結論ありきを科学する。

学とみ子が現時点で、結論ありきに書き込まれたコメントを読んで見ると、ホラ、ここに注目してほしい!と思うことがあります。

ここはこう考えてほしい!と、私が言いたい事があるんです。

STAP事件において、真実でないストーリーが作られましたが、長い間には、その綻びが、どうにもならない位に拡大してしまうものです。

結論ありきに書き込まれた内容から、学とみ子が考えた事を再度、世間に投げて見ようと思っています。

2016年頃の結論ありきの議論は、なぜ多くの税金がSTAP調査につぎ込まれたのか?がテーマのようで、各コメンテーター間で議論されています。

学とみ子解釈では、論文の一部ミスで処理したい上層部に対して、できるだけ事を大きくして上層部責任に持っていこうとする対抗勢力があったということです。遺伝子解析で答えがでるかのように世論誘導を企んだ知識層がいたのです。遺伝子解析をして、小保方氏がES捏造をしたとの証拠作りをしたかったのです。

ここまでのひどい捏造をする未熟な科学者を、CDB上層部はなぜ、採用したのか?と上層部追及の事態が進むような計画が練られていたと思います。マスコミを大いに利用しましたね。

マウスの取り違えは、若山研究室の責任です。主要実験で用いられたマウスが無いのも、動物管理責任は若山研究室です。ここの説明がつかなくても、桂報告書における若山氏の責任追及は文面上ではなされませんでした。しかし、若山研究室責任を報告書に書き込んでくれたことは、小保方氏には良かったですね。

隠れSTAP支持派の理研職員がいたでしょうから、小保方有利になるような配慮をして、その後の小保方側からの訴訟に有利になるよう気を配ったと思いますね。

隠れSTAP支持派は、STAP幹細胞、キメラ実験は若山氏の責任と明記して、疑惑の責任から、小保方氏を解放してくれました。STAP疑惑の最大部分から、小保方氏を遠ざけてくれたと考えられます。

しかし、バリバリのES派は、小保方追及しか考えません。隠れSTAP支持派の策略に気づけませんでした。とにかく、ES派は、小保方氏は実験をやらずに、論文を勝手に書いたと、一般人を思い込ませようとしましたね。そこに無理が出ました。そんなことは、一流研究所では無理です。

さて、学とみ子ブログに張り付いて学とみ子論を潰そうと頑張っているplusさんの基本姿勢がよくわかる以下のコメントです。

>257. plus99%
2016年10月09日 23:31
全体的にはサラリーマン生活26年さんの意見に共感します。
ビジネスの世界の感覚では、成果物である論文に不正があることが判明しており、再現ができないと分かった時点で、理研がまだ「あるかなしか」に興味を持っていたということがすでに、税金で運営されている機関として背任にあたるような気がしますね。
検証実験の科学的な意義というが、検証実験にかかったコストは小保方氏がそれまでに使った研究費より金額が大きかったのではありませんでしたか?興味がある別の人が研究する方が安上がりだったのではないかと思いますし、そこから新たなことが分かる可能性も高い気がします。
あれほど多方面の解析、調査委のコストをかけて、ES混入について云々して、未だ門外漢が桂報告書の瑕疵などと言い続ける原因をつくったようなものです。最初の解析で、実験に使用したマウスでなかった時点で一文の価値もない研究と放逐すべきだったのではと思います。
裁判になれば巨額の費用がかかるなどという人がいるけれど、CDB解体などというこの事件の後始末全体を見渡すとなんのことやらという気がします。
真相解明など、それこそ一文の価値もないことだと思います。


学とみ子は以下のように思います。

マウスが違っていた理由で論文を取り下げた!だけなら、若山研究室の責任が追及されて事件は解決してしまいます。マウスは違っていたが、実験は正当に行われていたとなります。

使用されたマウスは、同じDNA背景のES細胞もある場合、高額な遺伝子調査はやる意味がありません。遺伝子解析では、どちらが先か?細胞の作られ方がわかる訳ではありません。科学者たちは、こうした事を知っています。

しかし、それでは、CDB上層部の責任追及になりません。だから、どうしても、小保方氏を捏造者にしないと、その管理責任者としてCDB上層部追及のストーリー作りに繋がらないのです。
スポンサーサイト



コメント

No title

学とみ子
ため息コメントです。

結構なため息氏の誤解があるみたいですが、何で?というところです。
学とみ子は、ES派は、小保方捏造を人質にとって、CDB上層部攻撃をしたとの構図を紹介しています。

>小保方氏を捏造者にしてCDB上層部の責任を回避しているのはけしからんということが言いたいようです。

学とみ子の言わんとするのは、以下です。

ES派は、小保方氏を捏造者として祀り上げておいて、攻撃の本丸であるCDB上層部責任追及を徹底させたといってるのです。

No title

学とみ子
plusさんは、ご自身が独自に思いついたとかの主張に重要性を置く方です。そうしたplusさんのオリジナル志向がよくでたコメントです。

>改革委と自己検証委が二つ並び立っていることから、理研内部で二つの勢力があったのではなかろうかというのは多分私が何年も前から言ってることですな。

二大勢力って、その二つなのですか?違うでしょう?

勢力と権力があれば、アイザー氏の指導力が発揮できたはずです。
アイザー氏の指導力を押さえつける権力と、アイザー方権力のぶつかりあいです。

結局、plusさんはSTAPの価値がわからない部分で首を突っ込んで、間違いコメントをする。

違いますか?
STAP細胞の新規性を理解しようとしない!

No title

あのね
ビジネス感覚でど素人が科学論を述べるなって感じで発言をとらえている。検証実験、再現実験は理研内部の二極化した組織同士の軋轢があって、再現実験はSTAP現象の生物学的意義がある理由から行われたもの。安上がりの発言は、彼女が実験をする非人権的な扱いの実験環境こそが議論、問題視されるべきであって、たとえば四方の壁の穴を塞いだり、24時間の監視カメラやモニター設置の多大な費用が含まれている。この方の言う「そこから新たなことが分かる可能性が高い」とは何を想像されるのか興味はある。ただし再現結果は全体評価は否定的だが、なぜグラフには肯定的痕跡を持たせたのか?その意味を理解しないといけないから知識のある擁護の方々がこれまで議論しているけど、あなたの理解できる範疇を越えている。だだし丹羽氏が教授でおられる理由を考えるヒントにはなる。そこまで説明しろとは言わないだろうね。

No title

あのね
それに言及するなら、遠藤氏のブログ告発はどうなんですかね。彼は理研の規約でもある内部告発のある基準に沿って理研側に意見してそれが受け入れなかったことを吐露していて、それでも自己のブログで政治的闘争を明確に示唆しながらコメントすることは背任行為だ。しかも提言書ではその規約を無視して、名指しはしないながらも「勇気ある行為とか、告発者に対して不利益にならいように配慮せよ」と提言書に書くことの裏側にその行為は背任行為に問われる!の同席弁護士の指摘がある予防的提言と読み取れる。これに噛みついて誰かが彼を刑事告発したなら、事態は少し変わっていただろう。

No title

あのね
>257. plus99%
2016年10月09日 23:31
全体的にはサラリーマン生活26年さんの意見に共感します。
ビジネスの世界の感覚では、成果物である論文に不正があることが判明しており、再現ができないと分かった時点で、理研がまだ「あるかなしか」に興味を持っていたということがすでに、税金で運営されている機関として背任にあたるような気がしますね。

>検証実験の科学的な意義というが、検証実験にかかったコストは小保方氏がそれまでに使った研究費より金額が大きかったのではありませんでしたか?興味がある別の人が研究する方が安上がりだったのではないかと思いますし、そこから新たなことが分かる可能性も高い気がします。
非公開コメント

トラックバック