆につぶそうと研究者は頑張るのです。
山中氏もそうしてきたと思います。

STAP事件は、マスコミと政治が乗り出してきたから、ここまでおかしくなってきたのですね。
知識がなくても、誤解にもとづきがんばる人たちが、たくさん出てきてしまいました。

でも、今度、似たような事件がおきたら、同じ展開にはならないと思います。

皆、STAPでいろいろ学びましね。

リボゾーム蛋白は興味深いですね。熊本大学ですもの。削除
2019/5/19(日) 午前 5:38学とみ子
返信する
顔アイコン
joさんのコメントです。

>事なのだろう?と言う素朴な疑問すら学さんが理解していない、とご自身でおっしゃっておられるわけで。

学とみ子の言い方も悪いとおもいますが、あちらの方は、学とみ子の無理解にすべて結び付けてきますね。

ネット情報なり何らかの知識を得て、他人に紹介したい時、自らの経験や気付きを含めて文章づくりをすると、人が読んでおもしろい内容になりますよ。
と、学とみ子は、言いたいのです。
STAPとは違い、味噌汁は日常的なことなので。

しかし、joさんは、不愉快になられたのでしょう。学とみ子とため息ブログとは、お互いに不信感をぶつけあっている状態が反映されてます。私も反省しています。削除
2019/5/19(日) 午前 5:53学とみ子
返信する
顔アイコン
はなさんのコメントです。
2019年5月19日 1:06 AM

この方も、付和雷同している方です。
STAPを否定したいなら、もっと自ら勉強しないとだめです。

plusさんのように学び始めると、いろいろ疑問が出てきます。その疑問を、しっかり外にぶつけていると、だんだん、見えてきます。
以下のようなことを書いてしまうはなさんは、そうした自らの習びをしていないですね。

>Scienceの査読者の文章を持って、自分の見解と堂々と記事に書く学さんには驚き呆れ果て、今まで言葉に出なかったのですが。

査読者が何を言いたのかを想像して書くのは、書き手の自由です。

わからない現象を研究した論文が出たら、その結果を査読した人を、”別の人”が論評することができます。その”別の人”は、査読者をどの理解するかを書くので、オリジナリティが高いです。つまり、いろいろな意見が出るということです。

学とみ子の意見と、ため息さんの意見が違っていてもかまわないのです。削除
2019/5/19(日) 午前 6:10学とみ子
返信する

上に、学とみ子が書いた共通鵜認識
はミスで、共通認識の間違いです。すみません。削除
2019/5/19(日) 午前 6:52学とみ子
返信する
顔アイコン

顔アイコン

顔アイコン
あしらう、というのは、あへしらふ、という女性の根源的能力かな。学さんに顕著ですね。この言葉をネガティブに使うのが紫式部の癖かな。とても意地悪でね。頭がいいもんで。削除
2019/5/20(月) 午後 9:17[ 一言居士 ]返信する



スポンサーサイト



コメント

No title

一言居士
あしらう、というのは、あへしらふ、という女性の根源的能力かな。学さんに顕著ですね。この言葉をネガティブに使うのが紫式部の癖かな。とても意地悪でね。頭がいいもんで。

No title

ため息
Ooboe さん

「 【認知不能者や、嘘つき】であるとする学さんとは、対話不能という事になります。」 → はいそのとおりでしょうね。しかし当方が言ったこともないことを言ったと嘘を撒き散らす方をどうしたらいいのでしょうか?

何をいっても承認されない当方とは違い、なんでも承認されるOoboe さんなんだから、嘘だと思ったら・嘘ではないと思ったら、前に言っていることと違っていると思ったら・思わなかったら、反対・同意するという意見を言ったらいいでしょうが。議論の科学的な内容のことではないですよ。

例えば、レフリー2の意見を翻訳したものを自分の意見だと学とみ子さんは主張するのを Ooboe さんは認めるの?

擁護であっても、おかしいことはおかしいと指摘してあげなさいよ。それが友人のすることでしょ。学とみ子ブログを利用するだけなの?

No title

ため息
学とみ子曰く:「査読者が何を言いたのかを想像して書くのは、書き手の自由です。」

はい、ごもっともで、誰も反対しません。しかし査読者のコメントを自分の意見だと言う方は、学とみ子様だけで「驚き呆れ果て」るのは普通の反応です。

ttps://blogs.yahoo.co.jp/solid_1069/15949537.html で唯一の茶色の文字列とはレフェリー2のコメントのGoogle翻訳で、「学とみ子の見解は、茶字で示しましたとおり」と書いたのは、よもやお忘れではないですよね。

No title

学とみ子
上に、学とみ子が書いた共通鵜認識
はミスで、共通認識の間違いです。すみません。

No title

学とみ子
はなさんのコメントです。
2019年5月19日 1:06 AM

この方も、付和雷同している方です。
STAPを否定したいなら、もっと自ら勉強しないとだめです。

plusさんのように学び始めると、いろいろ疑問が出てきます。その疑問を、しっかり外にぶつけていると、だんだん、見えてきます。
以下のようなことを書いてしまうはなさんは、そうした自らの習びをしていないですね。

>Scienceの査読者の文章を持って、自分の見解と堂々と記事に書く学さんには驚き呆れ果て、今まで言葉に出なかったのですが。

査読者が何を言いたのかを想像して書くのは、書き手の自由です。

わからない現象を研究した論文が出たら、その結果を査読した人を、”別の人”が論評することができます。その”別の人”は、査読者をどの理解するかを書くので、オリジナリティが高いです。つまり、いろいろな意見が出るということです。

学とみ子の意見と、ため息さんの意見が違っていてもかまわないのです。

No title

学とみ子
joさんのコメントです。

>事なのだろう?と言う素朴な疑問すら学さんが理解していない、とご自身でおっしゃっておられるわけで。

学とみ子の言い方も悪いとおもいますが、あちらの方は、学とみ子の無理解にすべて結び付けてきますね。

ネット情報なり何らかの知識を得て、他人に紹介したい時、自らの経験や気付きを含めて文章づくりをすると、人が読んでおもしろい内容になりますよ。
と、学とみ子は、言いたいのです。
STAPとは違い、味噌汁は日常的なことなので。

しかし、joさんは、不愉快になられたのでしょう。学とみ子とため息ブログとは、お互いに不信感をぶつけあっている状態が反映されてます。私も反省しています。

No title

学とみ子
> Ooboeさん
何を言われようが、研究者たちは普通は戦いますよね。つぶそうとする相手を、逆につぶそうと研究者は頑張るのです。
山中氏もそうしてきたと思います。

STAP事件は、マスコミと政治が乗り出してきたから、ここまでおかしくなってきたのですね。
知識がなくても、誤解にもとづきがんばる人たちが、たくさん出てきてしまいました。

でも、今度、似たような事件がおきたら、同じ展開にはならないと思います。

皆、STAPでいろいろ学びましね。

リボゾーム蛋白は興味深いですね。熊本大学ですもの。

No title

Ooboe
プレゼンタイトル(p-148)は
「リボソームによる細胞分化可塑性の誘導」

No title

Ooboe
学さん

パートナーによりますと、学さんが、2018年2月22日エントリ
「リボソームは月明かりタンパクと言われ~」で熊本大学論文を
紹介なさってましたが、 今回の学会でもプレゼンされていたそうです。しかしパートナーは聞き逃しましたが、ポスターストリートに掲示されてたそうです。
「乳酸菌、取り組みによる細胞多分化能の獲得現象の発見」

「リボソムが多能性を誘導する物質だった。」

「リボソム誘導細胞塊(Rics)は細胞分裂しないが多分化能を持つ」

「細胞分裂の停止は、小胞体ストレスとオートファジーが関係する。」

No title

Ooboe
学さん

仰る通うり、パートナーのモチベーションは、悪意あるアンチ小保方否定論者やしたらば掲示板での、一言居士さん考察を強烈な連続下劣
書き込みで妨害し、ついには、一言居士考察したらば掲示板は、
アンチ小保方Stap荒し輩によってズタズタに破壊されたことに対して、
のものですが.この荒し輩と、ため息gによる執拗な学さんへの揚げ足攻撃とは精神性において、荒し輩とかわりないでしょう。
実際、こんな現象がいまだ存在していること、そのものが、
いかにアンチ小保方のES派の悪意が当時から存在していた
ことを逆に示唆してくれてます。

学さんを、ずっと以前から、認知能力の不能者、や嘘つきと!決め付けてきましたがそうであるなら
【認知不能者や、嘘つき】であるとする
学さんとは、対話不能という事になります。対話が成立しないと貶しているのに、あいもかわらず、認知不能の学さんのことを、一生懸命
相手にしているという、まこと彼らの自己矛盾は、滑稽極まりないです。

No title

学とみ子
plusさんは一生懸命に考えてます。
どう発展するのか、経過を追います。

>STAP細胞は増殖しないというのはどうですか?と言ってますね。そんなのがキメラになるの?
STAP幹細胞になると増殖するというのはどういう理屈でしょう、というのと、インヴィトロで増殖すらしないものがインヴィヴォでは強力な能力を発揮するのはどういう理屈?というのは同じ疑問の別の側面だということですね。


一言居士さんの説明を補正します。
多能性細胞は、幹細胞でなくても、in vivoであれば増殖できます。まさにSTAP細胞がこれです。

生体内に生理的に存在する血液幹細胞とは違い、ES,TS系の幹細胞は人工培地で誘導した人工細胞です。この細胞は、人工培地で増殖可能で、かつ多能性も維持します。

生体内でいれた多能性細胞は分化していってしまいます。多能性は維持できません。

こうした基礎知識が、plusさんは弱いでしょう?
生き物である細胞は、生体内では、どんどん、変化していってしまうのです。

No title

学とみ子
ため息氏のコメントです。

>学とみ子様は「インビトロの三胚葉分化実験」などというけど、これはキメラの実験ですね。区別ができてないのは学とみ子様ですね。

三胚葉分化の実験って、多能性細胞を誘導用の人工培地で内、中、外の細胞へ誘導する実験と、学とみ子は思っています。キメラにいれたら、三胚葉を超えて、さらに先へ先へと分化して行ってしまいます。ため息さんも、plusさんも間違ってない?

>・・・などと、このコメントからどうやって推測するのでしょうか?

では、学とみ子から質問しますが、なぜ、レフェリー2は、培地の条件をしつこく著者に聞いているのでしょうか?レフェリー2が、何の専門家だと想像しますか?

ため息さんのお答えは、そちらでお願いします。お答えに対するさらなる学とみ子からの返信はいたしません。
又、この質問を無視されてもかまいません。

No title

学とみ子
一般の人には、ため息グループと学とみ子の両者間の議論を追っていくのは煩雑で、ハードルが高いと思います。

しかし、当ブログを読み続けている人たちは、だんだん、理解が進むと思うので、ため息氏らのパフォーマンスに騙れないで欲しいと思います。

知識ある人たちが、同じ目的で寄り合って世間を印象操作した時、真実をねじまげる力が生まれます。それはとても怖いですね。STAP事件は、その事例です。
パートナーさんのモチベーションも、そうしたところではないでしょうか?

No title

学とみ子
昨年からの議論で、学とみ子はすでに当ブログで書いています。
それが理解できなくとも、学とみ子を軽蔑している体内さんに、学とみ子が親切にする義理ははありません。体内さんにけなされて、脅されて、なんで、学とみ子は教えなければいけないのでしょうか?

頭が良い人なら、専門教育を受けなくてもTCRを理解してしまうと思いますが、どうやら、plusさんはまだのようです。
マスコミは最後まで理解できていません。きちんと解説してくれる人がいなかったのでしょう。

結局、今、ここで、議論のリーダーシップをとっているのは学とみ子の方ですが、科学知識がない第三者は、立場が逆転して、ため息氏らがリーダーシップをとっていて、彼らに劣る学とみ子は、ごまかしている人になっちゃうようです。

No title

学とみ子
こうした、ため息氏らによるでたらめパフォーマンスが実際に機能しているなんて、私は考えたことがなかったのですが、そうでもなく、バッチリ機能しているのですね。学とみ子バカ論に効果的に効いているので、正直びっくりしてます。

今回も、TCRがおかしいとの議論が起きています。昨年の末から、Lさんも参加して、あちらでも、こちらのブログでも議論してます。当ブログでも、Ooboeさんも参加して、学とみ子は自らの意見を紹介しているのです。

専門知識を持つ人の間では、TCRは共通鵜認識になっているはずなのに、ため息氏らは、学とみ子が答えをごまかしていると言います。
ええっと、と、どうしてそんなことを言うの?が、学とみ子の印象です。

生物領域の人でも、TCRの難易度は高いようなので、実際の研究者層も、STAP事件当初、理解できなかったようです。一研究者さんも理解できていなかったようです。

当然、体内さんには、TCRの理解は無理だと思うので、彼女自身で、どんどん、あちらの専門家に聞けば良い問題です。

No title

学とみ子
> Ooboeさん

学とみ子が答え済のものや、現時点では答えがない(推論の域と学とみ子が答えている)にもかかわらず、ため息氏らは、学とみ子にしつこく質問してきます。ため息氏らは、あれこれと専門っぽく書いてきて、学とみ子は、答えていない!答えをごまかしている!逃げている!答えられないでいる!と、騒ぎ立てるのですよね。

無駄な質問に答えるのは意味がないから、学とみ子は放置しているのですが、第三者がこのやりとりを読むと、(専門的知識が無いと)、本当に、学とみ子がでたらめを言っていて、答えをごまかしている!になるようです。

専門家(ため息氏ら)の正当なる質問に、学とみ子は答えられない!と、第三者はアンチ学とみ子の印象になるようです。

学とみ子が答えをごまかすのは嘘つきの証拠だ!とか、本気で信じる人が、ため息ブログにいるんです。

No title

Ooboe
殆ど内容が分からないプレゼンの中でも数件については、テーマの主旨の大枠が感じ取れたそうで、特に興味深かかったテーマのプレゼン研究者に、閉会後にコンタクト、パートナーはど素人と自己紹介し、
いろいろ質問しましたが懇切丁寧に応えて下さり
メールまで教えてもらって、パートナー感激!今後の発生生物学の
研究進展を「あなたを通じて」追っかけたい思いを伝えたそうです。
現在、研究のテーマの中心は、
nonコードDNA領域とnonコードRNAの
働き解明に凄まじい速さでシフトしてきていると、山中先生も解説なさってました。研究者達のこの領域解明から
Stap研究など、意図していない研究者の成果からたまたま、Stap現象解明に繋がる発見がもたらされるかも知れないと。パートナーと私。
長い未来の夢を、待つ楽しみを語りあいました。

No title

Ooboe
パートナーは
以前、ため息氏が案内されていた、
発生生物学学会(5月14~17)を私に内緒で見学してきたそうです。
専門用語が飛び交う学会の内容など、ちんぷんかんぷん、になる
はず、、、と 当然予想できますのに、1万円もする入場料を
支払ってまでwmm、、、まぁ奇人変人ですこと、呆れてしまいますね、
研究者お一人当たり、15分のプレゼン殆ど何をテーマにしたプレゼンかも分からん(なんのこっちゃ)だった。<笑>ですって、
そんな所に、どうして行く気になったの?ですよね、
彼によると、学会という世界のイベントから見えて来る全体の雰囲気や
若手から、ベテラン研究者という方々の取り組む姿、
などなど、感じ取りたかったそうです。そんな思いで特に感銘したのは、
次々登壇してきた方々、
30代前後と思われる、女性研究者の凛凛しいプレゼンのテンポだったそうですベテランさんの質問にも、真摯に応えていたそうです。

No title

学とみ子
> ため息さん
体内時計さんがわかるように説明してあげるのは、ため息さんのお役目です。

ES派にとって不利になる理由も含めて説明してあげてください。黙っていると、plusさん、oTakeさんに先を越されますよ。

No title

ため息
「もう答えてますよ。以前に、なぜゲル2のTCRが問題なのか?を説明してるじゃあないですか?」

どこに?誰もわからないので教えてくださいな。
非公開コメント

トラックバック