ここまで来たからには、寄り道せずに、できるだけ正当的に、STAP疑惑を解決しましょう。

一言居士さんのコメントです。
>ど素人の解明手法は搦め手からです。
搦め手ですか?
そう言われると、学とみ子は天を仰ぎます。
女性にはない発想です。
これが、男性の怖さというか、警戒すべき点というかでしょうね。

Plusさんは、そのようには言わないけど、彼の戦略も、それに近いですね。
Lさんにほめてもらったplusさん、今夜は「これからもがんばるぞ!」と思うのでしょうかね?
せっかくなら、Lさんに搦め手で挑戦して欲しいですけどね。

皆さん、今度のLさんの解説は、参考になると思うけど、さらに先行く専門的TCRの解説でしたね。

一言居士さんのから搦め手と言われて、学とみ子も言わせていただくと、一言居士さんの文章の作り方が、“ど素人”の書き方ではないのです。

一言居士さんが、本気でご自身を“ど素人”というなら、「自信のない」ところ、あるいは逆に、「ここは主張したい」ところを、メリハリをつけて書き分けてほしいです。そうすると、読む人にわかりやすく、ど素人らしい謙虚さも感じられますが、一言居士さんのはそうではありませんね。
まだ、決まってないだろうと思われることも、すでに決まっていると、一言居士さんは書く傾向があります。

読み手は、書いた人の立場を尊重したいと思いますので、むげに否定しないようにしたいと思うのです。でも、正直言って、学とみ子にとって、一言居士さんの文章は、「そこ、違わない?」が、あります。

あなたの核移植説は、ご自身で強く主張される印象の時と、単なる一説で捨てても良いヨ!といった印象の時があって、そのあいまいさも読み手には悩ましいものです。
学とみ子には、核移植説は、今後、後退する仮説の一つでほしいと思います。

もともと、STAPは専門性が高いです。
ですから、専門家も素人も多くの人から攻撃に会いやすいです。
まっさきに、STAPを否定した人たちは、科学者層で、かつ非専門家たちでしたよね。
遠藤さんなども、細胞動態には詳しくないと思います。

まして、マスコミは、TCRの話がとても専門的であることがわかりません。
ですから、ES派学者に解説されるままに、どんどん、そう信じてしまうのです。
幹細胞のTCRが出てないことが、とんでもなくSTAPが怪しい証拠になってしまうのです。

恐らく、丹羽さんは、STAPのスタンスを明確化しようとだしたつもりが、世間のアンチの反応を見てむしろ驚いたと思います。

マスコミの人はTCRの意味がわからないのですから、学者から偏向説明(印象操作)を聞くと、マスコミはそのままとんでもないと驚きを書いてしまいます。詫摩氏が驚くようにと、TCRを解説したES派の学者がいるのです。
ES派をそのまま信じて、幹細胞にあるべきTCRが無い!と誤解してしまうのですね。
それを聞いたぶたやまさんも、びっくりとの作り話ができあがります。

そのまま、STAPねつ造の証拠であるかのようなマスコミ解説が世にでまわり、一研究者さんも間違ってしまったのですから、STAP解説がいかに専門的知識を必要としたかがわかります。

丹羽さんは、幹細胞のTCR無しがSTAP偽物の根拠にされるなんて予想しないと思いますよ。
マスコミは、予想できないことでも、結び付けてしまいます。

マスコミがでたらめな説明すると、世の中が全部まちがってしまいます。
マスコミの持つ知識は最高の権威あるものと、勘違いする人もいますしね。

ため息さんの対応でわかるように、わからない人が「詫摩氏の説明がわかりやすい!」になってしまいます。
わかる!とわからない!を区別することすらできない人が背伸びしてコメントすると、こうなります。

学とみ子があちらからの質問にうっかり答えると、そんなことはわかっていると罵倒用語が返ってきます。
ですから、議論が進まず、議論が煮詰まりません。
あちらでは、お互い、でたらめを言い合って、ほめあっています。

相手がどこまでわかっている人なのかを知らずに、議論するのは疲れます。
同じ分野の科学者同士なら、ある程度に共通認識というのがあり、わかっていること、わかっていないことのメリハリがつくと思うのですが、専門家でもない者同士が、専門分野に入り込んで、議論すると行き違いが起きます。

まして、ため息ブログとの議論は、お互いに知りたいとの立場で議論するのではなく、否定することが目的の議論になります。
とにかく、ため息グループは、ES派が吹聴した内容をただなぞっているだけの人たちです。

彼らは、学とみ子がどのような理解をしているかなんて興味がないのです。
どこか、間違いを指摘できるところは無いか?と。そこだけ、狙っています。
そして、学とみ子はため息氏グループとの議論に負け、潰されたとの印象を、読者に与えたいのです。
学とみ子を論破したぞ!のパフォーマンスが彼らはほしいのです。そうしたポーズをとれれば、彼らの目的は達成されるのでしょう。
この趣向が一番強いのが、ヤッパリ氏ですね。

学とみ子がヤッパリさんを怖がってるなんていう話があちらにありました。
まさか!まさか!彼の言っていってることはでたらめです。
ヤッパリさんは、学とみ子がPCRはいらないといった意味がわからないみたいです。彼は、PCRの原理を説明してしまってます。

もちろん、やっぱり氏はTCRは全く知らないので、コメントしてない。やみくも、学とみ子を否定してるだけ。でも、やっぱりさんの知ってるふりパフォーマンスで、知らない人は騙される。
学とみ子がどの位、わかっている人なのか?全く想像できない人みたいです。
その専門家ぶった態度でだまされるけど、彼は素人ですね。
相手にしても意味の無い人であることがわかりました。普通の人なら、見破られたら、HNを変えたりするけど、やっぱりさんは変えないだろうな。相変わらず、向こうで、専門家ぶっています。

以前のやっぱりさんは、専門家ではないと言っていたと思うのですが、向こうでは専門家扱いになってるので、もう、その役にはまってしまったのでしょう。

やっぱりさん、そこで、専門家を続けてください。そちらの人は、やっぱりさんが正しいと言ってくれます。でも、匿名さんのような外来者は、すぐ気づきますね。

やっぱりさんと対照的に、苦労して、独学で細胞学を勉強してきた方が、一言居士さんです。
ここまで来たからには、寄り道せずに、できるだけ正当的に、STAP疑惑を解決しましょう。
どのような批判を浴びても、ES説ではSTAP細胞の説明ができないことを、今後も主張していくことは、これからの日本に必要です。

科学の裾野が広がれば、一部の科学者の価値観が暴走するのを、一般人が止める事ができます。
一部専門者が独断的な見下し的立場をとって暴走したのが、今回のSTAP事件でした、
新興勢力の出現を、旧勢力が忌み嫌って潰したのです。
日本科学の大パトロンである政府が、抗争が表面化するのを嫌いました。
政府は、新人のミスで片付け、表面的解決を図ったのです。

その結果、本物の科学者たちは。物言えぬ立場に追い込まれているのではないでしょうか?
それが科学界の実情なら、科学界の周辺で働く人たち自身で、STAPの実在論を展開させていく意味はあると思います。

医療は医者だけにまかせない時代にどんどん変わってきています。
予知不能な人の体を扱う時、専門知識の共有化が、人々の不満を解消させる方向に進むからでしょう。一部の医療人だけが責任を負わされ孤立化していくのを避けるためでしょう。

科学界もこれと同じに、派閥争い、権力抗争を無くす事ができない限り、知識の共有化を図り、一部の専門者たちの暴走を、一般人がチェックできる社会でないといけないです。

専門家が言いたい事を正当に言える社会環境であるよう、一般人がサポートしていくと思います。

学とみ子は、一言居士の主張と、おいおい、話し合っていきたいと思います。
思い込みや勘違いはそれぞれに有ると思いますので、お互いに疑問点をぶつけあうのが望ましいと思います。
スポンサーサイト



コメント

No title

学とみ子
plus99%さんが、狸氏の記事を引用して記事を書いています。 2019年6月1日 2:56 PM

感想さんが、一研究者ブログに書き込んだ内容です。

学とみ子の考えでは、小保方氏は、若山研に来る前からも、各種培地を使ってSTAP細胞を増殖させようとしたと思います。普通、研究者なら増殖安定させて細胞を調べたいと思うでしょう。それでも小保方氏には、STAP細胞を増殖させられなかったのでしょう。

感想さんは小保方氏にそうした発想はない!とのようです。狸氏もそうだ!という書き方ですね。

感想さんは研究室の人だから、本来なら、もう少し別な書き方もあったと思いますけど・・・・。

普通の人は知識が無いので、(知識ある)研究者が何を考えるのか?は想像できません。感想氏がそう言えばそうなります。

ネーチャー論文Fig5C(ねつ造判定)で、STAPは2i培地で増えないと図示されています。
若山氏の記者会見で、なぜES用培地でSTAP(ES)が増えないのか?と片瀬氏から質問が出て、若山氏は、「実験したのは小保方氏だから」と言ってます。

No title

学とみ子
> Ooboeさん
書いていただいたコメントですが、STAP話題からだいぶ、離れてしまったので、申し訳ないですがこのままとさせていただきます。
引っ越しの件もありますので、ごめんなさい

No title

Ooboe
学さん

小保方Stapの研究成果を 無きものにされた経緯は、
学さん認識とは大雑把なニュアンスとしては、少し異なります。
でも、こちらでは控えますね、
パートナーは、その様々な思惑勢力が対応画策した、
時系列的な変化の詳細資料を確保していますが、その報告と
真相解説はプログ開設で為されると思います。
現在、次の究明ステージに取り組んでいる最中で、プログ開設は後回しにされてまだまだみたいです。

No title

Ooboe
学さん

PVAによる安価な造血幹細胞の増幅研究は潰される対象でないとの所見、ありがとうございます。でも巨額の知的財産になる成果ですから、薬剤メジャー対策はしっかり見越されていると思いますが?

No title

学とみ子
> Ooboeさん

>Stapのように潰されないよう見守りたいです。

今、その先の研究も試みられてると思いますが、潰される対象では無いと思います。特許とかの問題でトラブルになったりはどうなのでしょう?

STAPは、いくつかの未知なる限定条件で起きた現象かと思っています。
さらに、研究費獲得競争のターゲットになってしまって、不利でした。

ES派によって、小保方氏と若山氏の共闘体制が崩された時に、論文は成立できなくなりました。

しかし、CDB上層部は、STAPを守ろうとしましたよね。ここは社会的に大事な事です。ESだったら、疑惑にすぐ結論が出て、実験ミスの可能性から検証されるはずです。STAP細胞は、CDBが総力あげて実験をサポートしたのですから。

捏造とするなら、STAP実験は全くやられなかったとしないと、国際的に通用しません。

No title

Ooboe
パートナーのロマンは
ひょっとして、、?
私、PVAに関する、ある論文ネット情報に眼が止まりました。
その研究は

体外受精や、胚発生のこれまでのウシ血清アルブミン培地の
代替培地として、L-カルニチン添加の濃度別の成績実験を
したところ、L-カルニチンのみでは
アルブミン(BSA)の代替にはならないという結果、
しかし、
今回話題の【PVAを0.1%添加した】L-カルニチン合成培地なら
体外受精、胚発生ともにアルブミンの代替になり得ることが解った。と
あります

胚発生に液体のり主成分【BVA】が大きな機能を与えているわけです
このことから、パートナーロマンは、あながち、的を得ているかも?

今回報道の研究成果もウシ血清アルブミン(BSA)の代替と
しての液体のり主成分【BVA】でした。

No title

Ooboe
パートナーが造血幹細胞の増幅培養を
促す高分子PVAの凄い機能の情報から、面白い素人発想をして来ました。

体細胞である、血液細胞から、小保方さんはストレスを与え、7日たってスフェア細胞が形成されましたが、増殖しないとのことでした。この7日のスフェア細胞をPVA成分の培養液で増幅実験してみたら、どやろか???
スフェア細胞は造血幹細胞より初期化している細胞だけど、PVAの力で
初期未分化性を維持したまま、増幅も
可能かも?かも?ですって
相変わらずロマンチストですこと?、、

No title

Ooboe
骨髄移植など大変な採血でなく、献血の
ように、腕から採血して必要量を作成できることが可能になるとのこと、

このPVAという化学物質は機能性樹脂の一種らしいけど、
生活用品の、のりの主成分で、開発者は、この液体のりからも
造血幹細胞作成に成功したらしい、

このPVAという化学物質がこれまでのアルブミンに変わって、
造血幹細胞の未分化性を維持したまま数か月培養可能という凄い
働きを広く日常品で使われていた物質で発見した訳ですね。
素晴らしい研究成果、今後が楽しみになります。
Stapのように潰されないよう見守りたいです。

No title

Ooboe
学さん

>ここまで来たからには、寄り道せずに
Stap疑惑を解決しましょう、

のメッセージ、これからの一言居士さんやあのねさん、Lさんなどとの
人的評価を絡まさない爽やかな、所見交流を楽しみにしてます。
あちらとは、堂々めぐりの様相になってきました。もう限界では?と閲覧の皆さんも感じておられると思います。
彼らの小保方Stap否定ES派の、揚げ足を取りたいのが目的という本質、本性は十分閲覧の方々も認識なさったことと思います。
これまでは、熱い人的応酬では、アクセスが上がり、
純粋科学エントリーでは、下がる傾向がありましたが、
Stapの真実に迫る交流を期待したいと思います。

No title

学とみ子
ため息ブログの最後の匿名さんのコメントは斬新でした。

各論が論じられないやっぱりさんが、総論までもひっくり返そうとするその姿勢に、科学者らしからぬ立ち位置を見た!ということなのか?と私は感じました。

No title

学とみ子
ため息さんのコメントです。

>何回質問しても答えられない

そちらは、説明されても理解してない、したくないだけでしょう。
学とみ子を、なにがなんでも理解できてない人に追い込もうとしてますね。

やるべき事は、素直に図を比較して、その結果のコメントする事です。ため息さんは、手の内隠さず、どこが読めないのか?のポイントを示せば、誰かが答えるでしょう。


非公開コメント

トラックバック