MSN産経ニュースによると、相澤特別顧問は「検証は不正の有無や物を明確にするものではない。改委の提は全くの誤謬(ごびゅう)で従えない」と述べている。この方には一日も早く退場していただかないといけない。理研CDBを辞めた後で、ご自宅で自腹を切って丹羽先生と仲良くSTAP細胞の検証実験行っていただきたい。
 
2)竹市センター長は、早急に小保方さんの関与する実験の詳細を公表すべきだ。 
 
 竹市センター長は、毎日新聞の須田記者の取材に答えて、「STAP細胞があったかどうか、小保方さん自身の実験で見極めたい」(http://www.excite.co.jp/News/society_g/20140626/Mainichi_20140626k0000m040138000c.html)と、検証実験の目的は「STAP細胞が過去に作られていたかどうか」であることを言及していたので少し安心した。取材で説明されていた実験の条件(第三者(竹市センター長?)の立会い、ビデオでの監視、部屋の出入り管理、第三者による追試)以外に、改革委員会の「提言」で述べられていたように、「論文と同じプロトコール」での実験の遂行が必要だ。事前に実験手順を記載させてチェックし、その通り実験を行ってもらうべきだ。勿論、多少の「レシピ」の変更は許されるが、「具材」や「調理器具」の変更は無しだ。もう一点。Oct4-GFPを発現する細胞ができたら、すぐに第三者によって原料とした細胞とOct4-GFP発現細胞の遺伝子解析(TCRの再構成のみでなく、若山先生が行ったような遺伝子の解析)を行うべきだ。一部の研究者は、小保方さんの検証実験参加について疑いの目で見ているが、「捏造」であればこの遺伝子確認によって証拠が出る。もし彼女が、遠隔操作ウイルス事件の片山被告のような人間であれば、この段階で自らが墓穴を掘るだろう。そうなれば、世間からも小保方擁護者はいなくなる。
 
3)理研CDBは、設立から今日に至るまでの活動の総括を公表すべきだ。
 
 CDBを擁護する人たちは、「過去の高い実績を評価し、CDBを存続させるべきである」と主張する。それならば、過去の活動を総括し、今後の方向性についても提言すべきだ。総括においては、研究論文業績や、過去のチームディレクターの現在の所属先以外に、(a)センターおよび各研究室で使ってきた研究費(研究室に自動的に配分される研究費と競争的資金を分ける)の公表(これは、研究業績が潤沢な研究費に見合ったものなのかの検証に必要)。(b)グループディレクターやチームリーダーの下で研究してきた研究員の現在の所属先(関先生(関西学院大理)のような方もおられることは知っているが、他の研究員はどうなったのか?「一将功成りて万骨枯る」状態になっていないのか?)。(c)京大閥支配という批判に対する回答。「日本の科学を考える」において「匿名M」さんの記事に対する「匿名細胞生物学者」さんの指摘「「一握りの京大閥が指揮を執り、申し訳程度に外部から採用した優秀な人間は10年でサヨウナラ」http://scienceinjapan.org/topics/20140620b.html)に対してどう答えるのか?笹井グループディレクターの研究員だった人が、2014年からチームリーダーとなっているが、これは「笹井研究室分室」ではないか?研究業績は文句のつけようもなく素晴らしいことは事実だが、これはCDBが誇ってきた「若手育成」という看板が、「大ボス支配」のための道具に使われつつあることの証明ではないか?内部昇格はセンターのポリシーに反しないのか?(d)日本語名称には「再生」とあるが、「再生研究」を本当に推進する意思はあるのか?臨床につながる「再生」の研究を行っているのは、実質的にはiPS細胞を使った治療の高橋政代先生だけではないか。「基礎発生学」の分野において人材を輩出してきたことは誰しも認めるだろうが、幹細胞研究における人材の育成はどれだけ行われたのか?設立後14年以上経過しているので、初期に幹細胞研究分野の研究室で研究員であった人は、いろいろな大学で准教授となっているはずであり、そういう人が幹細胞研究のグループディレクターとして戻ってきていないのはなぜか?
 
4)(これは理研ではないが)改革委員会は「提言」を英語に翻訳して早く公表すべきだ。
 
 噂では、「CDB存続を求める嘆願が国内外から集っている」という。外国では「なぜ一人の研究員の不祥事でセンター自身が罰せられるのか」という疑問が出ていると、米国の幹細胞研究者のKnoepfler 博士のブログで述べられている(http://www.ipscell.com/2014/06/stap-cell-chatter-from-isscr-meeting/)。