あちらの大事なコメントを見逃しまします。

このところ、いろいろ情報が多すぎて、学とみ子は整理しきれていませんね。
なかなか、パソコンに向かえず、携帯の小さな画面しか見ていないと、あちらの大事なコメントを見逃します。
以下も大事なコメントでした。

体内時計 より:
>>詫摩氏は、関係者が指摘したコントロールのリンパ球のTCR図12Eを以下の様に言っている。・・・・当ブログで、図20は、さんざん話題になってるポイントである。しかし、詫摩さんはこの重大疑惑に気づいていない!
こちらの図の方がよっぽど大事なのに・・・・・。
これに気づかないという事は、彼女がTCRを読めないのではないか?と疑わざるをえない。
(以上、学とみ子の文章でした。)

以下、体内さんの文章です。青字
>詫摩氏は、2014年3月の時点で、ゲル2にも特許の図20にも気づいています。
詫摩氏のブログから引用します。
ttps://blog.miraikan.jst.go.jp/topics/20140317stap-2.html
********
詫摩 雅子からともへの返信
2014年3月20日 18:04
とも様
・・・・理研の調査委員会の中間報告書はご覧になりましたか? 切り貼りの元となったGel2には2Nキメラ(CD45 STAP)というレーンがあるのです。特許の申請書にも2Nキメラのデータがあります。
・・・・4月2日追記:中間報告書は3月31日に修正版に差し替えられました。修正版では、2Nキメラの電気泳動の結果があるゲルの写真は削除されています。・・・・
・・・・
ただ、実験条件が書かれていないので(また、私には電気泳動図を解読できるだけの知識が不十分なので)、これがTCR再構成のデータとなっているのかどうかがわかりません。キメラマウスのT細胞が入っていたら、TCR再構成が認められても、何も言えないはずです。
このあたり、とも様、あるいはこれをお読みの詳しい方々のご意見をいただければと思っています。
よろしくお願いいたします。

*******
体内時計さんの文章終わり

以上、体内さんが引用されたように、詫摩氏は、データが読めないと言ってます。
不思議ですね。あんなにぶたやまさん相手にTCRを論じているのに・・・・
体内さんが示された詫摩さんとぶたやまさん論議を読むとわかりますが、これは(学とみ子から言わせると、)この議論はやらせっぽいです。ぶたやまさんは、最初から、いろいろ知っている人だと思いますよ。少なくても、詫摩さんレベルの知識はあると思います。

未来科学館のともさんと詫摩氏の論議は、本物と思います。
お互いに疑問をぶつけあっていますが、ともさんは、TCRがよくわかっていないですね。
詫摩さんも、わかっていないんで、正直に「わかりません」と言っています。
教えてもらっていないのですね。不思議です。

さて、体内さんご紹介の詫摩さんとぶたやま談義をみてみましょう。茶字

@Butayama3 T細胞とB細胞だけは,ゲノムのほんの一部ですが,ちょこっとだけ切り出されて短くなるのです。その「ほんの一部」がT細胞レセプター(TCR),B細胞レセプター(BCR=抗体)の遺伝子部分なのです。仕組みは同じなので,T細胞だけに話を絞りますね。

とこんな風に、詫摩さんはES派研究者から教わってしまいました。
これは、ヤッパリさんと言っている事が同じです。伝言ゲームのように、T細胞はちょっこと違う、やっぱりさんは、数百の遺伝子の変化だと言っていました。ヤッパリさんも、いまだに、それ以上のコメントをしません。
                              
こう教わってしまった詫摩さんは、ゲル図のどこが?が判断できないのかもしれませんね。

吉村先生は、こう説明して言っています。
VDJ組み換えではDJが先行して起こりますので両方の染色体でDJ組み換えが起きます。
次にVDの組み換えが起きますが、対立遺伝子排除の機構は主にこの時期に働きます。つまりまずD1J1, D1J2, D2J2の組み換えのいずれか、あるいはD1J1とD2J2の両方の組み換えが両アレルで先に起こって、それからどちらかのアレルのVがDJとくっつく。ここで機能的なTCRβができればもう片方のVD組み替えは起こりません。これが対立遺伝子排除といわれる現象です。もし機能的なTCRβが出来なかった場合はもう片方の染色体でVDの組み換えが起きます。
ですので理論的な組み合わせは相当数ありますが、実験的にはD2J2のプライマーで検出されるGLをもつT細胞は10%程度ではないかと言われています。もし1個のT細胞がマウスになったとすると、可能性としてはGLもしくは組み換えの1本のみ、GLと組み換えの2本、組み換えの2本、あるいは全く検出できない、となります。よってバンドが見えるとすれば1つか2つでともさんの考えは正しいと思います。

ここでは、吉村先生は、キメラに入ったT細胞1個だと言っています。だから、TCRバンドが1本か2本と説明していますが、ともさんの抱えた疑問を解決していません。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック