結論ありきの雑談コーナーには、興味深いコメントありますね。

結論ありきの雑談コーナーには、興味深いコメントありますね。今も、ため息ブログに、活発にかいている方もいます。細胞理解が進んだ現在、今との違いも興味深いです。

当ブログが、これら興味深いコメントに論評していきたいです。

STAP細胞を守るための論拠が、この議論の時にはありませんでしたね。ES派、マスコミによる印象操作で、世の中が誤解してしまっています。

そこに、手記「あの日」の発売があっても、結論ありきに集う多くの読者は、「あの日」に若山責任転嫁しか読み取れません。

多くの疑惑は、キメラと幹細胞です。レターはアーティクルがなくなったら存在できません。そんな関連性も理解できない人がいます。この点について、マスコミの見当外れな解釈が出ました。これを信じる人もいるのですね。

キメラも幹細胞も、若山作成であり、小保方氏は、その詳細を明らかにしてほしいと、若山氏に迫っています。それが、[あの日]です。

以下の頃のplusさんは、かなり今とは違いますね。興味深いです。
以下の文章の興味深い部分は、

>ただの勘繰りだったにせよ、より深刻なトラブルの引き金となったわけですが。

理研上層部によるまともな裁定が初期には機能していたのです。残存検体には信頼性が無いです。レター論文の遺伝子解析は、CDBの技術の粋を集めたものです。

これが偽物なんて、世界に向けてこんな恥ずかしいことはありませんでしたね。


世界を見据えた理研上層部ブレインたちの判断より、そうでない人たちの集団的権力が勝ってしまったのです。下極上的判断が可能となるのは、政治力の理不尽な介入でしょう。

政治家は、何が世界的恥か?何が科学的許容かがわかりません。
ES混入疑惑論文は撤回しないと、世界的恥なんだとマスコミが騒ぐと、そんなもんか?と政治家は思ってしまったんですかね?

むしろ、一旦出した論文成果を否定する方が世界の恥なのにーー。
ES混入して、STAP細胞を作った作業、実験をやらないで遺伝子解析結果を論文に載せた作業、なぜ、そんな作業が複数の最高実験者のいる公的な研究室で可能なのか?
これが実行可能だったとする方が、よっぽど謎かつ恥でしょうね。

世界に散らばる良識ある研究者層は、理研の奥にある秘密を予想して、だまっているしかないのでしょうね?

科学者、政治家に限らず、世界を見ない一般の人たちもマスコミ解説を信じ、STAPを潰しました。

ハーバードのアンチSTAP勢力が、世界の良識ではなく、アンチバカンティライバルでした。

科学者は常にライバルを蹴落とそうとします。そうした競争を、ES派はうまく利用しました。

STAP論文が一部でも残ったら日本の恥、理研の恥と啓発されました。
撤回がやむを得ない場合は、何が一番の問題なのか、その原因は何が考えられるか、著者らより共同メッセージが出されてしかるべき場面です。

STAP細胞のごまかしが、正義感溢れる科学者たちによって打破されたとのストーリーが作られました。マスコミが科学者をヒーロー呼ばわりをして、世間に広めました。

ポピュリズムの危険で暗い側面です。

>412. plus99%
2016年10月12日 19:14
409. サラリーマン生活26年さん
私は個人的には、「知らなかった」は免責を目的としたものではなかったと思っています。
理事長から「未熟者を鍛え直す」と発言があり、第2論文は調査せず、残存サンプルは解析しないという理研の初期方針は、2項目の不正は認めるが解雇とならない軽い処分で止め理研で研究続行するという、雰囲気でも合意でもいいですが落とし所に向かっていたのではないかと思います。
それが周りのただの勘繰りだったにせよ、より深刻なトラブルの引き金となったわけですが。

>2016年10月12日 22:59
420. 一旅人さん
あはは、そうですね。
STAP論文が4月末にでも撤回できていたら、同年5・6月くらいに完成版博士論文を早稲田に提出できていたら、未熟で逃げ切れた可能性はあるんじゃないかと。そうであれば弁護団は小保方氏の利益を見事に守ったと信じられそうな気がしませんか?どちらもそうならなかったのは小保方氏個人の問題と言えばそう言えないこともないわけです。



上層部の判断ミスが、何でもない事件を大きくしてしまったと、plusさんは言いたいようです。

上記の場面では、小保方氏に判断ミスがあったと書いています。
この方の攻撃対象はここですね。


上から見下ろして、当事者は判断ミスをした!と、plusさんはそうした物言いをします。

窮地にある人を、引きずり出して否定するマスコミの好きなスタイルですね。

理研上層部が判断ミスをした。小保方氏が判断ミスをしたというスタイルで文章作りをする裏側は、「私なら(plus氏自身なら)うまく立ち回れるんだ!」と言いたいのですかね?

このplusスタイルで、学とみ子は随分とけなされてきました。
学とみ子の愚かさはここにあるのに本人は全く気づけない!という物言いをして、学とみ子を否定してきました。

科学的な記述については、plus氏は思い込みを書いて、記述が間違っていても訂正するということがありません。そこは、ヤッパリ氏、と似ています。
己のミスを認めることができない人たちです。

攻撃してやろうと決めた相手の言い分など絶対聞かない!との彼らの強い意思を感じます。
しかも、彼らに言わせれば、こうした扱いを受ける原因は、学とみ子側に責任があるというのです。


こういうタイプの人たちなら、STAPは偽物と信じて反論者も含めて潰そうとするでしょう。


小保方氏の新人科学者としての未経験さが、CDB上層部に反発を持つ人たちに利用され、ES派の結集を呼び込んだと、学とみ子は想像します。

現実に起きたCDB解体の結果からしても、言えることです。

上層部攻撃の手段として、STAP論文が利用されたのではないか?
です。

常なる競争を強いるCDBの職場環境は、そこで働く人を疲弊させます。

能力主義に反対の全国の理研職員からのサポートも、CDB上層部への圧力となります。

理研には歴史的に、上層部に対する労働組合的反抗勢力があるようです。

STAP事件の起きるずっと前から、論文不正をかぎ分ける自己点検グループ活動などもあったでしょうし・・・・。

その流れの中で、改革を進めるCDB上層部指導を止めさせたいとの理研職員の意向が高まり、CDB上層部の敷いた実力本位の採用システムを否定する活動へと集結したのでしょう。


こうしたCDB上層部に反発する人たちは、STAPミスに乗じて、若山研究室を攻撃するとの選択肢もありました。

小保方攻撃と戦略的には同じです。

STAP実験中から、GRASへのサンプル持ち込みなどに際し、若山研究室はマークされてようです。
しかし、堅牢な若山城は、研究者のネットワークも密で攻略困難と判断されたため、STAP攻撃派は、小保方攻略にしぼったのではないでしょうか?


つまり、小保方氏が単独で行ったとなんらかで証明できる実験のみ、ねつ造攻撃を行いました。
小保方氏が作成したSTAP細胞を使い、論文に書かれた多能性を証明したのは、すべて若山研究室です。その実験量も膨大でした。
しかし、その実験結果を、小保方氏が隠した!、提出しない!ことを理由に公開しなかったのです。
つまり、誰が実験をやったのかはわからないようにしたのです。
小保方氏の責任に集結させるためです。

若山城を攻撃をしない代わりに、若山城主にSTAP擁護をさせない戦略を提案したのかもしれません。あくまでも、想像ですがーー。

筆頭著者を潰し、若山城での将来戦略を中止させ、STAP可能性を徹底破壊したことで、日本で研究従事する他の人たちが、業務上の危惧をさらに抱くようになったのは確かでしょう。
スポンサーサイト



コメント

No title

学とみ子
> mさん

>若山氏が全てを知っていると言う事実は、今でも自分は変わりません。

若山氏が全てを知ることはできないと思いますね。

STAP事件の主要登場人物でないその他の複数の人たちについては、それぞれの人の動きがわかりません。

但し、若山氏は、キメラと幹細胞について語ってほしいですね。

上層部の再現実験実施計画についても、若山氏参加呼び掛けパフォーマンスを兼ねていたのかもしれません。

No title

m
ああ、それと彼女はハンネを変えてこのブログに投稿しています。
確か、アルファベットのハンネのようでしたが彼女自身が「結論ありきブログ」でそうコメントしているのを見ているので間違いないと思います。

No title

m
続き

でも、彼女は否定していましたが、学者では無かったとしても若山氏に大変に恩を受けた方なのかなと個人的には思います。
だからこそ、若山批判をする自分を憎んだのだと思います。

今では、彼女の気持ちもわからない訳では有りませんが真実は。若山氏が全てを知っていると言う事実は、今でも自分は変わりません。

No title

m
学さん

えりさんは当初、小保方さんを理解しているアンチだと思っていました。ですが結論ありきブログの設立に当たって考えが変わった方かなとと個人的には思います。

彼女は小保方さんと同年代のようですが、学者は否定していたように思います。お父さんが学者のようですが、彼女は自身は学者では無いと言っていました。

彼女との最後のコメントのやり取りは「偽m」の時でした。
学さんには失礼ですが自分は犯人探しの為に極力、激怒のコメントをこのブログにさせて頂きました。初コメなのに申し訳有りません。ただ、その時に直ぐに応じたのがえりさんでした。

有志の会にコメントしてきましたが内容は、自分(m)とはこれ以上関わりたくないという内容だったと思います。
彼女は、ほとんどの人たちは「リケジョ」だと思ったと思いますし自分も最初はそう思いました。

No title

学とみ子
> あのねさん

ご配慮、ありがとうございます。
学とみ子は、傷付くことも多いですが、こうした攻撃が、STAP事件の奇っ怪性を象徴するものだと思うので、社会に訴えていきたいですね。

日本の科学者層は、自分で自分の首を閉めざるを得ないリスクにさらされています。

日本は全国民的な平等の意識が高く、これには良い面も多くあるものの、STAP細胞のように特殊な知識を要する場合でも、人々が簡単に偽物呼ばわりをしてしまいます。

STAP細胞を支持する専門的解説をしようとする科学者は、その地位を脅かされる状況すらあるのではないでしょうか?

No title

あのね
少し人としての「道徳観」について意見します。ため息の方々のコメントに学さん個人に対する誹謗、中傷のコメントが多く、とある意図を持って公開されるブログなら社会性があるなら「様々の方ご自身の倫理観」を問いたいのですが、それはさておき道徳観に言及します。学さんは、まともなことを言っておられる。認知症だの老婆だのの表現はやめて頂きたい。そこで、あなた方に私は問いたいことがあります。私は時に「あの頃は良かった」の思い出に耽る感慨があり、あなた方だってそうでしょう?ところが誰もがそうであるように、「さっき」さえ過去となり倒れた過去のドミノは立ち上がらない。だとすれば、「今が一番新鮮な時」として人は生きているわけで、それは何歳になってもいつも新鮮だと考えており、学さんに比べても遥かに若輩者の私でさえ毎日のモチベーションとして自分に問いかけることがあります。学さんだってそう思いながら毎日を暮らされておられると思います。ならばあなた方だって老人になるわけで、そういう年齢的な非難は慎むべきだとの意見を残して帰結します。

No title

学とみ子
以下のため息ブログの書き込みも普通じゃない。特殊な意図のもとに書き込み活動している事象です。特殊な事件だったのじゃあーー。

>エグゼビア
2019年6月14日 9:34 AM
あの与太婆さん、学部生でも知ってることをベテランが無知で当たり前といい始めました。それでいて私は医学博士、噂では医者の論文博士は金積んで全部学者にやってもらってるさうですが、この人見てると信じちゃいそう。

No title

学とみ子
244. 管理人の1人
2016年10月09日 19:26

結論ありきの管理人の1人さんのコメントです。

>不正なデータがあるという理由で撤回された論文の第一著者&責任著者に、その論文の実験をやるチャンスを与えるなんて前代未聞です。

同感です。なぜ、こんな前代未聞な計画が出てきたか?考えた方が良いです。

No title

sak*****
> 学とみ子さん
他の医者を巻き込んじゃいけませんよ。あなただけでしょう。合格率9割の世界と就職針の穴を同等に扱うのは、資格にあぐらかいてるあなたしか言いませんよ。

No title

学とみ子
上記引用部分に、以下の表現があります。

>理事長から「未熟者を鍛え直す」と発言があり、

単なる新人の未熟性なら、それで終わる話です。しかし、現実にその後に起きた一連の事件を見れば、小保方未熟性は、大した問題ではない(未熟で脱落していく科学者の方が研究分野には多いだろうから)。ES派の狙いは、CDB上層部であり、小保方氏ではない。

小保方氏が一切の弁明が出来ない体制が仕組まれたと思う。しかし、小保方氏の今の休戦体制は、賢明な選択肢と思う。実態が明らかになるのは、後20年位か?

そういう事件だったのじゃあないかな?

No title

学とみ子
> sak*****さん
研修医期間が終わったら臨床医として十分?冗談じゃあない。その分野を最低でも20年以上診療経験がないドクターには、ご自身の体をまかせられないでしょ?それと同じです。

卒後10年のドクターなんて、知らなかった、知らなかったばかりですよ。

No title

sak*****
世間の理解では、博士課程の人はもう独立した科学者で、ひとりで論文を仕上げ後進を指導する。そんあ人が、知らなかった、知らなかった、知らなかった?
非公開コメント

トラックバック